人気ブログランキング |

一所不住



<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


塵手水(ちりちょうず)蹲踞(そんきょ)四股(しこ)踏み相撲の美

よっぽど電脳空間に嫌われてるんやな。
今日も、あかん。
by rurou-no | 2017-06-29 09:28

自販機の光ならべて鄙の道

昨日も、今日も、何回やっても本文が途中で消えて投稿ができない。
どないなってんねん!

by rurou-no | 2017-06-22 09:15

喉元を過ぎても熱さ忘れまじ

この時代に最低最悪の政権が、この国に存在していたことは絶対に忘れないし、また忘れてはならない。
議員の質の劣化は目を覆うばかりで、立法府の体を成していないやないか。
三権分立も知らない連中が、憲法をいじろうとする。憲法を守らなあかん立場やのに、ないがしろにしている奴らに憲法を語る資格はあらへんで。

最高権力者は、なんでもかんでもアメ様に忠犬アヘ公として仕えることしか頭になく、国民を平気で人質に差し出す。
特定秘密保護法しかり、集団的自衛権を含む安保法制しかり、そして共謀罪、どれも御主人様からの指図を忠実に実行してきた。

秘密保護法では権力者の秘密は守られたが、一市民の秘密は守られない。
集団的自衛権でこの国も戦争当事国の仲間入りだ。自衛隊員の命が脅かされるようになった。外国で活動するNGOもしかり。命の危険が増した。
どの法案も説明責任を放棄して強行採決した。おぞましき共謀罪もそうなるのかぁ?

こうしている間にも、辺野古の海の工事は進んでいるし、原発は再稼働している。
沖縄の人たちへの仕打ちは忘れてなるものぞ。福島の人たちへの仕打ちも忘れない。

人間として最低のことを臆面もなくやってのける一団(共謀罪に該当)がいる。
嘘をつく。嘘がバレても認めない。言い逃れやごまかしに終始する。仲間を裏切る。仲間を悪しざまに罵る。聞かれたことに応えない。決まり事を守らない。等々。
これらは、もりそばを食べる時に書き出していたが、かけそばも似たようなもん。

ボキャ貧首相(少し前までは「レッテル貼り」、近ごろは「印象操作」、おまけに意味を間違えて使こうてる)と、そのオトモダチの典型的な類型だ。
学校で子どもたちへ、こんな人間になってはいけません、と教える好例としてわかりやすいのではないか。

6月中旬やというのに寒くて体調が悪い。使用期限も残り少ない脳みそゆえ、あまり働かなくて、戯れ文といえどもうまくまとめられへん。

by rurou-no | 2017-06-14 14:17

くくるのは木で鼻やなく腹ちゃうの

最大の関心事は、出世と退職後の天下り先やからしゃーないっちゃしゃーないけど、あんまりやないかい。矜持はどこいったんや。
頭の悪い権力者でも、黙って仕えるのが官僚の仕事やとはいえ、その権力者がしでかした後始末に汲々と振り回されてるだけでええのんか?

なんぼテメエの身を守るためとはいえ、木で鼻をくくったような態度はいかがなものか。元上司が腹をくくって話してるのを、どんな思いで見てたんやろ。
やっぱり辞めるまでほんとのことは言えないてか?
他人の悪事を隠す行為に、「他人の悪事」ゆえ良心の呵責は感じないのやろな。
公文書を隠したり消したり、犯罪に加担している自覚はありやなしや。

今やモリとカケのソバ問題となった二つの便宜供与は、この場で触れた3月の時点で、両方とも犯罪要件を満たしているのは明らかだった。あれから3ヶ月以上過ぎたのに、まだ愚図愚図やっているのはどういうこっちゃ。
オトモダチのために便宜を図った上、億単位の税金を融通してあげてるんやで。

隣の韓国は現職の大統領が訴追されたのに、日本の検察の弱腰はどないやねん。
国会でのやりとりなんてアホらして見てられない。モリとカケだけにザル芝居かい!とツッコミを入れようと思ったら、それは「サル芝居」やと思い直し、どうでもええけどサルが怒り出すほど猿芝居以下の破廉恥さである。世も末や。

破廉恥といえば、破廉恥極まりない「共謀罪」法案は、なんとしても廃案にせなあかん。なんかええ手はないやろか。
先月下旬に読んだ、伊坂幸太郎の『火星に住むつもりかい?』は、この法案と重なる部分が多く、読み物としては面白くても、連動している現実に背筋が凍る。

監視社会、密告、「平和警察」の横暴、拷問、「危険な人間が危険人物となるわけではなくて、危険人物と指された人間が、危険人物になるだけだ」。
「一般市民」と「犯罪者」の違いは、「犯罪者」と名指しするだけで事足りる。
改めて考えるに、自民一党独裁のわが国は、中国やロシアと同じなんや。

by rurou-no | 2017-06-07 10:33

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧