一所不住



<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


招かぬ猫

「招き猫」は縁起物として馴染みのものである。全国各地にさまざまな「招き猫」があり、国内のみならず外国にもあることを民博のコレクションに教わった。
右手(右前足)を上げているのは金運を招き、左手(左前足)を上げているのは人と縁を招く、ほかに右手は家族円満、左手は商売繁盛、という説もある。
どちらにせよ、適当に後付けしたのだろう。ええんちゃうの、縁起物やし、てなノリで。

今回は「招き猫」ならぬ「招かぬ猫」。この離れ家に越してきてからずっと困っている。
母屋の主は遠方に居住していて、法事など特別な時しか帰ってこないので、ほとんどは親戚関係の別荘のような使い方だから、そうなってしまったのは無理もない。
困っているのは、近所の猫共に、ここの庭を排泄場所として指定されていることである。

猫の糞の後始末に追われて1年半、毎日庭を見廻るのが日課となってしまった。
やってくるのは黒、白黒のブチ、三毛の3匹だ。黒猫は首に赤い紐を巻いているから飼い猫かもしれない。あと2匹は野良か。近ごろ三毛猫の姿が見えないけどどないしたんやろ、なんて心配している場合ではないぞ。
躾がされていないため、ところかまわず状態で、慣れないうちは草取り中によく踏ん付けた。

一度、猫が嫌がるという粉末を撒いてみたこともあったが、あまり効果があったとは思えない。
不快な匂いは猫よりむしろ人間にダメージが大きく、却下。
そこで考えた。脱糞の後、足で砂(土)をかける猫の習性を逆手にとってみようと芝生を植えたが、これは関係ないようだ。なんとなく草をかける努力をした跡があるのは笑える。

まあ、芝生は猫対策というよりも、晴れの日は土埃が舞い、雨の後は水捌けが悪くドロドロにぬかるんでいた庭の難点を解消する、という本来の目的を達成したからそれでよし。

今のところ、されるがままの糞問題は一向に解決の目途が立っていない。
平和的に共存したいという当方の思いを知ってか知らでか、猫様は我が物顔に振舞う。
名案が浮かばぬうちは毎日せっせと片付けるほかない、と半ば諦念の心持ちだ。
それにしてもウンは招かず、フンを招く猫やなんて冗談やないっ、トホホ。
by rurou-no | 2015-02-26 11:14

江島生島

今日は二十四節気の「雨水」。雪が雨に変わり水が温んで草木が芽吹き始めるころ、である。
立春からこの半月は例年以上に冷え込みが厳しく、北の地方では猛風雪と記録的な積雪が、容赦なく日常生活を脅かしていく。
北見市に住む友人のブログを覘いてみると、大変なことになっていた。

ここ南の地では雪こそ降らぬが、布団から離れがたい朝は変わらずに続く。居候先である親類宅の離れ家は給湯器設備がないため、歯磨きや洗顔は早朝の最も冷えた水をありがたく使うことになる。切れるような冷たさは慣れないまでも、これはこれで強い刺激が朦朧とした意識をシャキッとさせて目覚めがよいのである。

数日前、後藤正治 『清冽 詩人茨木のり子の肖像』 を読んだ。静かに淡々と真っ直ぐに茨木のり子の詩と生涯を追って編んだ内容で、読後は清清しくまさに清冽な印象を残した。この本で知ったのだが、彼女の出身地は愛知県幡豆郡吉良町となっている。
『仮名手本忠臣蔵』で敵役・高師直のモデル、吉良上野介義央が治めていた地だ。

そこでひょいと出てきたのが「江島生島」。「元禄赤穂事件」が1701年、2年後に討ち入りがあった。すぐあと1714年に「江島生島事件」が起こる。7代将軍・家継の生母・月光院に仕える御年寄・江島が、前将軍・家宣の墓参の帰りに山村座で芝居見物をして、その後茶屋で宴会を開いたため大奥の門限に遅れてしまった。江島は歌舞伎役者・生島新五郎との密会を疑われ、同時に大奥の規律の緩みも追及されて、大粛正事件へと発展した。
この時、芝居小屋・山村座は取り潰しとなっている。

男遊びが過ぎた果て、と下世話な方向での理解をしていた事件だが、真相は大奥を巻き込んだ権力争いではないか、と思うようになった。いつの時代でも権力欲に取り付かれた者は、相手を陥れるのに、どんな卑怯で姑息な手段をも弄するものだからである。
歴史は支配者の都合で書き換えられてきた。消された、或いは書かれなかったところに真実が隠されていると考えたほうがよい。

この事件を題材にした映画を子どものころに見たが、最近まで東映時代劇だと勘違いしていた。
実は、1955年松竹の作品(監督・大庭秀雄、主演・淡島千景)だった。
当時はもちろん事件の概要など分かろうはずもなかった。
by rurou-no | 2015-02-19 13:47

濡れぬ先こそ露をも厭え

次のことも考えずにタイトルをつけるからこうなるのはわかっていたが、「ぬ」から始まることばで空白を埋める内容となると、ボケジジイにはハードルが高い。苦し紛れで故事を頂戴した。

「濡れぬ先こそ露をも厭え」とは、濡れる前は濡れるのが嫌で少しの露でも避けようとするが、いったん濡れてしまうとどんなに濡れても平気になる。身に汚れがないうちは小さな悪にも染まらないように気をつけるものだが、いったん過ちを犯すともっとひどいことでも何の躊躇いもなくやれるようになって深みにはまってしまう、との戒め。

新国劇の月形半平太なら「春雨じゃ、濡れてまいろう」となるが、現実はちと違うぞ。
濡れるつもりはなかったが、いつの間にか濡れているのに気がつかないまま、雨漏りのする家で団欒している「茹で蛙」状態の図が浮かぶ。この国の善良なる民の姿だ。

さて、前にも触れたが「積極的平和主義」は外国でどう翻訳されているのか、そのことばの意味することと実際の演説や行動がちぐはぐだから、混乱しているだろうことは容易に想像できる。「軍事国家主義」と意訳したほうが分かりやすいのでそうしているのかもしれない。

紛争当事国への資金援助、武器輸出、自衛隊(軍隊)派遣など、これまで憲法の制約上できなかったことが一挙に動き出した。イスラエルへ出かけて「テロと戦う」なんて、ブラックジョークな振る舞いは笑うに笑えない。イスラエルこそがパレスチナを一方的に(パレスチナの反撃もあるが圧倒的に武力の差がある)攻撃し、虐殺を繰り返しているテロ国家ではないのか。

「テロに屈しない」と人質になっていた2人の日本人を見殺しにした。湯川さんは8月に、後藤さんは10月に拘束されたのを知っていながら、イスラムと戦う有志連合への軍事支援を表明した。「交渉はテロに屈することになる」という屁理屈で、自国民を助けようとしなかった。むしろ殺害されるのを待っていたかのように。
イラク戦争が激化して組織に属するジャーナリストがすべて撤退したあと、現地からレポートしたのはフリーの後藤健二さんだった。知性なき権力者のせいで、海外で活動するNGOやNPO、ジャーナリストらが危険に晒されている。

濡れてしまったら後戻りできないわけではない。乾かす知恵を働かせればええだけや。
そのためにも憲法9条は大切にしなければ、と改めて思う。
by rurou-no | 2015-02-12 14:03

春立ちぬ

「は」「は?」「はて?」「果て」「はてるま」「波照間」・・・連れ合いとの会話の一部、単語だけ並べてみた。今回のタイトルに「波照間があるよ」と、昨日の夜のこと。

たしかに「果て」まで行ってみたい「果て欲」が人一倍強いかもしれない。北端・宗谷岬、東端・納沙布岬は行ったので、あと西端・与那国島の西崎と南端・波照間島の高那崎へ立ってみたいささやかな願いは先延ばししたままだ。「波照間」のタイトルも残しておこうと思う。

そこで、昨日は「立春」だったから、お題にいただいた。暦の上で春の始まりとされる。旧暦では立春が新年の始まりとなっていた(らしい)。ただし今年の旧1月1日は「雨水」の19日で、ちょうど半月分ずれている。そう、昨晩はあいにくの雨で見えなかったが満月だった。

立春の前日は「節分」。太巻き寿司をほうばりながら、節分には邪気除けのために柊と鰯の頭を玄関に挿しておく風習が島ではあったが、連れ合いの住む本土側ではなかったという話が出た。そうした習慣も受け継がれなくなってきているなぁ、と嘆息する当の本人も、大坂商人の「恵方巻き」だけで節分をやり過ごしているから世話はない。

と、ここで合点がいった。島の須江地区で大晦日の夜に豆撒きをしているのは、旧暦で節分は大晦日になるからや。新暦へ改暦したときに、豆撒きは立春(正月)の前日である「大晦日」の行事だと律儀に考えたのが須江の人らやったんやな。これでつじつまが合った。やれやれ。
彼らにとっては、われこそ正当な継承者であるぞ、ということやろ。うん、それもええ。

暦が季節を決めるわけではないが、梅の花が咲き出したそうだ。となると杉の花粉もやってくる。草花が芽吹き、山野の化粧直しで周りの景色が明るく華やかになる季節なのに、憂鬱な気分とは皮肉なものだ。その兆候は徐々に表れて来ている。1年の3分の1もの間、マスクとティッシュが手放せないなんて理不尽この上ない。やれやれ(情けないほうの)。

今日は各地で大雪の注意を気象情報が伝えていた。本州の南の果ての地ではどんよりと曇って、時おり小雨がぱらついている。気分も鬱陶しい天気そのまま、沈んだところから浮かび上がれない。ここでもだらだらと文字を連ねるだけで中味は空っぽ。まあ、こんな日もあっていい。
by rurou-no | 2015-02-05 13:37

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧