一所不住



<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


食うものにからだとこころ整われ

先週水曜日から今週月曜日にかけて「最強の寒波」がやってきて、列島は大混乱だった。とりわけ、記録的な大雪に右往左往させられたところが多かったようだ。
本州最南端では雪こそ降らないまでも、冷え込みの厳しさは寒さに慣れない体を竦ませる。ここにきて春の陽気に、やっと体がほどけてきたところである。
来週は「強烈な寒波」だという。う~ん、困ったもんやで。

16日、たまたまこの週末に読んだ、門井慶喜『銀河鉄道の父』が直木賞を受賞した。
宮沢賢治の父、政次郎の視点から賢治を描いた小説で、読み始めてすぐ「おっ、これは面白い」と思わせられる、韻律のある文章に取り込まれてしまった。
この感覚は、中島京子『イトウの恋』を思い出した。まったく関連はないけど。

賢治に振り回されながら、親として子を捨置けない政次郎。本になった賢治の詩を、夜っぴて何度も何度も繰り返し読む政次郎。あらためて、詩はこんな風に読むものなんや、と政次郎の思いの深さに感じ入った。

次に読んだのは、秋山龍三『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』という長いタイトルの本。身を縮めて炬燵に潜り込んでいたとき、たまたま手近にあった本を開いたら、最後まで読んでしまった。自然食養学を提唱する著者の、体験に基づく自然食への誘い。サブタイトルは『ふるさと村のからだを整える「食養術」』。

禿頭爺も若いころ、自然食の勉強をして少しだけ実践もしてみたことがあったので、どれもこれも納得の内容だ。献立は食指をそそるものばかりで、結局は原体験としてある田舎の食生活に近いおかずが並び、その美味しさを知っているからやろな。
あの頃(昭和30年代)は玄米は食べてなかったが、副菜は手作りが当たり前でほとんど自給自足だったし、豊富に獲れた魚だけは(今考えると)超豪華な食卓だった。
本の中にあった「今食べるものが、20年後の体をつくる」から、今回の表題とした。

昨日17日は、23年目の1.17だった。毎日玄米を炊いていた圧力鍋があの地震で潰れてしまい、それから自然食実践の真似事もおざなりになってしまった。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-18 10:00

瓶の中海原ありて船の行く

日曜日の昼下がり、望楼の芝の近くにある夕日スポットを通りかかったら、一人の女性が海の方へスマホのカメラを向けていた。夕日までにはまだ少し時間があるのに、と思ってカメラの先を見ると、柵の杭の上にペットボトルが置いてあった。
あぁそうか、と頭の中でユーミンの『海を見ていた午後』の曲が流れる。♪ソーダ水の中を貨物船がとおる~♪ あれやな、と腑に落ちた。

その時のことを思い出して表題ができた。ペットボトル越しに見える海は貨物船の航路に当たっているみたいで、頻繁に大型船が行き交っている。かの女性はユーミンの歌の再現を試みたのかどうか、勝手に想像を膨らませるのは歩く者の自由である。

一緒に歩いていた連れ合いは貨物船の方を見ていたらしく、「船員さんらは正月も船の上やったんかな」ともらした。「そやろな」と応えた禿頭爺の頭の中は、ユーミンから昔見た映画『ポセイドン・アドベンチャー』に切り替わる。

豪華客船ポセイドン号が大晦日の夜、年越しのカウントダウン、新年となって『オールド・ラング・サイン』(『蛍の光』の原曲)の大合唱で祝っている最中、海底大地震による津波で船が転覆する。
映画のシーンが甦った。この映画のことは前にもこの欄で書いたから、ここまで。

貨物船にもどる。航海中の年越しは盛大に祝うのやろか、近ごろは日本籍の船でも外国人の船員が多いと聞くし、外国籍の船は猶更で、そうなると新年よりもクリスマスの方が盛り上がるのやろか、などとあれこれ考えながら歩く。
歩いているときは頭も活発になるので、余計な事ばかり考える癖がついてしまった。

この一週間は本棚にある本を3冊続けて読んだ。野崎六助『幻視するバリケード』、北方謙三『あれは幻の旗だったのか』、若一光司『漂う光に』。特に意識したわけでもないのに偶然3冊とも1984年刊だった。
「探している」初夢のあとも、芝居をしてる夢とか、古い劇場を歩き回っている夢を見た。あの時代は若さに任せて何事も夢中やった。かけがえのない時間やったんやろな。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-11 10:53

新年に古き二人も背筋伸び

また、新しい年が始まった。まだ生きている。
いただき物の出雲蕎麦で年越しをし、いただき物の美味しい御節で正月を迎えた。
頂き物ばかりやないか、と言うなかれ、わが家はお金は素通りして姿も見せないが、どういうわけか食べ物は集ってくる。おかげで、飢えることなく元気に暮らしている。

世間並みといえるかどうか、曲がりなりにも無事に正月を過ごした。と、言っても表題とは裏腹に、背中を丸めて炬燵に足を突っ込んでいた時間が長かったように思う。

三が日の禿頭爺は、駅伝中継のテレビ三昧だった。元日の実業団、2日、3日は箱根。
どちらも民放だから、やたらとCMが入って集中できない。こちらも負けじと中継中に初歩きをしたり、実家へ顔を出したりと、おざなりな視聴で対抗しつつも、実際はかなり真剣に見ていたかもしれない。

結果は、実業団は旭化成が2連覇、箱根は往路東洋大、復路青学大、総合で青学大4連覇となった。駅伝の面白さは、個人種目の陸上競技に団体戦を仕掛けたところだ。それぞれ100㎞を7人で、213.1㎞を2日かけて10人で襷をつないでいく。選手の適性や状態の良し悪しはもちろんのこと、走り出してからのアクシデントなどもあり、襷が次の選手へ渡るまで安心できない。だからつい感情移入して、どの選手も応援したくなる。

元旦恒例の天皇杯サッカー決勝は、延長戦の末、セレッソ大阪が2対1で横浜Fマリノスに勝った。セレッソの水沼選手の活躍が目を引いたが、彼の父親を知る世代としては、時間の流れをしみじみと感じた。

年頭に当たり、山積する社会の難題を深く考えることもなく、漠然とこれから生活どないしょと思うだけで、ぼんやりとスポーツ中継を眺める、呆けた老人がここにいる。
年々世間との接点が遠くなっていくのを実感しながらも、自らそれを求めている一面も否定しない。初夢は元日、2日とも「探している」夢だった。
そろそろ褌を締め直して、気合いを入れなけりゃならんのやけどなぁ。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-04 10:08


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧