人気ブログランキング |

一所不住



かにかくに

          かにかくに渋民村は恋しかり
            おもいでの山おもいでの川

          石をもて追はるるごとくふるさとを
            出でしかなしみ消ゆる時なし

          ふるさとの訛りなつかし停車場の
            人ごみの中にそを聴きにゆく


今年の初投稿は「か」から始まる、石川啄木の歌となった。
年末は山頭火の俳句で終わり、正月は短歌からというのもいいではないか、とあまり関係ないのに、今思いついたいささか強引なこじつけである。

ともあれ、連れ合いが出かけて留守番の夜、久しぶりに書いてみようとブログを開いて、たまたま「か」で頭に浮かんだのが「かにかくに」だった。

啄木は「石もて追わるるごとく」逃げ出したふるさと渋民村を「かにかくに 恋しかり」と歌い、上野駅までふるさとの訛りを聴きに行った。その心情は、いかばかりか。

一方で、室生犀星の詩には「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの よしや うらぶれて異土の乞食となるとても 帰るところにあるまじや ひとり都のゆふぐれに ふるさとおもひ涙ぐむ そのこころもて 遠きみやこにかへらばや 遠きみやこにかへらばや」とある。

田舎の中学生には「ふるさと」の概念すらよくわからないまま、言葉の美しさやリズムの良さに惹かれて繰り返し声に出して覚えた。

その「ふるさと」を離れ、30数年ぶりに「ふるさと」で暮らす今も「ふるさと」は曖昧なままだ。
ただ、距離や時間が離れるほど「ふるさと」への想いは強くなるという法則(連れ合いの理論)だけは、実感としてなんとなくわかるような気がする。
by rurou-no | 2012-01-15 19:51 | 言葉・本
<< 二の句が継げない うしろすがたのしぐれてゆくか >>

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧