一所不住



愚図愚図とテレビを前に根を生やす

もしかして初めてかもしれない。プロ野球日本シリーズが始まり、全試合をテレビで観戦している。こんなことって、やっぱり初めてや。
ふだんはテレビで野球中継を見る習慣はないし、贔屓球団はあっても試合結果を翌日の新聞で確かめるだけ。数少ない情報から試合内容を想像して楽しむ程度のファンである。あんまり大きな声で野球ファンとは言えない。

それでもテレビのスイッチを入れたのは、連れ合いが古くからのカープファンであることに加えて、超人大谷選手のプレーを見たいという、よこしまな思いもあった。
それに野村監督時代のカープは好きだったし(森保監督のサンフレッチェが好きなのと同じように)、緒方監督になってからも心情的に肩入れしていた(パはホークス、セはカープと)。

連日4時間の長丁場である。息詰まる熱戦に定位置から動けないまま、(尻に生えだした根を育てながら)カープの応援をしている。
それにしても、テレビを見るのは疲れる。これが球場で観戦していると、球場全体を楽しめて時間もあっという間に過ぎていくものだけど、テレビの画面を通してだと時間もさることながら、からだに負担が大きいような気がする。

さらに長時間視聴の弊害で、目がおかしな具合になってきた。
新聞や本を読んでいても、うまく活字を拾えない。パソコンはとっくにあきらめている(こんなん書いていても)。
目の衰えは今に始まったことではないから気にしない。あと2試合、カープの日本一を見届けるまでテレビの前に居座るで。

「ハイ・レッド・センター」で最後まで存命していた中西夏之さんが23日、脳梗塞で亡くなったそうだ。81歳。
浪曲師の二代目春野百合子さんも25日、亡くなった。89歳。
従軍の経験から戦争を批判した三笠宮も27日に。100歳。

[PR]
# by rurou-no | 2016-10-28 16:09

思惟深く美(うま)し踏み足疾風(はやて)過ぐ

ラグビーの平尾誠二さんが昨日(20日)、亡くなったそうだ。53歳だった。
日本のラグビー界の牽引車(とりわけ、2019年ワールドカップを仕切れるのは彼しかいないと思っていた)として、至宝的存在ともいえた。
 
禿頭爺がラグビーの試合を見るようになったのは、スタンドオフの松尾雄治がスターだった新日鉄釜石最強時代(日本選手権7連覇を達成した)である。その釜石に、大学選手権3連覇を成し遂げたセンター平尾誠二率いる同志社が挑んだ、82年から84年の戦いは圧巻だった。

英国留学後、神戸製鋼では黄金時代(日本選手権7連覇)を築き上げる。
現役を引退してからも監督兼GMとしてチームを支えた。日本代表監督を務め、後進の指導にも力を入れた。ラグビー界発展のため多大なる貢献をした。
何よりも、先進的な理論は追随を許さなかった。天はニ物も三物も与えるもの、眩しいほどの恰好良さはミスター・ラグビーを体現していた。

スーパースターゆえ年齢を意識したことはなかったが、改めて若い選手をアイドルとして応援していたことに思い到る。少し前、スポーツニュースでチラッと見た姿は、随分痩せていたので心配していたのが、現実になってしまった。

こんな風にある種の出来事とともに昔を振り返ると、ほとんど成長していない自らと向き合わざるを得ず、愕然とする。
世の中や周りの人へ何の役にも立たないまま、ここまできた。

そういえば、18日に現役引退を表明した、広島カープの黒田博樹投手も恰好良かったな。41歳の若さで、禿頭爺よりずっと落着いた大人って感じがした。
メジャーリーグ名門ヤンキースのエースピッチャーから「男気」で古巣カープへ移籍して、リーグ優勝へと導いた。ストイックなまでに自分を追い込み、チームのことを第一に考える姿勢には惚れ惚れさせられたで。

[PR]
# by rurou-no | 2016-10-21 16:39

理に叶う判断できぬうそ寒し

前回、夏が戻ったとボヤいていたら、その日の夜から秋になった。「物言えば唇寒し秋の風」ってな具合(ちょっと違うけど)で、うそ寒い今日この頃である。
「うそ寒」は、なんとなく寒さを感じる今頃の季節のことだと思うが、もう一つ、心が寒気を感じる意味にも使われる。今日のお題は、世の中全体の空気がうすら寒くなってきているぞ、という方の意味で(どちらかというと)。

職場で旧姓使用を認めるよう求めた裁判で、東京地裁(小野瀬厚裁判長)は11日、「旧姓が戸籍名と同じように使われることが社会で根付いているとまでは認められない」として訴えを退けた。「結婚後も旧姓を名乗る利益はそれほど大きいといえない」と、全く現実を知らない時代錯誤の判決である。ちなみに裁判官は全員男だったそうだ。いつの時代に生きているんやろ。女性の尊厳、人権を何と心得るのか。

政府は、選択的夫婦別姓に反対する代わりに旧姓使用を広く認める、って言ってたんやないのか。裁判官(男)の面子や沽券が、浮世離れをもたらしたとしか思えない。

先月16日、福岡高裁那覇支部であった辺野古移設訴訟の裁判(多見谷寿郎裁判長)でも、「普天間の危険を除去するには埋め立てを行うしかなく、これにより基地負担が軽減される」と政府の言い分を丸のみした判決が出た。基地の危険性を除去するために、さらに大きな基地を建設するしかないなんて、おかしな理屈が罷り通っている。
裁判官が理に叶う判断をできなくなってきたやなんて、どないなってんねん。

15日付朝日に、「家族の助け合いとは」をテーマに3人の意見が掲載されていた。この中で、百地章氏は「夫婦別姓は親子別姓につながり、家族の絆の破壊に拍車をかけます」と述べている。考えを異にする人であるから興味深く読んだが、歴史認識や現実認識に間違いというか思い込みが強く、論に整合性がみられないのは残念だ。
それにこの人は、家族に信頼されたり愛された実感を持てないまま老人になったんやなあと文章の端々から感じ、気の毒でいささか同情の念を覚えた。

ともあれ、憲法に「家族は、互いに助け合わなければならない」と書くなんてもってのほか。憲法の精神を大きく踏み外している。「おまえに言われたないわ」と。

[PR]
# by rurou-no | 2016-10-15 17:21

なまくらを叱咤するかに夏戻り

「秋の長雨」という言葉に含まれる風情をつゆも感じさせない、梅雨のような蒸し蒸しする雨がやっと上がったと思ったら、「夏」がやってきた。
あれぇ、10月といえば涼しい風が吹く秋やったはずなのに、夏へ戻ってしまうなんて、年寄りいじめやないか。歳をとると暑さ寒さに弱くなるねんど。

これはきっと、禿頭を光らせるだけしか能がないなまくらジジイを叱咤している、と捉えて今回の表題となった。なまくらを指摘されれば、誠に申し訳ないと平身低頭するしかないので、本日の駄文はこれまでといきたいとこやけど、せめて秋ならぬ空きを埋めることだけでもせにゃならん。さて、どしたもんやろか。

万博のシンボルだった「太陽の塔」が、耐震改修工事をして再来年3月から一般公開されることになったそうだ。そういえば、オリンピックの次はまた万博やとアホなことを言い出してるヤツがいるとか。ほんまにバカばっかしで困ったもんや。

4年後のオリンピックにしても、招致での数億円の裏取引に始まって、競技場建設の設計変更やエンブレムの盗作騒動など、けしからんことが続いてもその責任はうやむやに。費用は当初の何倍にもなって、結局誰かが税金を貪り喰ろうているのや。

政務活動費の不正や白紙領収書なんて犯罪やで。みんなやってるから問題ない、と子どもみたいな言い逃れを国会でやりとりしている。恥ずかしと思わんのか。
東京都の市場移転の件にしても、とうの昔から豊洲は土壌汚染が半端やないから危ないと言われていた。食べ物を扱う市場にイメージの悪化はわかっていたはず。あかんていうてたやろ、いったい誰が豊洲に決めたんや。誰が儲けたんや。

と、いつの間にか、なまくらが口喧しいジジイになってしまっている。テメエのことを棚に上げて他人の批判をするのは、世渡りの常道なり。
禿頭を低頭すると眩しいてかなんやろから、きばったって。

[PR]
# by rurou-no | 2016-10-07 15:55

繰る稽古汗で咲かせた土俵花

「稽古は嘘をつかない」と、使い古された言葉を今更ながら口に出させてしまう主役の登場だった。大相撲秋場所で大阪出身の大関豪栄道が全勝優勝した。
カド番の常連であり、場所が始まって勝ち続けていても、そのうちに負けると誰もが思っていたに違いない。周りが期待していなかった分、プレッシャーを感じることなく最後まで集中できたのだろう。

稽古の激しさでは定評のある境川部屋である。日々の精進が実を結んだ。
長い間怪我に苦しみ、思うような相撲が取れない土俵が続いた。怪我が癒えてきた今場所は、やっと本来の力を発揮したといえよう。
大阪出身力士では、どちらかと言えば勢の方へ肩入れしていたが、今場所は体調が万全でなく7勝8敗と負け越した。豪ちゃんの次は翔ちゃんやで、がんばりや。

プロ野球パ・リーグは28日、ファイターズが最大11.5ゲーム差をひっくり返して、劇的な優勝をした。選手を第一に考える栗山監督の采配の妙、さらに投打両刀で大活躍した「練習の虫」大谷選手、様々な要因がうまく絡み合って結果を残した。

セ・リーグ優勝のカープと同様、スカウティングを重視し自前の選手を育てたチームの躍進は喜ばしい。残念ながら一時は独走状態にあったホークスには、恵まれた環境による慢心があったかもしれない。

スポーツニュースにうつつを抜かしている間、国会で異様な出来事が起こっていた。
26日、首相が所信表明演説中に「自衛隊員らに敬意を示そう」と促し、自民党議員のほぼ全員が立ち上がって拍手をした。みんなよく見知っている光景やね。
とうとうここまできたか、と暗澹たる思いである。禿頭爺がここで繰り返し戒めてきたとおり、中国や北朝鮮と同じになってしまった。

そのうち、子どもらに「兵隊さんのおかげです」と唱えさせるようになるんや。
前から言っているように、今の政権はこの国のかたちを中国や北朝鮮の体制へ変えようとしているから、絶対に阻止しなければならないのだ。自らの権力を守らんがため、平気で自国民を見殺しにする支配者を決して認めるわけにはいかない。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-30 10:40

1兆の税金食らう蟻地獄

注ぎこんでも注ぎこんでも、底なしの蟻地獄へ消えていく金食い虫を、ただ手をこまねいて見ているだけで、半世紀近くの時間と巨費を無駄にした。
政府は21日やっと、高速増殖原型炉もんじゅ廃炉への方向性を示した。
「夢の原子炉」は本当に夢物語に過ぎなかった。

そもそも、原子力発電は危険極まりないもので、電気以上に生み出す「利権」のために止められないのである。
その利権(決して電気ではない)を維持するために、考え出したのが「核燃料サイクル」という「絵に描いた餅(プルトニウム)」の夢とも妄想ともつかぬ案。
計画段階から実現性に疑問が持たれていた。そして時代遅れの技術になった。

これまで、税金を1兆410億円も投じてきた。維持費が年200億円かかるという。
一度も動いていないし、20年間何もしていないにも拘らずだ。
群がる利権集団が税金を食い荒らし、誰も責任を取ろうしないばかりか、利権を守るための新しい組織を設けるのだと。何をかいわんやである。

原発は「安価な電気」というウソはとうにバレているし、その危険性は誰もが知るところとなった。この期に及んで原発に固執する理由はないはず(利権を除けば)。
事故の原因究明もできないまま、止まっている原発の再稼働を急ぐ政府と電力会社の姿勢は決して許せるものでない。

世の中っちゅうもんは、傍若無人なデタラメが罷り通るところなんかいな。
清廉を求めるウブなジジイは、気持ち悪いだけやてか。
禿頭爺は世のために何の役にも立たなかったけど、せめて次の世代へ公正でちゃんとした社会をバトンタッチしたいだけなんや。

日本列島を荒らしまわった台風16号は、20日に当地では4時間以上も停電するという、久しぶりの経験をさせてもらった。電気がないと何もできない、便利と裏返しの不自由さを再確認し、小さな明かりの安らぎを味わった。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-23 16:01

うれしさは25倍にカープ愛

歓喜の瞬間から、はや1週間経った。実に25年ぶりのリーグ優勝である。
ふだんは野球中継などテレビで観戦することはないが、17日の土曜日だけは違った。
黒田投手が投げて優勝が決まるのを見逃してはなるものぞ、とテレビの前に陣取った。

禿頭爺はパ・リーグファンで贔屓チームはホークスとくるから、セ・リーグに注目するのは異例の事。わが家には熱烈なカープファンがいるのだ。
この日も先取点を入れられた時点で、勝利を確信した。なにしろ今シーズンは「逆転のカープ」がウリ、試合の流れはカープにあり、と勝ったも同然だった。

となるとますます目が離せない。予定通り鈴木、松山連続ホームランと鈴木2打席連続弾であっさり逆転。黒田の力投、タナキクマルの活躍など安心して見ていられた。
先頭に立って練習と自己管理に範を示した、ベテラン黒田選手と新井選手が抱き合って泣いていた姿には、感極まるものがあった。

広島市民の貧乏球団は自前の選手を育て上げ、大企業を親会社に持つ金満球団と渡り合って見事に乗り越えた。ホームのマツダスタジアムで、ファンと選手が一緒に万歳三唱したのも、このチームだからこそである。

個人的には前任の野村監督の功績を称えたい。選手を育てながら試合にも勝つための指導と、納得の采配はここにきて花開いた。とまあ、カープ礼賛はここら辺にして。
対するパ・リーグはホークスとファイターズが「熱パ」絶賛展開中で、まだ予断を許さない状況にある。九州と北海道を本拠にするチーム同士、どっちへ転んでも中央を素通りして日本一を争うなんて痛快やないか。

サッカーのサンフレッチェは、なかなか波に乗れない状態が続く。奇跡の逆転優勝でもすれば、「今年は広島年じゃ」と盛り上がるのに、と夢想してみる。
夏バテ気味の禿頭爺は、スポーツネタでなんとか気力を奮い立たせようとするものの、溶け始めた脳みそでは如何ともしがたい。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-17 20:24

目糞鼻糞を笑う

例によって、困った時に登場するのは『ことわざ故事金言小事典』である。
今回も、例文が面白かったので採用した。48年前の文を無断引用させてもらう。

【白人の探検家が人食い人種の酋長に、二十年ぶりで再会した。「お前たちは、あいかわらず隣の部落の奴らをつかまえては食っているそうだが、この文明の世にそんな野蛮な行為を続けているなんて、絶対に許せない。」と白人いった。酋長はそのいまわししい事実をすなおに認め、改めるよう約束したが、酋長は白人たちの戦争について色々きいていたので、白人に、「戦死した人の処分をどのようにしているか。」を尋ねた。「もちろん、手厚く葬ってやる。」それをきいた酋長は大ゲサに叫んだ。「ほう、もったいない。食べもしないのにわざわざバーベキューするなんて。」】

改めて今読み返すと、比較文化として的を得た内容でもある。
飢えを凌ぐために食べる行為と、支配欲を満たすための大量殺人とでは、どっちが野蛮なのか。「正義の殺人」なんてあろうはずもないのに、敵と味方を作りだして、敵をやっつけることに、疑いもなく喝采を送るのは何故か。

私たちは幼いころから絵本などを通じて、「悪者退治」という概念を刷り込まれてきた。悪者(ワルモン)とは戦って、排除するべきだと教えられた。
その時、自分は常に正しい側にいる。あとは悪者を仕立て上げるだけ。そして思考停止の妄想に世界に身を置いていればよい。「正義」が大手を振る。

巷では、野党代表候補者の国籍問題をとやかくいわれているが、これはこの国に蔓延する「いじめ」の構造そのものだ。外国では二重国籍の政治家なんて珍しくもないし、それで弊害があるわけでもない。問われるべきは政治家として何をしてきたか、これからどうしようとしているのか、であろう。詭弁を弄して国土を荒廃させ、国民の生活と命を平気で切り捨てる政治家、をこそ問題にすべきではないのか。

今回はタイトルと内容がうまくつながらなかった。思いつきの雑文やからしゃぁない。同じ理由で書こうと思っていて、忘れていたことを思い出した。
先月25日は西の空に、29日は東の空に大きな虹が架かった。しかも東の空の方は二重の虹だった。昔ならさしずめ、天変地異の前触れとでも解釈できたやも知れぬな、と想像をたくましくしながら、天の贈り物に遊んだ。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-09 11:07

2度目

金曜日の深夜(土曜日の午前3時半ごろ)、スペクタルな夢から目覚めて「ほっ」とひと息ついた瞬間、「いでででででぇぇぇ!!」と思わず口に出してしまった。
この夏2度目の例の「痛!」の再発だった。こんなこと初めてや。

例年だと、痛み止めと化膿止めの薬で痛みと腫れが収まったら、尿酸値を下げる薬を飲み続けて夏をやり過ごす、という既定のとおりで問題は生じなかった。
これはどういうことや?土曜日(27日)は遠出しようかどうか迷っていた日だったが、それどころやなかった。

体調不良の元である最高値211-137だった血圧は、4月下旬に降圧剤を飲み始めてから高い方は180台~160台~140台と順調に下がって時には120台を記録したものの、夏になるにしたがって再び上昇し、最近は130台から160台を推移している。
今日の昼、連れ合いが計っていたのでついでに計ってみると、173-111だった。
朝は157-107だったから、また高なっている。なんちゅうこっちゃ。

そうそう、手首を刺したハチはミツバチだと思っていたが、舞い戻って悠々と飛んでいるのを観察したところ、どうもアシナガバチのようだ。やれやれ。
草取り中に咬まれたのは死人まで出たというマダニだし、からだにダメージをあたえることが続いた。とまあ、散々な夏になった。

心配していた台風10号は、観測65年にして初めて太平洋側から東北地方に上陸して、東北と北海道は大変な被害となっている。自然災害の怖ろしさは、川の氾濫や山崩れが繰り返されても繰り返されても、小さな存在である人間には太刀打ちできないことである。自然へ畏怖の念を忘れないようにするしかない。

このところ、本棚の本の再読を重ねているが、先月末に読んだ 西加奈子の『通天閣』は、読後感がなんともいえずいい気分だった。作家の物語る力もさることながら、彼女の人柄まで想像できそうで嬉しくなる。そして今再読しているのが、 佐藤泰志『海炭市叙景』。読んでいて、まっさらで汚れのない空気が文字を包んでいるのを感じた。

そんな時、連れ合いから同じ様な言葉を聞いた。職場の同僚が、ある妊婦さんを見て「周りの空気がきれい」と言ったそうだ。似たような感じってあるんや。

[PR]
# by rurou-no | 2016-09-02 16:52 | 病気

ガス欠気味に

処暑は過ぎても、そうそう涼しい風が吹いてくれるほど甘くはない。少し動くだけで禿頭からの湧水は止まるところを知らず、またその流れを調整するあるべきものがないばかりに、流れるにまかせるしかない。どれだけ水分を補給しようとも、禿頭から湧いて出てしまうことになる。
 
この夏は梅雨のない北海道に長雨が続き、台風がこないはずだったのに3つも通過して猛威を振るった。気圧配置の関係と説明されているが、台風の進路は東へ移動し、「台風銀座」という懐かしい言葉を冠されていた紀伊半島は、いまだ台風の上陸がない。東から西へと逆走している10号がUターンして、来週くらいに直撃しそうな気配だけど。

24日、イタリアとミャンマーで大地震が発生し、どちらとも古い町並みが壊滅状態で多数の死傷者が出ているそうだ。
地球という星は、どこにいても安全なところはない。自然災害だけでなく、人間同士の殺し合いがいつでもどこでも当たり前に行われているのだから。

書いていて、地球の心配はわかったから、あが(自分)の心配をせぇ、と思わず突っ込みを入れてしまうくらい、体調が落ち着かない。安静にしていれば、なんとかやり過ごせるものの、薬を手放せないとは情けない限りである。
若いうちは勝手に早死にすると決めて、後先考えずに走り回ったため、どうもここにきてガス欠気味になってきているような気がする。かといって水分補給みたいに簡単にいかないからやっかいや。

新聞訃報欄=【精緻かる品格のある芸でファンを引きつけた人形浄瑠璃文楽の人形遣いで人間国宝の吉田文雀(よしだ・ぶんじゃく、本名塚本和夫〈つかもと・和夫〉)さんが20日午後9時12分、心静止のため兵庫県西宮市の病院で死去した。88歳だった。】
【「戦争絶滅」を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名・武野武治)さんが21日、老衰のため、さいたま市の次男宅で死去した。101歳だった。】

艶なる芸のみならず、文楽の生き字引だった文雀さん。100歳を超えても反戦を訴え続けた、むのさん。どんなふうに歳を重ねていくべきか、それぞれ範を示してくれた。

[PR]
# by rurou-no | 2016-08-26 16:48


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧