一所不住



木靴の樹

我が国も近年までそうであったように、この映画の舞台となったイタリアも同様であった。
19世紀末北イタリアの小さな村、封建的農奴制がまだ残っていた。ある農場で小作人として
暮らす4家族の倹しい生活を、四季の移ろいと共に描いた傑作 「木靴の樹」(1978年)。
監督の エルマンノ・オルミ が脚本、撮影、編集もすべて1人でこなした渾身の作品である。

出演者はみな現地の農民たちというから凄い。日常がドキュメンタリーを見ているかのごとく、
淡々と自然に繰り返されていく。貧しく厳しい暮らしながらも深い信仰心を持ち、お互いに助け
合いながら精一杯生きている。それぞれの家族に起こる小さな出来事。新しい生命の誕生や
収穫の喜び、苛酷ながらも確かな幸せもまたそこにあった。

タイトルとなったのは、そんなエピソードのひとつ。 
木靴を履いて学校へ通っている少年が、ある日その靴を割ってしまう。学校へ履いていく靴が
なくて落ち込んでいる少年を見た父親が、彼のためにポプラの木で新しい靴を作ってあげた。
ところがその木は地主の持ち物。無断で木を切ったからと、家族は村から追い出されてしまう。

地主の権力は絶対的なものだった。同情こそすれ抗議することもままならない他の3家族は、
村を出て行く家族を物陰からそっと見守るしかなかった。決してハッピーエンドではない。絶望
だけが支配しているのでもない。随所で、時代の変化が田舎の村にもじわじわと訪れる気配を
漂わせている。村を出る家族にも、微かな光明を感じさせているのだ。

全編が自然光だけで撮影されたとか。監督自身が祖母から聞いた話が基になっているそうだ。
封建的な社会ではどこにでもあった悲喜劇。それを大叙事詩として描いたエルマンノ・オルミ。
私たちは過去の物語としてではなく、21世紀を迎えた今も同じような問題を抱えている現実を
しっかりと見据えることが大事だ。そこからまた新たな物語が誕生するはずである。
[PR]
by rurou-no | 2007-08-31 10:02 | 映画
<< 記事 コンチキ号漂流記 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧