一所不住



ウチナーンチュの訴え

19日未明、安保法案が参院で可決されてしまった。
「ぼくらの民主主義なんだぜ」(高橋源一郎)、さあこれから反撃やで。
それにしても17日の参院特別委の混乱はひどいものだった。採決への手続きを無視し、抜き打ち的に強行を謀った与党は議長席を二重に取り囲み、阻止しようとした野党は三重目から手を伸ばすのが精一杯で、上からダイブを試みた議員はカウンターパンチを食らい沈没した。

NHKの中継は意図的だったのか、与党議員の蛮行がわかりにくいように議長席のアップを写し続けた。この時点で愚生は、てっきり野党議員が混乱を仕掛けたものと勘違いした。しかし民放のカメラは議場全体をとらえていた。合図で与党議員が議長席の周りを固め、野党議員は呆然と立ち尽くしていただけだった。野党の抗議で議場は騒然となり、もちろん議長の声は聞こえない。議長席の近くから一人が合図を送ると与党議員が立ち上がる。どうやらこれが採決だったらしい。議長は数の確認のしようがない。それでも多数。

同じ19日、英国南部ブライトンであったラグビーワールドカップ・イングランド大会、日本代表は強豪南アフリカを 34対32 で破り、W杯史に残る勝利と驚きを世界中へ知らしめた。ラグビーはサッカーほど波乱は起き難いゲームで、上位レベルと下位レベルの実力差も大きいため、この試合も順当に南アが勝つことをだれも疑っていなかった。
ところがどっこい、こんなこともあるんや。まあ、南アは楽勝だと慢心してたんやろな。
昨日のスコットランド戦は 10対45 と大敗。集中力と個人の能力差は歴然だった。

21日(日本時間22日)、スイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会で沖縄県の翁長知事が、米軍基地が集中している現状を「沖縄の人びとは、自己決定権や人権がないがしろにされています」と訴えた。人権理事会は2006年、先住民への差別を禁止し人権を保護する宣言を採択している。翌年、総会で採択。
これに対し日本政府代表は「米軍基地問題は人権促進を扱う会合になじまない」と、冷たく反論した。米軍基地そのものが沖縄差別によって成り立っており、日米両政府によるウチナーンチュ(沖縄人=琉球人)への人権侵害が甚だしい現実から目を背ける態度は許せない。何をか言わんや、である。国は国民を守らない。国は国民を切り捨てる。これがこの国の実態だ。
[PR]
by rurou-no | 2015-09-24 14:08
<< 猿猴月を取る ポチの暴走 >>


一瞬を、永遠に
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧