一所不住



<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


天に墨十五夜の闇虫歌う

24日、「中秋の名月」は灰色に墨を刷いたような曇天で、前夜14番目の月で魅了してくれた美姿は隠れたままだった。
月明りの夜歩きという風情は次の望月までお預け。街灯のある住宅街を抜けた先に「木のトンネル」と呼んでいる森の中を通る道が続いており、ここにも街灯があるのだが消えたまま放置されていて夜の森の暗闇を堪能できる。無事に夜の森を通過できたら、海沿いの「周遊道路」に出る。

いきなり波の音が飛び込んできた。そして波の音と共鳴するかのように、ふだん禿頭爺の耳では聞き取れない虫の声が聞こえてきた。それに呼応して次から次へと虫が鳴き始め、周囲を虫の大合唱に包まれた。さまざまな種の鳴き声を特定することは叶わないが、街灯もなく月明りも届かない暗い中、海鳴りと虫の音の競演は思いがけない贈り物となった。月を愛でる代わりに、役立たずの耳へ御馳走でもてなしていただいた。夜は歩いてみるものだ。

連休中はキャンプのテントで賑わった大芝生も、ひっそりとして闇に沈んでいる。本来ならこの夜は月光を受けて広大な芝生が浮かび、その向こうには月の光を照り返す海が遠くまで見通せたはずだったが、目の前は闇が広がるばかりで、日常を取り戻した安堵感さえ漂う。これで満天の星さえあれば、いつもどおりだったんやけど。

何をしているわけでもないのに、せわしなく日が過ぎていく。ここへ記録しておこうと思っていたことも忘れてしまい、1週間の間に何があったのかさえ分からなくなっている。まあ、行き当たりばったりの備忘録のようなものではあるが、書く前に忘れてしまうようでは、わけない。

とりあえず昨日の出来事。プロ野球、広島東洋カープがリーグ3連覇を達成した。本拠地での優勝決定は27年ぶりだという。めでたし、めでたし。

今朝の気温は、室内で23.1度。急に秋がやってきた。雨が降って昼間も気温が上がらず寒い。冷え性の身には辛い日々を思うだけで、からだが竦む。


[PR]
by rurou-no | 2018-09-27 10:56

而(しこう)して壊れる連鎖人ありて

北海道の地震から1週間が経った。
目に入る山々が尾根筋にわずかな木々を残すだけで、その山肌を露わにしていた空撮の映像には目を疑った。例がないほどの大規模な土砂崩れは、火山灰や軽石で出来た地層によるものらしい。

山裾から一面緑色の田んぼが広がっている。並行して伸びる道路が土砂で寸断されている。山裾には集落が形成され人の営みがあった。「山津波」である。
新聞記事には東西15㌔、南北12㌔、崩壊した場所は100ヵ所以上と出ていた。
41人の方が亡くなり、今もなお1600人が避難生活を送っているという。

一時全道が停電し、液状化現象で道路や住宅が陥没した。断水は5市町村で続いているそうだ。巨大な発電所に依存する方式は、リスク管理上問題を抱えているのはわかっていたこと。政府の無策がこういう時に露わになる。
小規模発電を分散して立地するという簡単なことが出来ていない。さらに、再生可能エネルギーへシフトしていく当たり前のことも。

台風で冠水した関西空港は機能停止が長引き、さまざまなところに影響を及ぼしている。これも、海上埋め立て計画の時点から指摘されていたではないか。
人間の作り出したものなんて、脆弱なものに過ぎないと思い知るべきだ。と、かくいう禿頭爺は、何もできんあかんたれやけど。

ダニの痒みは、だんだん収まりつつある。庭でやられたと思っていたが、ツメダニは室内に生息する種だから、たぶん何年もゴミ置き場と化していた実家の車庫を掃除したとき、食いつかれたのかもしれない。えらい目に遭った。

気分を変えて明るい話題を。8日(日本時間9日)、テニスの全米オープン女子シングルス、大坂なおみ選手が決勝でセリーナ・ウィリアムズを下して初優勝した。弱冠20歳の快挙である。
11日、森保監督の初陣となったサッカー日本代表はコスタリカ代表と対戦し、3対0で勝利した。若手メンバー中心で挑んで、面白いサッカーを見せてくれた。

[PR]
by rurou-no | 2018-09-13 10:32

穢土騒ぐ台風地震ダニ痒し

4日にやって来た台風21号は、その威力で破壊の限りを尽くして通り過ぎて行った。
記憶する中で最強の台風だった。もちろん、情報が瞬時に伝わる今の時代と、情報を受け取る手段の少なかった時代と比べようもないものの、とにかく凄まじかった。

台風馴れした能天気な禿頭爺は、雨戸をすべて閉めてじっとしてればええ、とのんびり構えていたが、どんどん強くなっていく雨と風の音に、ボロ屋は耐えられるやろかと不安が頭をもたげ始め、さすがに緊張感が増していく。

こんな日にも仕事へ出かけた連れ合いから帰れそうにないとの電話を受け、一人で昼ごはんを食べ、洗い物を済ませて、さて台風はどこらへんにいてるのやろかとパソコンを立ち上げた途端、停電になった。真っ暗の中で、午前中は台風情報を確認していなかったことに初めて気がついた。暗いままだと気が滅入ってしまう。雨戸の隙間から外を覗くと、猛烈な雨風が襲ってきた。

夕方、通行止めとなっていた島へ渡る橋が通れるようになったので、一人暮らしの母親の様子を見に行ったところ、島もずっと停電したまま。
夜になってやっと明かりが点き、テレビのニュースでは、すごいことになっていた。

トラックが横倒しになり、乗用車が風に飛ばされている。泉南市では道路際の電柱が軒並み倒れていた。屋根や看板は吹き飛び、工事用の足場は倒れる。関空は滑走路が冠水し、連絡橋にタンカーが流されて衝突していた。街路樹が倒れ、浸水被害が相次ぎ、火災も発生している。

そんなこんなで台風の深刻な被害に心を痛めていたら、今朝未明3時8分、北海道胆振地方で震度7の地震があったそうだ。
この国の政治が壊れていくのを見せつけられる昨今であるが、国土も壊れていくのやなと思わされる出来事が続く。南海地震・東南海地震も近いのやろか。

表題の「ダニ痒し」は、昨日一日、台風で荒らされた後片付けを岬と島の両方で精を出した。どこで噛まれたのか、働き者の両腕をダニに襲われた。症状はツメダニのようだが、前にマダニにやられたところで、片付けのついでに植木の剪定や草取り作業をしていたときが怪しいとにらんでいる。
噛まれた痕が両腕全体に広がって、痒くてたまらん。
ともあれ、「虫も好かん奴」やのうてよかったと、痒みを我慢。

[PR]
by rurou-no | 2018-09-06 10:43


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧