人気ブログランキング |

一所不住



<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


目障りを一掃せよと監視法

25日、政府は米軍新基地建設のため、辺野古埋め立て工事を始めた。
この豊かな海を埋め立ててしまうと、取り返しのつかないことになる。さまざまな生き物の生命を育む海の生態系を破壊することは、周辺海域への悪影響は言うまでもなく、私たちの暮らしを含むすべての自然環境を壊す亀裂となるものである。

さらに軍事基地は、基地周辺の人々の生活を脅かす。「緊迫する北朝鮮情勢」でわかったと思うが、北朝鮮のミサイルは日本にある米軍基地を狙っているのだ。つまり基地があることで、常に危険と隣り合わせの日常を余儀なくされる。これまでより規模の大きい新基地となれば、なおさらだろう。

もっとも、首相がのんびり外遊へ出かけるくらいだから、今回の「緊迫」の度合いはその程度なのか。穿った見方をすれば、日、米、中、朝、それぞれ内政の失敗を誤魔化すために思惑が一致した「緊迫」と取れなくもない。日本に限っても、首相がピンチになると北朝鮮がミサイルを打つ、という阿吽の偶然が何度もあった。

いずれにせよアメリカの言いなりに、土地を提供し海を埋め立て基地を作ってあげる、この国の首相の情けなさはなんだ。普天間飛行場はとっくに返還されていなければならないはずで、「移設」と「負担軽減」は後付けの方便に過ぎない。

昨日、「(震災は)東北で良かった」と言った復興相が辞任した。
「政権の驕り」といわれるが、そうではない。これが政権の本質である。
ことが沖縄になると、それ以上の酷い仕打ちを繰り返して平気でいるではないか。その悪辣非道ぶりは、とても許せるものではない。

表題は、いくらでも拡大解釈が可能な「共謀罪」について。こんな法案が通るとメディアの死にもつながりかねないのに、マスコミの反応が小さいのはどういうことか。
ジョージ・オーウェルの『1984年』の監視社会が、現実になろうとしている。
情報は操作され、人びとは疑心暗鬼となり、心の中まで支配される。

人間がその特性である「考える」をしなくなり、何事にも鈍感になっていく。その先にあるのは、なんやろ?

by rurou-no | 2017-04-27 11:00

二枚舌追及されて三枚目

一週間前はこの電脳空間にすっかり嫌われて、表題だけしか受け入れてもらえなかった。まあ、表題のしりとりはつながったからよしとしよう。今日は大丈夫やろか?
先週に続き今週も「春の嵐」がやってきて、空に満月が浮かび、此度は星が煌めいた。

「共謀罪」法案が衆議院で実質審議入りした。この法案は、思想信条など個人の内面を監視するための法であるのは言うまでもない。勿論、自由な文化・芸術活動は制限されることになる。近隣国にわかりやすい例があるやないか。あんな風になるで。

ここで一つの法則について。首相が答弁で同じ言葉を繰り返すと、結果は逆になる(例:丁寧な説明=一切説明しないで強行採決)。それを当てはめると、「一般市民が対象とならない」=一般市民を対象とした法案、ということになる。あぶない、あぶない、騙されたらあかん。「テロ対策」や「オリンピック」は詭弁に過ぎないのだ。

それにしても、内容も解らず官僚の作文を読むだけの法相の答弁は目に余る。こんな重要な法案をあんなんで決められてはたまらん。審議になってないやないか。説明もできない法案を提出するのは、そもそも間違いである。

少し前になるが、内閣は「憲法や教育基本法等に反しないような形で(教育勅語を)教材として用いることまでは否定されることではない」という答弁書を閣議決定した。「勅語」そのものが主権在民を否定した、現憲法に反したものであると、この無知な連中に教えてあげる者はいないのか。

6日付新聞の「声」欄に掲載された、埼玉県の中学1年生に感心した。その一部を紹介したい。【道徳は、人によって感じ方が違うから「道徳」なのだと思います。(中略)道徳とは、色々な視点から物事を考えるという「答えの無い」ものであるからこそ、必要なのだと思います。少なからず答えのある「道徳」は、子どもには必要ないのではないでしょうか。】そのとおり。

中学生の方が、ちゃんと考えている。1人の大人として恥ずかしくないのやろか。
沖縄の人へ侮蔑的に罵詈雑言を浴びせる沖縄北方相、事故の責任を棚上げにして避難者を「自己責任」と決めつける冷酷な復興相、その仕事の何たるかも知らず「がんは学芸員」と言い放つ地方創生相など、現内閣の性格が表れている。頭の中は空っぽやのに勉強する気さえない。幼稚な振舞いで権力を振りかざすだけ。ほんま、困ったガキばかりや。

by rurou-no | 2017-04-20 10:53

風騒ぎ後は望月あでやかに

なんやねん! 朝からと昼からの2回投稿したが、2回とも消えてしまった。
疲れたので今日はもうやめや。

by rurou-no | 2017-04-13 13:41

林道に花粉飛び交い散る桜花

しつこいようだが、「共謀罪」法案について。
首相は国会で「一般市民が対象となることはありえない」と言った尻から、「犯罪者集団に一変した段階で一般人であるわけがない」と答弁している。つまり、「一般市民をいつでも犯罪者集団として逮捕できる」と言っているのと同じだ。

無実の市民が、ある日突然、犯罪者に仕立てあげられるのである。
権力を批判すれば犯罪者として認定される。根拠はいいかげんで、捕まえてから要件を創作する、というのは歴史的に繰り返されてきたこと。すべて権力側の意のままだ。

市民同士が監視し合い密告が常態化する、どこかの国と一緒や。
そんな窮屈な社会を求めている人が多いとは思えないけど、どないなってんねん。

さらにしつこく、「教育勅語」について。
そもそも、「勅語」そのものが憲法違反のシロモノ。せやのに「いい事も書いてある」など、恥ずかし気もなく口にするなんてありえない。単細胞のバカや。

「いい事」の12の徳目とは「孝行」「友愛」「夫婦の和」「朋友の信」「謙遜」「博愛」「修学習業」「知能啓発」「徳器成就」「公益世務」「遵法」「義勇」と、通俗的なことがらに過ぎない。

ところで「勅語」は、(神話である)皇国史観にはじまり、徳目を並べ、天皇のために命を捧げよ、天皇制の発展に尽くせ、先祖が残した教訓を守れと結んでいる。

要は、上から言われんでもわかっているような道徳的なあれこれに合わせて、天皇のために命を差し出せ、ということだ。それで戦争をした。
戦時中、この「勅語」がどういう扱いを受けていたのか、アホみたいやで。

今回は表題と内容がつながらない。まあ、表題は前回からのしりとりで十七文字という決め事があり、内容はパソコンを開けて思いつくまま書いているものだから、必ずしも一致しなくてええ、と自分に寛容なせいでこうなった。

by rurou-no | 2017-04-06 10:17

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧