一所不住



芭蕉布

芭蕉布は沖縄や奄美に古くから伝わる着物で、糸芭蕉の繊維を使って織られる。
見るからに涼し気な生地は、暑い地域に適したものであるが、需要が少なくなり伝統技法の後継者も減ってきているようだ。
沖縄では戦後占領した米軍に、糸芭蕉が片っ端から切り倒されて絶滅寸前まで追いやられる一方、占領地の土産物として米兵に好まれ、伝統工芸品としての息をつないだ。

その沖縄でまた、基地で働く元米兵の男に、20歳の女性が強姦され殺され遺体を遺棄されるという痛ましい事件が起こった。
こうした事件は占領期からずっと、日常的に続いていることを忘れてはならない。
これもまた、本土の安全保障のための犠牲である。まったく他人事ではない。わたしやあなたを守るため、わたしやあなたの家族や友人が被害に遭ったと同様なのだ。

そこに基地がある限り、このような悲劇はなくならない。これ以上の被害者を出さないためには、基地の全面撤退しかありえない。「再発防止と綱紀粛正」なんて「何も対策をしない」と同義語であって、同じような犯罪が繰り返されて今に至っている。
本当に基地が必要なら、真剣に本土で引き受ける方策を進めるべきだ。

今回も日本政府は形式的に抗議をしただけで、若い女性の尊厳が傷つけられ、将来ある命が奪われた事実に向き合わない。あまりにも鈍感すぎる。
昨夜、首脳会談後の記者会見冒頭をニュースで見たが、用意した原稿を棒読みするだけの首相は、事の重大さへの想像力が欠落している。ひたすらアメリカ側の立場を斟酌することしか考えてないのが、見え見えで見苦しいばかり。
忠犬アヘ公は、ご主人様の靴を舐めるだけの存在でしかなかった。

これほど自国民のことを考えない政府が、かつてあっただろうか。システムが代表者を選んだとはいえ、この国の民は不幸な時代を生きている。
[PR]
by rurou-no | 2016-05-26 13:57
<< 不得要領、意味不明 相撲場 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧