人気ブログランキング |

一所不住



直面

直面(ひためん)とは、能楽で面(おもて)を用いずに 素顔で演じること。

能の主人公は、大概が幽霊や精霊といった化け物である。
そうした化け物の話を上演する時には、シテ(主役)は必ず面をつける。
一方で、現実に生きている人が主人公の場合は 面をつけない。

能の世界では 面に神が宿るとされ、面を着ける「鏡の間」は 極めて神聖な
場所とされている。
地歌舞の公演で 能舞台を使わせてもらっているが、揚幕一枚で橋掛かりへ
と続く この鏡の間はもっとも緊張する所である。

直面の能で印象に残っているのは、丹波篠山春日神社能楽殿で行なわれた
シテ 梅若万紀夫(当時)=万三郎による 『安宅』 (歌舞伎でいえば『勧進帳』)
安宅の関での 弁慶と富樫の丁々発止のやりとりが見ものである。
山伏姿の強力12人も壮観ながら、面を着けているがごとく表情を変えないで
演じる 直面の迫力は圧巻であった。

能の面にしろ 文楽の人形にしろ ひとたび〔魂〕が入れられると、生身の人間
以上に表情が豊かになる。それは作る者の技量や 使う者の芸によるところが
大きいのもさることながら、目に見えないもう一つの力を感じずにいられない。
by rurou-no | 2007-01-12 15:40 |
<< モンマルトルの丘 ゑべっさん >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧