人気ブログランキング |

一所不住



<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


累卵の危うき

夏が戻った暑苦しい日に、古い言葉で恐縮する。「累卵の危うき」とは、卵を積み重ねたように不安定で危うい状態にあることのたとえだ。
異常気象が常態となってきている地球環境は、まさに累卵の危うき状態であるといえる。
その地球に暮らす人間はといえば、争いをやめられず殺戮と破壊を繰り返すバカばかりで救いようがない。そして私たちを治める国もまた、きわめて危険な状態にあると率直に思う。

大本営発表を垂れ流す御用マスコミによって、国民は騙され意識操作されていることに早く気付くべきだ。何事によらず負の部分は覆い隠され、真実は伝えられていない。
不条理で無慈悲な社会と、それを構成するシステムにがんじがらめにされて、身動きが取れずなすすべもないありさまを想像してほしい。その姿はだれもが当事者として映るはずだ。

一昨日この町でも自主上映された、三上智恵監督の映画『標的の村』を見た。
新型輸送機「オスプレイ」のヘリパッド(着陸帯)建設に反対し、座り込みの抗議をした住民が「通行妨害」で国から訴えられた。沖縄北部にある東村高江は、村を囲む森が米軍の演習場となっており、武器を持った兵士が道をうろつき低空飛行のヘリが飛び回る光景は日常となっている。そこへオスプレイがやってくるという。これ以上生活が脅かされてはたまらんと立ち上がった住民の闘いを追った良質のドキュメンタリーだった。

2012年9月29日オスプレイ強行配備前夜、沖縄の人びとは米軍普天間基地ゲート前に車を並べ、座り込んで22時間にわたって完全封鎖した。台風17号の暴風が吹き荒れる最中の闘いであった。米兵が見ている前で、沖縄県警の警察官が沖縄県民を強制排除していく。地元の記者やカメラマンらさえも容赦ない。映像を見ながら怒りでからだがふるえて止まらなかった。

本土メディアはこうしたことを一切伝えない。沖縄の人びとはなぜそこまでするのか、考えない。「いつものように抗議行動がありました」の短いコメントが、そこで起きた出来事さえなかったことにしてしまう。どこかの国みたいに自由な表現と報道すらも封殺されてしまうこの国は、もはや危険域に入った。目出度く「普通の国」の仲間入りである。

世間では「同調圧力」という魔物がはびこっている。累卵が崩れる日はいつになるのか。
by rurou-no | 2014-09-25 14:40

騏驎も老いては駑馬に劣る

     このころよりは おおかた せぬならでは 手立てあるまじ
     騏驎も老いては駑馬に劣る と申すことあり
     さりながら まことに得たらん能者ならば 物数はみなみな失せて
     善悪見どころは少なしとも 花は残るべし


「き」から始まることばがなかなか思いつかなくて、世阿弥の「風姿花伝」から一節を借りた。
年老いた能役者は、何もしないというほかに方法がない。1日千里走る駿馬も老いてしまっては、平凡な土馬にも劣るようになる。しかしながら本当に優れた能役者なら、声や姿に若き日の輝きが失せてしまっても、花は残っているものだ・・・と日々の精進を説く。

還暦世代ともなれば寄ると、「目がとろい」「耳がとおい」「歯があかん」「白髪がふえた」「はげた」「ふとった」など老化自慢?が始まる。あわよくば仲間に引き入れようとする者に対し、若ぶってそれに抵抗しようとする者が丁々発止やり合うといったことが避けられない。

かくいう迂生も、老化以前に役立たずになった耳は別にしても、あるべきところに髪はなく、歯もたよりない。目はまだまだ大丈夫と根拠のない虚勢を張っていたが、本や新聞を読むのにつらい思いをしていたのは事実で、そろそろ老眼鏡の導入を検討しなければ、と「老化」受け入れに向けて心の準備を始めたところだった。

持つべきものは友、昨日友人が「老眼が進んでメガネを変えたから」と、以前使っていた老眼鏡を持ってきてくれた。やや、なんと文字が大きくはっきりと見えるではないか。これは驚きだった。字が読みづらくてだんだん活字を見るのが億劫になっていたのは、しっかり老眼になっていたからで、わかってはいても素直に認めたくない潔くなさがあらわになった。

もはや老人道ど真ん中へまっしぐら。アンチ・エイジングなんてくそったれだ。と途端に威勢がよくなるのもどうかと思うが、「老化」も「加齢」もプラス思考でやっていこうという心境になっている。

「騏驎も老いては駑馬に劣る」と世阿弥先生にいわれても、もともと土馬、駄馬であった吾はいかなる老いと向き合えばいいのか、花はなくとも枯れ枝の味わいに身を処するほかないか。
by rurou-no | 2014-09-18 15:43

十六夜の月

今朝5時半すぎ、外から連れ合いが「ちょっと、ちょっと」と呼ぶので何事かとあわてて外へ出たら、「ほらっ」と指差す西の空に、まもなく沈もうとしている十六夜の月がくっきりと浮かんでいた。
旧暦8月15日「中秋の名月」は前日だったが、今年はめぐり合わせで昨晩の16番目の月が満月となり、月がもっとも大きく輝く「スーパームーン」が重なった。さらには99の「重陽」もあって、特別な日になった。

近ごろは視力が衰えたせいか、見上げる月は輪郭がぼやけるし上下に少しずつズレて、いくつもあるように見える。一度にたくさんの月が見られるから得をした気がしないではないが、たまには昔見たシャープな輪郭の月も見たいものだと、叶わぬ思いにとらわれることもある。

雲間から姿を現した十五夜の月は、その名にし負う名月で見事な美しさだったし、部屋の中から網戸越しに見た望月は放射状に広がって、一味違った趣があった。
一夜のうちに東から西へと移動した月は、夜明けの空で早起きのジジババを待っていてくれた、というのが冒頭のシーン。辺りが明るくなっていたせいか、真円の輪郭がきれいに確認できた。「早起きは三文の徳」と古いことわざを思い出しつつ、まんまるの月をしばし見惚れた。

月を愛でて余韻に浸って、と風流の世界に遊びたいところだったが、日々繰り返す朝はやっと始まったばかりだ。
郵便受けから新聞を取り出すと、一面トップに「錦織 歴史刻む準V」の大見出し。テニスの全米オープンで錦織圭選手が、準優勝の快挙を成し遂げたそうだ。決勝の相手はクロアチアのチリッチ選手。身長198センチでサーブは時速210キロを超えるというから、打ち返すだけでも大変だ。ともかくこの二人は、ジョコビッチ、ナダル、フェデラーら強豪を退ける世代交代を印象付けた。

世代交代といえば、昨日あったサッカーの親善試合でも新戦力が活躍した。ベネズエラと2対2で引き分けたが、得点したのはともに22歳の武藤選手と柴崎選手。次回ワールドカップでは代表の主力になるべき両人がさっそく結果を出した。天は一人の人間に二物も三物も与える。若い彼らのイケメンぶりは連れ合いも注目するところ。「水本くんの顔も好き」というから基準はどこらへんにあるのか、よくわからないけど。
by rurou-no | 2014-09-10 14:25

史上最長の試合

昨日の夕方、庭の草取りをしていたら子どもの声がしたので顔を上げると、背中のランドセルを揺らして下校する小学生の姿があった。もう2学期が始まったのか、と思いがけず季節の移ろいを知らされることになった。8月下旬は慌ただしく、どこか追われているような感じだったが、あの小さな子のランドセルが日常の時間に引き戻してくれた。

1日付けの新聞(まだ現実の時間とずれがある)を手に取ると、1面に「準決勝 史上最長延長50回」の見出しがあった。全国高校軟式野球大会で、中京高(岐阜)と崇徳高(広島)が0対0のまま延長戦になり、なんと4日間50回、計10時間18分の死闘を繰り広げたそうだ。
スコアボードに99個の0は前代未聞、さぞ壮観な眺めだったろうと思う。

球場の熱気はいかばかりか、両チームとも一人の投手が最後まで投げぬいたというから驚きだ。試合中は気力で投げられただろうが、肩を壊してやいないかと心配になる。
恥ずかしながら迂生も、中学時代に野球部の投手をしていたので、どれだけ苛酷なことか想像するくらいはできる。ちなみに2年からレギュラーに抜擢されたもののとっても下手な選手で、投手としてもコントロールがなくほとんど使い物にならないレベルだったことを自白する。

負けた崇徳高は広島市西区にある。20日未明に発生した土砂災害で死者72人、行方不明者2人の犠牲者を出したのは同市安佐南区と安佐北区。私立校だけに、野球部員の家族や親戚にも被災者がいたのではないかと気になるが、メディアではそういうことは伝えられていない。

広島市の惨状を見て、3年前の紀伊半島大水害を思い出した。土石流と土砂が家を押し潰し、押し流した光景はそのまま那智勝浦町と重なる。和歌山県で死者・行方不明者61人、奈良県で死者・行方不明者24人の犠牲者が出た。9月3日未明の出来事だった。

自然災害は人間の力ではどうにもならぬ想定外の事態が発端となることが多い。だから被害が大きくなる。この広島市でも、「新しい住宅が目立つのはもしかして」と直感したとおり、被害が広がったのは無茶な住宅開発が一因とも指摘されている。
近くに山があればきちんと山と向き合い、海があれば海と向き合う、という当たり前のことをおろそかにしてはいけない。だから津波対策に大堤防なんて、もってのほかなんや。
by rurou-no | 2014-09-03 14:47

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧