一所不住



<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


斟酌と忖度と空気を読む

「しんしゃく」と「そんたく」は語感が似ていて、意味も似たところがあると思うので、改めて新明解さんに登場してもらった。 【斟酌】①先方の事情を考慮に入れ・る〔て穏便に取りはからう〕こと。(以下略) 【忖度】「他人の気持ちをおしはかる」意の漢語的表現。 【空気を読む】昭和49年11月発行の新明解国語辞典第二版にはこの語はない。

わざわざややこしぃ漢字を並べたのも、先月下旬「空気を読んでいては、空気は変わらないんです」と話す大澤芙実さんの姿に胸を打たれたからだ。いつの頃からか、この「空気を読む」という同調圧力を含む嫌な言い方が流行語になっていて、穏やかならぬ心持になっていた。
そんな鬱屈を大学2年生の彼女が的確な言葉で晴らしてくれた。

大澤さんの発言は、10月25日法政大学で開かれたシンポジウムでのこと。ネットの動画を見て恥ずかしながら感極まってしまった。彼女の一言一言が老爺の心に響いてきたのだ。
一部抜書きすることを許していただきたい。「草案では、国家権力を縛るための憲法が私たちを縛ろうとしていますが、中身のない言葉ではもう私たちを動かすことはできません。それは、この夏、心を持つ私たちが決して無力なんかじゃないことを知ったからです」

「当たり前に順応するのではなく、何を当たり前にしたいのか、常に思考し行動し続けること。どうやらそれだけが未来を連れてきてくれるようです。空気を読んでいては空気は変わらないんです。そのことを、デモをするたび、街宣をするたび、一緒に声を上げる名前も知らない人が、その勇気でもって教えてくれました。武器を持ち、人を殺すことが普通の国だというのなら、私はその普通を変えたいんです」

「こんなにも人のぬくもりを感じた夏はなかった。こんなにも自分が生きていることをかみしめた夏はなかった」
「私の言葉を理想論だとか、綺麗ごとやと笑う人がいるかもしれません。でも希望も語れなくなったら本当の終わりです。だから、私は明日からも路上に立ちながら、大いに理想を語ります。夢を語ります。それは、そうやって社会を作っていくのが、これからを生きるすべての人に対する私の使命やと思っているからです」

約11分、時々手元のスマホのメモを見ながら静かに、そして力強く発する言葉は、年寄りのからだの奥底まで染み入った。
by rurou-no | 2015-11-26 13:50 | 言葉・本

苛政は虎よりも猛し

「苛政は虎よりも猛し」とは、ひどい政治は人を食い殺す虎よりも恐ろしいことのたとえ。
この国の政治について、ますます強く感じるようになった。特に沖縄の人たちへ対する卑劣で横暴な振る舞いは目に余る。これが権力者たる者のあり方か。許されざることである。

13日金曜日の夜、パリで「イスラム国」のメンバーとみられる同時多発テロ事件が発生した。
劇場、カフェ、サッカー場など週末を楽しむ一般市民を狙ったもので、129人の死者と多数の重軽傷者が被害にあった。この11.13は新たな段階へ踏み出した歴史の日として刻まれるのか。
これも忠犬アヘ公と並ぶ「苛政」の象徴、「サル脳」ブッシュが仕掛けた「テロとの戦い」が尾を引いての結果である。「正義」を振りかざし、世界の各地で罪もない一般市民を殺戮してきた事実から目を背けてはならない。

フランスのオランド大統領は「戦争」宣言して、シリアの「イスラム国」支配地域を攻撃した。
そもそもフランスを含む連合国がシリアで空爆を繰り返し、多数の市民が犠牲になっていた。
そしてフランスが標的にされ、また仕返しをする。憎しみの連鎖は止まらない。
結局、権力者は安全な場所にいて命令を下し、互いに丸腰の市民を殺し合う。こんな理不尽なことがあっていいはずがない。

そんな最中、パリ市立劇場が来日してウジェーヌ・イヨネスコの 『犀』 を上演するそうだ。
ファシズムをモチーフとして「恐怖が伝染し、排他的になる集団心理」と「人間の愚かさ」が主題。
芸術監督のエマニュエル・ドゥマルシー・モタはインタビューで「他者を押しつぶすのではなく、他者に心を開き、関係性を築くことで自身の個性を開花させる。これが本当に豊かなことなのだとイヨネスコは訴える。調和しながら生きることを、私たちは今こそイヨネスコから学ばなければ」「現代では誰しもが、自身の国や社会の価値観に閉じこもりがちになる。芸術は唯一、対立する価値観を共存させ、真の自由を探すことのできる手段」と話している。(朝日)

15日、邦楽の演奏会へ行ってきた。出演は澤村祐司(三弦)、日吉章吾(箏)、田嶋謙一(尺八)の若手3人。演目は『尾上の松』『鶴の巣籠』『虚空』『みだれ』『八重衣』と耳に馴染んだ曲が並んだ。それぞれの技量もさることながら、小さな会場だったおかげで至近距離にて生音の素晴らしさを堪能し、古典の真髄に触れることができた。とりわけ尺八の自在な音色に感服した。
by rurou-no | 2015-11-19 14:57

裸眼よ、お前もか

朝起きると布団の上でストレッチ、布団を押入れに片付けて着替えたあと外へ新聞を取りに行く、コップ一杯の水を飲んで新聞を開く、十年一日のごとく変わらぬ1日の始まりである。
そこにもう一つ、新聞を読み始めてまもなく老眼鏡をかける、が加わった。

テレビは母屋で風呂上りに約1時間だけ(それも音声が聞き取れないから画面を見てるだけ。他に相撲中継やサッカーの国際試合、今年はラグビーW杯とプロ野球日本シリーズも見た)だし、パソコンのディスプレイの長文文字は読めないため、世の中の動きを知るのはもっぱら新聞が唯一の手段、といっても差し支えない(パソコンの文字が読めないくせにブログは書けるのか、との突っ込みもあろうかと思うが、これは手が文字列を作り出す作業だからできる)。
朝は元新聞少年朝刊太郎新聞愛の時間なのだ。

それが、近ごろは眼鏡の力を借りないと活字が読めなくなってきている。
子どものころから片方の耳が聞こえないというハンディがあった一方で、視力はずっと2.0を維持していた。これは不肖の耳を目で補うためにそうなっている、だから目が衰えるなんてことはありえない、と思い込んでいた。

10年ちょっと前に聞こえていたほうの耳が駄目になり、何度も聞き返さないと会話が出来ない苛立ちや、止まない耳鳴りに日常生活へ支障が出てきた。
いよいよ目に活躍してもらわねばと出番を乞うていた矢先、思わず「目よ、お前もか」と叫びたくなる事態に直面することになった。いつの間にか老眼がすすんでいたのである。

耳は別にして、頭髪、歯、目と加齢による衰えは順調にやってきた。もちろん、からだもあちこちにガタが生じているのを感じる。これはもう、そのまま受け入れるしかないのだ。
好きな音楽が聴けない、本が読めない、老後に目一杯楽しもうと手元に残していた音源や書籍は、日の目を見ることなく埃に埋もれてしまうのか。暗澹たる気分とはこのことや。

まぁ、たいがい好きなことをやって好きなように生きてきたから、やり残した感はないのがなによりで、今さら欲もなく虚靜恬淡とした境地にある。
もっとも最近流行りの「下流老人」ど真ん中にあるビンボー生活では、お先真っ暗やけど。
by rurou-no | 2015-11-12 15:02

握れば拳開けば掌

物質にせよ現象にせよ、同じものでもどう見るかによって、違う表情が現われる。
タイトルは「に」からということで拝借した。「手」も握れば「拳」となって痛そうでも、開けば握手ができるし、肌に触れると気持ち良くもなる。要はどう使うかということ。

内田洋子さんの 『ミラノの太陽、シチリアの月』 を読んだ。
こんな洒落た本は田舎の町の図書館には置いてなくて、遠出した連れ合いが都会の書店で買ってきたものだ。カバーの裏に「随筆集」とあったので、暇つぶしの手慰みならぬ「目慰み」ぐらいにはなるかと手に取って読み始めたら、引き込まれてからだが前のめりになってしまった。

十話からなる文庫本を随筆集というより、上質の短編小説集として堪能した。
イタリア在住の著者が、現地で出会った人びとや遭遇した出来事を題材にして、達者で緻密な文章を操り、奥行きのある物語に仕立て上げている。
巧みな描写から、行ったことのないミラノの街や鄙びた村の駅、海辺の風景などが、目の前に現出する。そう、短編映画を見ているような、と言えばいいか。

特別なことは何も起きず、繰り返すだけの変化のない日常、と言ってしまえばそれまで。
同じ1日でも視点を変え、細部を観察すれば、新しい発見に満ちていることを教えてくれる。
読後感がいつになく気持ちのいい活字体験だった。これじゃとても活字離れは出来そうにない。
こんな文章を書いてみたいと思えど、凡庸なジジイには到底叶わぬことやな。

先月29日、日本政府は沖縄・辺野古の米軍新基地建設に着工した。権力は何をやってもいいんだとばかりに、ルールをも無視して強行するやり方は許されるはずもない。昨日は警視庁の機動隊まで導入して、抗議する沖縄のおばぁやおじぃに弾圧を加えた。
強者が力で弱者をつぶす社会なんてあってはならない。手の使い方を間違ごうたらあかん。

ラグビーワールドカップは、予想通りニュージーランドがオーストラリアに勝って連覇した。
プロ野球日本シリーズは、応援しているソフトバンク・ホークスが圧倒的な強さで連覇。
スポーツはルールに則って(時には審判のミスさえ許容しつつ)ゲームを行うから、安心して楽しめるのだ。一般社会もそうあってほしい。
by rurou-no | 2015-11-05 11:57 | 言葉・本

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧