一所不住



詩人の血

20世紀初頭のパリで多才な芸術活動を行なった ジャン・コクトー(1889~1963) が
1930年に初めて撮った実験的映画 「詩人の血」 は、まるでコクトーの頭の中を覗いている
かのごとくで、そのイメージの世界について行くのがやっとであった。鏡に向かって飛び込んだ
ら、水しぶきが上がってプールになっていたシーンが鮮烈な印象を与えた。

コクトーは詩人であり、作家であり、画家であり、映画監督であり、演劇やバレエにも関わり
評論やデッサンも手がけと、ひとり芸術百貨店のような八面六臂の活躍だった。
「恐るべき子供たち」 のコクトーで、「美女と野獣」 のコクトーである。

そして何よりも、サティピカソ と組んでスキャンダルを巻き起こしたバレエ 「パラード」
のコクトーだ。これには、ディアギレフロシアバレエ団 が参加している。
ストラビンスキー  ココ・シャネル モディリアーニ ガートルド・スタイン ドビュッシー
エディット・ピアフ ジャン・ジュネ
 等々、コクトーの周りには、色んな芸術家が集まった。

「オルフェ」(1949年)に出演していた ジャン・マレー は、男色家コクトーの愛人であった。
ジェラール・フィリップ もそうだったらしい。

《ベル・エポック》 《エコール・ド・パリ》など時代によって様々な呼び方がされるパリが華々しく
輝いていた時期、世界中の芸術家たちが吸い寄せられるようにパリで活動を始めた。
そのころの資料を読んでいると、あらゆる場所でコクトーの名前を目にする。よくもまぁマメに
いろんなシーンに顔を出しているものだと感心する。そして、やがて大家となっていくのだ。

彼が同性愛者であり、美少年として登場し、二枚目で苦みばしったいい男になって、多くの女
を夢中にさせ、美しい男に夢中になり、いつでもどこでも目一杯やっていたからなのだろう。
[PR]
by rurou-no | 2007-07-02 21:31 | 映画
<< チビチリガマ エッシャー と 国芳 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧