一所不住



いつか、だから

「いつか、絶対、みんな、死ぬんだ」
「だから、生きてるんじゃないか」
朝倉かすみ 『田村はまだか』 で小学6年生の中村理香と田村久志が交わした言葉。

この本はタイトルと構成で成功したと思う。ただ、この設定だともっともっと内容を面白くできたはず、と期待が大きすぎた分だけ新人の筆力が少し残念だった。決してつまらんという意味ではない。

タイトルの「田村はまだか」で連想したのは、切腹を前にした塩冶判官の科白(仮名手本忠臣蔵四段目)「由良助はまだか」。そしてベケットの『ゴドーを待ちながら』的な小説かも、ということ。
編集者の腕だろう、キャッチコピーとしての仕掛けはうまい。

小学校の同窓会の3次会、スナックで酔っ払った同級生5人がまだ現れない田村を待つ。
小学生にしてすでに大人びていた田村を語りながら、それぞれの人生が明らかになっていく。

『ゴドーを待ちながら』は2人の男が、会ったこともなく何者かもわからない、ゴドーを待ち続ける不条理劇で、演劇史に残る作品として多くの演劇人に影響を与えてきた。
小劇場では『ゴクドーを待ちながら』『ゴドーは待たれながら』など、それぞれの解釈でパロディー劇が生み出されている。

『田村はまだか』を読んだその日、かつての芝居仲間が昨年11月下旬に亡くなったことを知らせる手紙が共通の友人から届いたので、冒頭のやりとりが胸を打った。
彼は劇団を解散してからも、自ら経営する店でさまざまなライブをプロデュース、演出家そしてプロデューサーとしての人生を存分に生きた。生き急いだ。
その日からずっと、浅川マキとトム・ウェイツの音楽が頭の中でリフレインして離れない。

最後に会ったのはいつだったか、「『銀河鉄道の夜』やりたいねん。また一緒にやろ。頼むで」と話していた。
「ええなぁ、賢治はオレも好きやし。どこにいても駆けつけるから、決まったら連絡して」。
約束はまだ果たせていない。
いつかきっとやで。そやから。
[PR]
by rurou-no | 2011-01-26 10:44 | 言葉・本
<< 落伍者 にらみ鯛 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧