一所不住



てれすこ

「てれすこ」といってもテレスコープ(望遠鏡)のことではなくて、落語の演目から借りた。この噺は笑福亭松枝師匠の高座で聞いたが、爆笑ものの前振りのほうが本ネタより長かったように思う。

長崎の漁村で珍しい魚が揚がったが、だれも名前を知らない。奉行所へ持っていくと「魚の名前を知っている者に褒美を取らす」と高札が出た。ある男が名乗り出て「てれすこ」だと答えた。

だれも知らないから、正しいかどうかもわからないところがミソ。未知のものに名前を付けるという、言葉を生み出す行為に敬意を表して、と強引に今日の本題へ。
というのも、連れ合いがブログで今年読んだ本のことを書いていたのを真似しようと。

単純にベストテン・ランキングを考えたが、どれも甲乙付け難いので、月別ベストにする。
1月・貫井徳郎 『乱反射』 現実が後追いした。裁けぬエゴイズムの連鎖、モラルなき社会。
2月・葉室麟 『蜩の記』 不義密通の冤罪に言い訳もせず切腹の日まで清廉に生きる武士。
3月・木内昇 『漂砂のうたう』 江戸から明治に変わったばかりの根津遊郭が立ち現われる。

4月・梨木香歩 『村田エフェンディ滞土録』 明治初期トルコへ留学した村田の異国暮らし。 
5月・姫野カオルコ 『昭和の犬』 特異な両親と地味な娘の人生が淡々と。時代背景とともに。
6月・桜木紫乃 『ラブレス』 北海道の極貧の開拓村に生を受けた女たち3世代の物語。

7月・池澤夏樹 『アトミック・ボックス』 核兵器開発の秘密に迫るポリティカル・サスペンス。
8月・佐川光晴 『牛を屠る』 作家自身が屠殺場で働いた日々を振り返るリアル小説。
9月・原田マハ 『太陽の棘』 沖縄にあった「ニシムイ美術村」、米軍医と若き画家たちの交流。

10月・三浦しをん 『木暮荘物語』 ぼろアパート木暮荘の住人4人の平凡でささやかな生活。
11月・西加奈子 『サラバ!』 イランで生まれ、エジプトで少年時代を過ごした歩とその家族。
12月・柴崎友香 『わたしがいなかった街で』 かつて誰かが生きた場所を生きているわたし。

ほかに、紀和鏡 『夢熊野』 や、半藤一利 『幕末史』 、北杜夫 『楡家の人びと』 、5冊を一気読みした三上延 『ビブリア古書堂の事件帖』 などは別枠とした。
惜しくもランク外となったのは、米澤穂信 『満願』 、乾緑郎 『海鳥の眠るホテル』 、笹本稜平 『春を背負って』 、岩城けい 『さようなら、オレンジ』 、田口ランディ 『キュア』 、村田喜代子 『屋根屋』 、津村記久子 『エヴリシング・フロウズ』 、など書き出すとどんどん出てくる。
忘れるとこやった、いとうせいこう 『存在しない小説』 。そや、伊坂幸太郎も入れな。
[PR]
by rurou-no | 2014-12-25 14:54 | 言葉・本
<< 混沌のままに 過ぎし日を超えて >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧