一所不住



水の駅

現在京都造形大学で教鞭をとっている 太田省吾 は、かつて 〔転形劇場〕 を主宰していた。
京都で暮らし始めてまもなく、この東京の劇団の公演で驚くべき体験をする。

1977年10月 川村能楽堂 「小町風伝」 主演 佐藤和代 
能舞台で能楽「卒塔婆小町」をモチーフにするという大胆な試み、そして老婆の饒舌な語りがすべて沈黙劇として演じられた。2時間余の芝居には一言も台詞がなかった。芝居は台詞があって初めて成立するものだと思い込んでいたから、驚きと感動で忘れられない舞台となった。

1983年5月 オレンジルーム 「水の駅」  出演 大杉漣 佐藤和代 他
舞台は共同の水場らしきところ。真ん中に水道の蛇口がひとつあるだけ。ここにいろんな人が来ては去って行く。やはり誰も一言も喋らない。

1985年10月 芦屋ルナホール 「地の駅」
廃墟に少女がひとり。そこを通り過ぎる人をただ眺めているだけ。最後に現れた女の人を見つけると、駆け寄って抱き合う。このあとの「風の駅」とで、駅三部作となる。

〈5メートルを2分かけて歩く〉ゆっくりした動きで、舞台は進行していく。
必然的に時間感覚と対峙せざるを得ない。そして空間と存在について考えさせられる
私たちは《微速》と呼んでいた、超スローな動作は身体的には非常にキツイものである。
その上、台詞を発することが出来ないなんて、役者には苦行としか言いようがない。

喋らないからこそ、見えてくる言葉がある。凡百の言葉よりも一つの動きで表現できることがある。台詞を排するという演劇人としての冒険と野心は、大いなる成功を収めた。
この《沈黙劇》は異言語間の壁を超え、外国公演でも大好評であったと聞く。
結局この3作品しか観ていないが、その舞台風景はしっかりと記憶して忘れない。
[PR]
by rurou-no | 2007-04-30 13:18 | 演劇・ダンス
<< 黄色い大地 桑の実 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧