一所不住



目糞鼻糞を笑う

例によって、困った時に登場するのは『ことわざ故事金言小事典』である。
今回も、例文が面白かったので採用した。48年前の文を無断引用させてもらう。

【白人の探検家が人食い人種の酋長に、二十年ぶりで再会した。「お前たちは、あいかわらず隣の部落の奴らをつかまえては食っているそうだが、この文明の世にそんな野蛮な行為を続けているなんて、絶対に許せない。」と白人いった。酋長はそのいまわししい事実をすなおに認め、改めるよう約束したが、酋長は白人たちの戦争について色々きいていたので、白人に、「戦死した人の処分をどのようにしているか。」を尋ねた。「もちろん、手厚く葬ってやる。」それをきいた酋長は大ゲサに叫んだ。「ほう、もったいない。食べもしないのにわざわざバーベキューするなんて。」】

改めて今読み返すと、比較文化として的を得た内容でもある。
飢えを凌ぐために食べる行為と、支配欲を満たすための大量殺人とでは、どっちが野蛮なのか。「正義の殺人」なんてあろうはずもないのに、敵と味方を作りだして、敵をやっつけることに、疑いもなく喝采を送るのは何故か。

私たちは幼いころから絵本などを通じて、「悪者退治」という概念を刷り込まれてきた。悪者(ワルモン)とは戦って、排除するべきだと教えられた。
その時、自分は常に正しい側にいる。あとは悪者を仕立て上げるだけ。そして思考停止の妄想に世界に身を置いていればよい。「正義」が大手を振る。

巷では、野党代表候補者の国籍問題をとやかくいわれているが、これはこの国に蔓延する「いじめ」の構造そのものだ。外国では二重国籍の政治家なんて珍しくもないし、それで弊害があるわけでもない。問われるべきは政治家として何をしてきたか、これからどうしようとしているのか、であろう。詭弁を弄して国土を荒廃させ、国民の生活と命を平気で切り捨てる政治家、をこそ問題にすべきではないのか。

今回はタイトルと内容がうまくつながらなかった。思いつきの雑文やからしゃぁない。同じ理由で書こうと思っていて、忘れていたことを思い出した。
先月25日は西の空に、29日は東の空に大きな虹が架かった。しかも東の空の方は二重の虹だった。昔ならさしずめ、天変地異の前触れとでも解釈できたやも知れぬな、と想像をたくましくしながら、天の贈り物に遊んだ。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-09 11:07

2度目

金曜日の深夜(土曜日の午前3時半ごろ)、スペクタルな夢から目覚めて「ほっ」とひと息ついた瞬間、「いでででででぇぇぇ!!」と思わず口に出してしまった。
この夏2度目の例の「痛!」の再発だった。こんなこと初めてや。

例年だと、痛み止めと化膿止めの薬で痛みと腫れが収まったら、尿酸値を下げる薬を飲み続けて夏をやり過ごす、という既定のとおりで問題は生じなかった。
これはどういうことや?土曜日(27日)は遠出しようかどうか迷っていた日だったが、それどころやなかった。

体調不良の元である最高値211-137だった血圧は、4月下旬に降圧剤を飲み始めてから高い方は180台~160台~140台と順調に下がって時には120台を記録したものの、夏になるにしたがって再び上昇し、最近は130台から160台を推移している。
今日の昼、連れ合いが計っていたのでついでに計ってみると、173-111だった。
朝は157-107だったから、また高なっている。なんちゅうこっちゃ。

そうそう、手首を刺したハチはミツバチだと思っていたが、舞い戻って悠々と飛んでいるのを観察したところ、どうもアシナガバチのようだ。やれやれ。
草取り中に咬まれたのは死人まで出たというマダニだし、からだにダメージをあたえることが続いた。とまあ、散々な夏になった。

心配していた台風10号は、観測65年にして初めて太平洋側から東北地方に上陸して、東北と北海道は大変な被害となっている。自然災害の怖ろしさは、川の氾濫や山崩れが繰り返されても繰り返されても、小さな存在である人間には太刀打ちできないことである。自然へ畏怖の念を忘れないようにするしかない。

このところ、本棚の本の再読を重ねているが、先月末に読んだ 西加奈子の『通天閣』は、読後感がなんともいえずいい気分だった。作家の物語る力もさることながら、彼女の人柄まで想像できそうで嬉しくなる。そして今再読しているのが、 佐藤泰志『海炭市叙景』。読んでいて、まっさらで汚れのない空気が文字を包んでいるのを感じた。

そんな時、連れ合いから同じ様な言葉を聞いた。職場の同僚が、ある妊婦さんを見て「周りの空気がきれい」と言ったそうだ。似たような感じってあるんや。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-02 16:52 | 病気

ガス欠気味に

処暑は過ぎても、そうそう涼しい風が吹いてくれるほど甘くはない。少し動くだけで禿頭からの湧水は止まるところを知らず、またその流れを調整するあるべきものがないばかりに、流れるにまかせるしかない。どれだけ水分を補給しようとも、禿頭から湧いて出てしまうことになる。
 
この夏は梅雨のない北海道に長雨が続き、台風がこないはずだったのに3つも通過して猛威を振るった。気圧配置の関係と説明されているが、台風の進路は東へ移動し、「台風銀座」という懐かしい言葉を冠されていた紀伊半島は、いまだ台風の上陸がない。東から西へと逆走している10号がUターンして、来週くらいに直撃しそうな気配だけど。

24日、イタリアとミャンマーで大地震が発生し、どちらとも古い町並みが壊滅状態で多数の死傷者が出ているそうだ。
地球という星は、どこにいても安全なところはない。自然災害だけでなく、人間同士の殺し合いがいつでもどこでも当たり前に行われているのだから。

書いていて、地球の心配はわかったから、あが(自分)の心配をせぇ、と思わず突っ込みを入れてしまうくらい、体調が落ち着かない。安静にしていれば、なんとかやり過ごせるものの、薬を手放せないとは情けない限りである。
若いうちは勝手に早死にすると決めて、後先考えずに走り回ったため、どうもここにきてガス欠気味になってきているような気がする。かといって水分補給みたいに簡単にいかないからやっかいや。

新聞訃報欄=【精緻かる品格のある芸でファンを引きつけた人形浄瑠璃文楽の人形遣いで人間国宝の吉田文雀(よしだ・ぶんじゃく、本名塚本和夫〈つかもと・和夫〉)さんが20日午後9時12分、心静止のため兵庫県西宮市の病院で死去した。88歳だった。】
【「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名・武野武治)さんが21日、老衰のため、さいたま市の次男宅で死去した。101歳だった。】

艶なる芸のみならず、文楽の生き字引だった文雀さん。100歳を超えても反戦を訴え続けた、むのさん。どんなふうに歳を重ねていくべきか、それぞれ範を示してくれた。

[PR]
# by rurou-no | 2016-08-26 16:48

月夜の晩が

日課となっている夜歩きは、日々月が満ちたり欠けたりするのを眺めながら、時の移ろいを確かめていく楽しみがあり、昨晩はちょうど満月だった。
月明りの下、あるいは月影の小道を、と鼻歌でも口ずさみたい気分になるはずが、厚い雲に覆われて、月夜の晩が暗夜の晩に。
もっとも歩く前と帰った後は、お月さんも顔を出してくれていたけど。

今年は夜になっても涼しい風はあまり吹かず、例年なら窓を開けて涼をとっていた家々も、閉め切ってエアコンの助けを借りるほど蒸し暑い。
そのせいで、こんな田舎町の路地でさえも室外機の排気熱が壁のように立ちはだかり、歩を進めるからだへねっとりした空気がまとわりついてきて、なかなかに不快指数が増す夜歩きとなる。
粘っこい汗で、身に着けているシャツもパンツもびしょびしょのぬれねずみや。

昨晩は歩いている途中で、胸のあたりがむかむかして気分が悪くなってきた。
この辺では「ここらぁるいよ」という。連れ合いに確かめてみたところ、旧町内一帯で同じような言い方をするらしい。「気持悪い」という意味で、「こころ、わるい」が変化したものかと勝手に解釈している。
体調が悪いときや、嫌なものを見たときにも使う。

その「ここらぁるい」感じは、今日も尾を引いたままである。
おまけに庭仕事で虫に咬まれたのか、からだのあちこちが痒くてたまらん。

世の中がオリンピックに浮かれていて、ニュースもオリンピック一色だ。
私たちが知っておくべき大切な出来事が知らされないまま、スポーツが国威発揚にまんまと利用されている。

福島原発事故の避難者がまだ9万人いるのにも拘らず、先週の金曜日、四国電力伊方原発が再稼働した。ここで佐田岬半島にすむ5千人は、切り捨てられた。
沖縄東村高江の住民もまた、米軍ヘリパットのために国から棄民化された。
社会全体が「ここらぁるい」流れになってきて、禿頭は沸騰したままや。

[PR]
# by rurou-no | 2016-08-19 17:19

思慮分別

前々回に出入り口を封鎖される事件が起きたばかりで、今度はいつの間にか勝手に改装されていて、いささか慌てている。店子として何かを言える立場にないけど。

この1週間は、6日「広島原爆忌」、そして9日「長崎原爆忌」があり、核廃絶への願いを改めて決意する週間となった。ちなみに日本政府は核兵器容認の立場をとる。
唯一の被爆国でありながら、何をかいわんやだ。
7日は「立秋」。8日に天皇が「気持ち」を表明した。再びの「人間宣言」になった。

5月に広島を訪問した、オバマ米大統領は「71年前の雲一つない晴れた朝、空から死が降ってきて、世界は一変した」とスピーチした。原爆を投下した当事国の大統領として、抽象的な表現は仕方のない面もあったろうが、落とされた側からすれば無責任極まりないものだった。しかし、広島市民はおおむね冷静に受け止めていたように思う。

もっとも傍に並んだ日本首相のアホ面と中味のない薄っぺらな挨拶は、米大統領の引き立て役にしかなっていなかったし、熟考を重ねた大統領のスピーチは、欺瞞性を含みつつも感動的ですらあった。役者が違う。

天皇のビデオメッセージは、年齢や病気で仕事がしんどくなってきたから若い者に任せたい、という至極まっとうな考えの表明だった。皇室典範がどうのこうのと、ややこしいことをいわずに譲位を認めればええんと違うか。
この機会に「象徴」たる天皇のあり方を軽くしていけばいい。彼らの人権も認めよ。

このところ風呂上りに何気なく眺めていたテレビのニュース番組は、オリンピックばかりで、見なかったり途中で消したしするようになった。朝の新聞もスポーツ紙かと見紛うほど、オリンピックと高校野球が幅をきかせている。

厳しい練習を積み重ね、世界の頂点を競う選手たちへの敬意は持っているものの、あまりにもメダルがどうのこうのと食傷気味である。
といっても卓球の愛ちゃんにはシングルのメダルを取らせてあげたかった思いはある。彼とのツーショット写真に目を細めている近所のおいやんのノリや。

前回、件のハチの巣は処分したが、追い払ったはずのハチは舞い戻ってきた。
庭仕事もあまりの暑さに怯んで、中途半端なまま放り出している。
誰に文句を言われる筋合いもないから、かまんことにしよ。


[PR]
# by rurou-no | 2016-08-13 14:18

キツイひと刺し

当方としては、互いに共存していきたいとの立場である。よって日ごろから庭仕事している時に、たとえ顔の周りを飛んでいたとしても、自由にさせていた。
刺戟を与えない限り、向こうから襲ってくることはないのを知っている。

そういえば、去年も同じ場所で刺されそうのなって、持っていた剪定バサミで叩き落したのを思い出した。気絶しているヤツを、「すまん」とつぶやきながら成仏してもらった。もとより殺生は本意でない。なんとか共存したいのだが。

昨日庭木の剪定中、そこにハチの巣があるのを知らずハサミを使っていた当方が悪かった。驚いたハチ6匹が一斉に襲ってくるのも無理はない。
慌てて避難するも、素早い動きの1匹に手首の辺りを刺されてしまった。

いつも花から花へ飛び回って、役立ってくれているミツバチである。
腫れと痒みはあったけど、幸い蜂アレルギーもアナフィラキシーショックというのもないから、そのままにしておいた。特に敵意は感じなかったし。
一夜明けて、収まると思っていた腫れと痒みは、前日より少しだけ悪化していたので、とうとう、かかりつけ医で薬と軟膏を処方してもらう羽目になった。

繰り返すが、ハチに敵意や悪意はない。できればこれからも友好的に共存していきたい思いは変わらない。互いに地球の上で生きるもの同士やから。
他方、途中で投げ出したままの庭木の手入れは、最後まで済ませたい。
不本意ながら、ハチの巣は取り除くことにする。殺生は避けたいが、これ以上刺されるのも困るから、窓の外を悠然と飛んでいるハチ君とは一戦交えることになるやろ。

体調が芳しくない時期に、なんやかやと重なるものだ。
気象情報で関西地方の観測地点の内、ここら辺はどこよりも最高気温が低い数値を示す。一見過ごしやすいはずなのに、この暑さはなんや。他の処はどんだけ暑いんや。
耐性が弱くなっているせいか、暇を見つけては倒れるように横になっている。果たしてこの夏を乗り越えられるのか、覚束ない。ぼちぼちやるしかないか。
[PR]
# by rurou-no | 2016-08-05 17:23

剣呑なる空気

先週は大家さんにトラブルがあったらしく、アパートの共有出入り口が封鎖された店子は、自分の部屋にも入れない状態で、1週間の空白が出来てしまった。
もっともこのところの体調不良は、それどころじゃなかったともいえる。

永六輔さんを追うように12日、大橋巨泉さんも亡くなった。
戦時中を知る発言力のある長老が、ひとりふたりといなくなる。
世間を広く知り、的確な助言を与えてくれていた彼らの不在は、剣呑なる時代の空気から酸素が奪われていくようで、息苦しさがますます強まっていく予感に竦んでしまう。

新聞報道によると、文科省が学校教育における「政治的中立」を求める通達を全国の教育委員会へ出したそうだ。偏った考えの大臣がいう「中立」って、いったいなんや?「中立」という「偏向」を押し付けているだけやないか。
さらに、新学習指導要領で「道徳」を教科にするという。ただでさえ世間の常識に疎い学校現場で、ましてや政治的介入による偏った価値観を強制しようとたくらむ権力と一体となった動きは、子どもたちにとって不幸この上ない。

前回の「猿後家」は、本文とタイトルの関連がわかりにくかったかもしれない。
要はメディアのタブーが、私たちの「知る権利」すら保障されなくなってきているということ。何を知らされていないのか、知ることもできない。権力に都合のいい情報だけで意識操作されている自覚がないままである。笑えない「禁句」は不気味だ。
【剣呑】危険な感じ、不安をおぼえる状態。

26日未明に相模原市の障害者福祉施設で元職員が起こした大量殺人事件は、19人が死亡、26人が重軽傷を負う、凶悪で悲惨なものだった。
メディアでは加害者の異常性ばかりが報じられているが、一方でこの国の障碍者ケアのあり方も問い直すべきだ。隔離と薬漬けの実態から目を背けてはならない。と、同時に加害者の考えに同調するバカが増えないかと危惧する。

外国では「テロ」が頻発している。決して対岸の火事ではない。根底には共通する問題を孕んでいるのだから。
[PR]
# by rurou-no | 2016-07-29 15:36

猿後家

鬱陶しい日和続きで、からだも頭も重ぉーくなってしまい、へたれの年寄りに今更何か書くことなどどだい無理なこって。九州では大雨だというのに、ここら辺は梅雨の一休みなのか、朝から突き刺すような日差しが容赦ない。週末はまた雨になるそうな。

7日、永六輔さんが亡くなったそうだ。
10日、参院選の投開票があり、自公の与党が大勝するとともに、改憲勢力が3分の2を超えた。って、そんなに中国みたいな国になるのを望んでいる人が多いのか。

そもそも、憲法が何たるかを知らない連中が、憲法を変えたがっているのや。
国民主権がなくなって、国家主権やなんて、もはや憲法ではない。
権利が剥奪され義務ばかりを強要される、全体主義国家になってええんやろか。
自由と民主主義がなくなるんやでぇ。

自民党の憲法草案を、いっぺん党員だけでやってみたらええ。どんなアホなことを決めようとしてるのかよくわかるはずや。とてもまともな大人の考えることやないで。
まあ、選挙になると「経済、経済」と目先の金のことばかりで、失敗した政策すら「道半ば」なんて詭弁に、安易に騙される我々選挙民にも責任の一端がある。

沖縄の米軍基地問題や、福島の原発事故後の無責任なやり方をみても明らかなように、政府は「国民の命と安全を守る」と言いながら、国民をいとも簡単に棄民化する。
先日、バングラデシュで犠牲になった日本人も、去年1月の首相のエジプト・カイロ演説が遠因であることは、疑うまでもない。

と、なかなかタイトルに行きつかないぞ。「猿後家」は上方落語からいただいた。
猿に似た顔の、お家はん(女主人)の前で「さる」は禁句。べんちゃら上手の太兵衛さんが「大津絵の藤娘に生き写し」とべんちゃら言って、酒と鰻にありつく。ところが奈良の説明をしていて思わず「猿沢の池」と口にし、しくじってしまう。そのあともべんちゃらとしくじりを繰り返し、べんちゃらで「お家はんを昔の美人にたとえましたら」と、小野小町、照手の姫、衣通姫(そとおりひめ)の名をあげ、最後に楊貴妃のところ「楊妃妃」(ようひひ)でサゲとなる。
[PR]
# by rurou-no | 2016-07-14 14:45

テグサ

今年は6月になっても例年になく涼しい日が続き、おてんとさまは夏になるのを忘れたんやろ、と冗談口をたたいていたものだが、カレンダーを1枚めくって7月になったとたん、夏のど真ん中へ突入した。

そがい急に変わらいでも、と文句のひとつも出てくるほど夏真っ盛りである。部屋の温度は34度。エアコンも扇風機も苦手な禿頭爺は、自然の風だけが涼を感じる唯一の手段で、風が止む時間は「心頭を滅却すれば火もまた涼し」を地でいく態勢になる。

「小暑」日あしは徐々に短くなるが本格的な暑さが始まる。ってもう十分に暑いでぇ。
「七夕」連れ合いが朝、「七夕の日に晴れるなんて珍しいね」と話してたように、このところ七夕は雨と相場が決まっていた。今夜は久しぶりに牽牛と織女の逢瀬が成る。「2人とも長いこと会ってなかったから、お互いの変わりようにびっくりするんとちゃうか」とは禿頭爺。さて、久方ぶりの邂逅や如何に。

前置きが長くなったが、「テグサ」とは寒天や心太の材料となるテングサのこと。
数日前農協系のスーパーへ立ち寄ったところ、地元の農家が名前入りで農産物を並べているコーナーの一角に、海産物のテグサが紛れ込んでいるのを見つけた。

子どものころ、テグサの口開けになると、早朝から総出で浜辺へ出かけた。小さな子どもでも、浅い岩場にあるテグサを引くことができるほど、海藻類が豊かな時代だった。
もっともガキどもの楽しみは、ひと仕事終えたあと浜で食べる弁当にあった。

朝が早いから、おかずは梅干しとコンコ(沢庵漬け)、そして前夜の残り物であるが、残り物といっても新鮮な魚を煮たり焼いたりしたものに、イソモン(連れ合いの地元ではマギ)やらサザエなどが加わる。今から振り返ると贅沢なものだった。
禿頭爺は梅酒に浸かっていた梅が大好きで、その味が磯の記憶と結びついている。

バットに出来上がった寒天を、水羊羹と勘違いしてつまみ食いしたものの、食感は似ていても期待していた甘さはなく、裏切られたような気持ちになったのも、食の記憶。
[PR]
# by rurou-no | 2016-07-07 13:57

来日50年やて

昨夜風呂上がりに、いつもそうしているようにテレビをつけたら始まる報道番組、冒頭の音楽が違っていた。画面には、日航の法被を着たビートルズの4人が、飛行機のタラップを下りる懐かしい場面が、彼らの音楽とともに流れていた。

66年6月29日に来日してから、ちょうど50年やて。ビートルズとしては1回きりの来日で、5公演しただけ。後にジョンはヨーコと結婚したし、ポールは日本の留置場へ入る貴重な体験をした。ジョージは復帰コンサートをやり、リンゴはCMに出た。

テレビを見ながら、「覚えてる、まだ小学生やった」とは、連れ合い。「中学生やったんとちがうか、やっぱり小学生やったような」と曖昧でええ加減なのは、禿頭爺。
もっとも「近所の友だちのお兄さんからレコードを借りて聴いた」本土に住んでた連れ合いと、離島の僻辺で、音楽といえば浪花節の鉄砲光三郎か民謡の三橋美智也、浪曲歌謡の三波春夫くらいが精々の禿頭爺では、洋楽体験の記憶にも濃淡があるというもの。

ただ鮮明に覚えているのは、ビートルズが来日したというニュースを見ていた時の状況。田舎の小学生でも、ビートルズというグループが日本に来て、今まで聞いたこともない音楽を聴かせてくれるらしい、と聞きかじっていて興味もあった。

29日の夜、晩御飯とニュースが重なったので、ごはんも食べずにテレビにかじりついていた。「早う食べんか」と叱られながら、「これ見なあかん、すごいことなんや」と4人の姿を目に焼き付けようと必死だった。
わけがわからないなりに、新しい音楽で時代が変わる、と思い込んでいた。

その後、ビートルズに夢中になったかといえば、実はそれほどでもなく、中学高校時代はもっぱら深夜放送のラジオで、フォークソングが中心だった。
田舎を出てからは、耳に入る音楽はどれも面白くて、ジャンルにこだわらず無節操になんでも聴いて楽しむ術を知った。まさに音楽。やっぱりビートルズからやったんか。
[PR]
# by rurou-no | 2016-06-30 14:12 | 音楽


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧