一所不住



<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


雉(きじ)鳴きて番(つが)い恋しや野遊びや

少し前、連れ合いが禿頭爺の実家の庭先で雉を見たこと、鳴声が「コッコッコー」だったことを話してくれたが、2日前に実家へ向かう途中の道路際、草むらで虫を啄んでいる雉を見かけたのが表題となった。
車を運転中だったのでチラッと見ただけだったけど、赤い顔と美しい緑色の羽が鮮やかで、紛れもなく子どものころから馴染んでいる鳥の姿だった。

昨日は「春三番」ともいえる大嵐に翻弄された。もちろん傘などさせようもなく、母屋と離れの行き来さえままならず、雨に濡れるのは避けられない。
部屋から見える木々のしなり具合は今までにない激しい揺れで、風という怪物が森の中で暴れているみたいだ。外に出たら何度か体が飛ばされそうになった。

気になったのは北見市の天気、オリンピックで銅メダルを獲得したLS北見のパレードがあったからだ。吹雪だったりしたら気の毒やなぁと心配してたが、確かめてみたら快晴(氷点下の気温は想定内)で何よりだった。
北見市に住む友人も出かけたらしく、ブログに「いや~!生カー娘を見られていかったいかった」と7枚の写真入りで記事をアップしていた。商店街に1万2千人も集まり、熱気がすごくてあまり寒さを感じなかったそうだ。

前回取りあげた公文書改ざん問題は、デンデンとミゾーユーの2人は事の重大さが理解できないらしく、まだ言い逃れをしている。責任者として即刻辞任に値することやで。こんなんが権力者で大きな顔をしている国とは、いったいなんなんや。

一方で戦前回帰が現場で始まっていると明らかになったのが、一自民党議員が文科省に指示して中学校の授業内容の検閲をしていた問題だ。特高のつもりか。
そもそもこの党は民主主義を敵視し、個人の自由を制限して国家へ奉仕させようと目論んでいる。子どもたちの頭の中まで統制しようとする企みが教育への圧力である。
どう考えても、独裁政権が続くことになった中国やロシア、或いは何かと話題の北朝鮮の体制を真似しようとしてるとしか思えない。

こんな党を支持する国民がいるのも、なんだか自虐的だというか、理解の外だ。
国会の質疑応答でも、この党の議員の質の低さは目に余る。誰が選んだのや、と問いたいくらい物事を知らなさすぎる頭の悪いのばかりである。
それゆえか官僚どもも壊れてきていて、間違ったデータを平気で出したりする。
件の公文書の改竄なんて以ての外だ。

やれやれ、またぼやきが始まってしまった。せめて明るいニュースで締めたい。
サッカー女子代表にシアトル・レインの川澄奈穂美選手が復帰した。
彼女の驚異的な運動量は若手の手本となり、「精神的支柱」にもなるだろう。

by rurou-no | 2018-03-22 11:34

末期的この期に及び悪あがき

昨年の2月下旬から始まった「森友学園問題」は、1年以上も国民を欺き、とうとう公文書の改ざんが白日の下に晒される事態となった。
真相は当初から自明のことで、嘘に嘘を重ね、犯罪行為である国会での偽証を繰り返し、いたずらに時間だけを浪費した。

禿頭爺の見立てでは、昨年中に内閣は崩壊していたはずだが、国会で追及すべき野党の不甲斐なさと、権力犯罪に立ち向かうべき検察の弱腰が傲慢内閣をのさばらせ、選挙で与党に投票した国民も、米国や大企業の顔色ばかりうかがって国民を苦しめる政権の延命に一役買った。

この「公文書の改ざん」は、贈収賄による汚職事件などよりずっと罪深いものである。知る権利が奪われて、社会の根幹を成す民主主義が成り立たなくなってしまう。
どのような手続きを経て物事が決められたのか、国の行く末を左右したのか、常に検証できるようにするため、公的な記録を残す必要がある。

それが勝手に都合よく書き換えられていたら、行政が信用できなくなる。「モリがそうならカケもそうやろ」とは誰しも思う。多分、間違いない。今回明るみにでた文書も、核心の部分は隠されたままであることも。
そして、多くの公文書が闇に葬られるだろうことが想定される。

デンデン大臣は、言葉を蔑ろにしたり侮ったりするのは、折り紙付きである。我田引水の解釈をする、まったく逆の意味で使う、平気で嘘を言う、を得意とする。
薄っぺらな人間だとバレてるのにも気付かず、偉そうに体面を保とうとするミゾーユー大臣といいコンビだ。2人とも末期症状が表れている。
書いていて腹が立ってきたからこれまで。

訃報(15日付朝日)=〔「車いすの物理学者」として知られる英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士が14日、死去した。76歳だった。宇宙の始まりなどについて先進的な理論を示し、現代宇宙論に大きな影響を与えた。(略)1942年生まれ。英オックスフォード大とケンブリッジ大大学院で物理学や宇宙論を専攻した。21歳で、体の筋肉が動きにくくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断され、以降は車いすの生活を余儀なくされた。20代で発表した「特異点定理」は、宇宙の始まりには一般相対論が破綻する点があると指摘し、宇宙の成り立ちを理解するには相対論と量子論を融合させる必要があることを示した。〕

by rurou-no | 2018-03-15 10:11

目覚ましの代わりやくさめ続けさま

先週に引き続き、春の嵐がやってきた。昨日、今日と凄まじい荒れ様である。「春二番」とでも言うのか。今週の風は冷え冷えとして、体調が頗る悪い。
例によって強い風は大量の花粉を運んでくる。
風が吹けば「桶屋」ならぬ「紙屋」が儲かることになっている。鼻をかむティッシュペーパーが、見る間にごみ箱を占領するという按配である。

前にも書いたが、禿頭爺は昔から目覚まし時計を使う習慣はなく、連れ合いは携帯電話の目覚ましをマナーモードで使っている。早起き爺は設定時間より早く目覚めることが多く、(マナーモードの音は聞こえないけど)携帯が光るのを見て時間を知る。
今朝は5時すぎに目覚めて目覚ましを待っている間に、大きなくしゃみが5回連続で出た。それが、今回の表題。

どういうわけか、くしゃみは1回で済むことはまれで、続けて4~5回出る。時には6回以上続くことがあり、呼吸困難でゼェゼェとなる。
花粉症との付き合いも長く、くしゃみの連発は年中だから、ほかにもアレルギーがあるようだ。これが自分だと受け入れて、おもいきりくさめくさめとくしゃみする。

5日付朝日歌壇に、《きさらぎの十日夕刊一面で和服に笑ふ石牟礼道子》(東京都・荒井整)があった。夕刊のない当地で11日付新聞一面に載った写真であろう。
訃報記事を引用=〔水俣病患者の苦しみに寄り添って家族らの闘いを支援し、小説「苦海浄土」などで被害の実態を広く詳細に伝え続けた作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが、10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳だった。〕

〔水俣病の被害に接し、68年「水俣病対策市民会議」の設立に加わる。「(患者さんの)体験を忘れちゃならん」「患者さんの一生懸命語る言葉を耳に入れておかないといけない」と執筆を決意。患者らがチッソに損害賠償を求め、熊本地裁に訴えた69年、「苦海浄土 わが水俣病」を出版。(略)「苦海浄土」第3部「天の魚」や「椿の海の記」「流民の都」でも、食を中心に庶民の暮らしぶりをこまやかに描くことで、近代化によって真に豊かな世界が奪われてゆくことへの警鐘を鳴らし続けた。〕

by rurou-no | 2018-03-08 10:18

道行けばZACOが手招き通い詰め

春一番が大暴れしている。昨夜降り出した雨は上がったものの、大型台風並みの強風が尋常じゃなく吹いているので、雨戸を開けられない。
陋屋のわが家は一晩中風に揺すられ、いつ吹き飛ばされるかと心配で、まんじりともせず朝を迎えた。明るくなって、まだ家の形を保っているのを見て安心した。

1月、2月と列島は、大雪、豪雪に襲われ、道路で立ち往生する車や孤立する集落のニュースが続いた。列島の西南、太平洋側を除く、ほとんどの地域で大量の雪が積もり、日常生活に支障をきたす事態となった。
本州最南端は雪こそなけれど、例年になく寒い冬に身が震えっぱなしだった。

そして3月、突然春がやってきた。今日は高校の卒業式のはずだが、電車が止まっているみたいで毎朝出会う高校生の姿が見えない。晴れの門出の日に、どうなるんやろ。

表題は、昨日の新聞の読者投稿欄「ひととき」にあった記事から思いついた。
勝手に引用=<京都大学の近くの百万遍にあった喫茶店「ZACO」が1月に閉店した。こんな日がいつか来るとは思っていたが、現実になると本当にさみしい。店は、1975年ごろにマスターとママのご夫婦が始めた。ブルースなどの音楽を聴くことができ、万城目学さんの小説「鴨川ホルモー」にも登場する。(中略)時の流れは、優しくも、時に残酷で、当たり前にあったものが突然なくなってしまう。年を重ねるとは、そんなことの繰り返しなのだが、やはりうろたえる。お世話になったマスターとママにお礼が言いたくて今月上旬、電話をかけた。変わらぬ優しい声をきくと、涙があふれた。「今までありがとう」と言うだけで精いっぱいだった。>

八尾市のかすみさん同様、ある時期毎日のように通い詰めた一人がここにもいる。
再訪してお礼を言うこともできない薄情な奴で申し訳ない。
これまで出会い、お世話になった人たちのおかげで、自分という人間が形成できたのに、何のお返しもできないで不義理をしているのが心苦しい。この程度の器の小さい人間にしかなれなかった。

by rurou-no | 2018-03-01 10:08

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧