一所不住



<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


生温き風捕まえて涼見立て

「こがいに暑いと年寄りにはこたえるなぁ」と、年寄り同士のやりとり。頭がボーっとしているせいか、毎日繰り返している作業の手順をうっかり間違えることが増えてきた。お互い様で、って許し合えるのが、同年齢のいいところ。一級品の貧乏所帯は、気持ちの方に豊かさ求めるしかないので、せいぜい労わり合いながらやっていきたい。

さて、わが家のパソコンは、主に連れ合いが情報収集に使うことが多い。
禿頭爺はあまりインターネットとは懇意でない(モニターの文字を読むのが苦手)。
先日も「ふべんえきってあるの見つけたんやけど、おもしろいで」と教えてくれた。

ん?ふべんえき?頭の中で変換キーをタッチして「不便駅」という文字が浮かんだ。不便な駅を探索する愛好者グループ?酔狂な人もいるもんや。
秘境駅と似たようなもんやろ、と勝手に解釈した。ローカル線で各駅停車しか止まらない。辺境の地にあり時間がかかる。人里からも遠く離れてぽつんと駅だけがある。なんやかやイメージが湧いてきた。うん、不便な駅とはええやないか。

連れ合いは「わたしらふだんからしてることやね」「研究所もあるねんて」。んん?話が噛み合わないのは、年寄り同士ならよくあること。不便な駅の研究とは、はて如何なるものぞ?とパソコンを開いて「ふべんえき」と入力したら、「不便益」「不便益システム研究所」というのが出てきた。不便で良かったことを研究しているそうな。

なるほど、益になるかならないかはともかく、不便を楽しむというか不便を好ましく思っているのは事実である。同じ結果になるなら、手間と時間をかけた方がいい。過程にこそ面白さがあると考える。便利を疑え!と声を大にしたい。

不便益に該当するかどうか、エアコンも扇風機も使わず、ちょっとした風の流れの中に涼を感じるようになったのが表題十七文字だ。じっとしてても汗が滴り落ちるのは避けられないけど、風のない日に空気が動くのを見つける悦びには代えられない。

[PR]
by rurou-no | 2017-07-27 17:04

八百万神の戒め天に穴

近ごろの気象は、過剰な上に攻撃的で、凶暴さを増しているような気がしてならない。
気温が40度近くまで上がったかと思えば、落雷や竜巻を伴う集中豪雨が襲いかかり、時には雹が降ったりもする。山崩れによる土砂災害、河川の氾濫など、列島全体が「異常」という言葉に収まりきらない、人間の想像力を超えた天変地異とはかくや、と思わせる大いなる力に取り込まれてしまったかのようだ。

これは、東アジアの一地域だけに起こっていることではない。世界の各地で同時多発的に発生している現象である。やっぱり地球が壊れ始めたんやろな。ヒトという凶暴な生き物が暴れ回った結果ともいえる。
限界を知らぬ欲望が自らの首を絞めている。破滅するまで止められん中毒患者や。

日ごろは神さんなど特に意識することのないバチ当たりでも、そこは生まれたときから身に沁みついている習慣というか、身の回りに存在するあらゆるものを畏怖する気持ちが自然と備わっている。それを「八百万の神」に置き換えても良い。
度を過ぎた人間の活動を戒めてくれているのではないか、と思ったのが表題となった。

7日、国連本部は加盟193ヵ国中122ヵ国の賛成で「核兵器禁止条約」を採択した。
核保有国は参加しなかったものの、核なき世界への一歩を踏み出した意義は大きい。
一方、米国に同調して、この条約を批判する日本の態度は情けない。被爆国として果たすべき役割があるはずである。その国の民として恥ずかしいし、腹立たしい。

18日、民進党の蓮舫議員は、二重国籍批判をかわすため戸籍情報を開示した。
野党第一党の代表として、彼女の判断は受け入れがたい。何人もその出自によって不利益を受けてはならないはずやのに、こんな前例を作ってしまったらあかん。
むしろ二重国籍云々をいう連中の、差別を助長するような態度を改めさせるべきであり、それこそが今一番しなければならないことだ。蓮舫さん、がっかりや。

[PR]
by rurou-no | 2017-07-20 10:42

最早もう縁も切れるか禿頭爺

先月14日に投稿してから、この1ヶ月は電脳に嫌われたのか、書いた尻から消えていく、の繰り返し。日々のよしなしごとを書き散らすのもままならず、表題のしりとりだけ(表題と1行分の記事は消えなかった)を繋いできた。

さて今日はどうやろかと、疑心を抱えたまま始めよう。
ひと月前の記事で触れた「共謀罪」法は、委員会採決を省略してその日の夜の徹夜国会で15日未明に成立した。決められた手続きすら踏まないで採決強行する与党の在り方は、民主主義を否定するものである。そんな国になってしもたんやなぁ。

法案に賛成票を投じた議員は、ちゃんと責任をとれるのか(法務大臣にも内容が理解できない代物)。とりわけ公明党の諸君は、信仰する創価学会の初代(獄死)と2代目の会長が治安維持法で逮捕された歴史をどう考えるのか。近代史を勉強してないのかい。
とりもなおさず11日、「共謀罪」は「改正組織犯罪処罰法」として施行された。

投稿できなかった3回の間にも、世の中はさまざまな出来事で動いていた。いちいち思い出すのも面倒なので、もうええやろ。禿頭爺自身が消えていたことにする。
それでも一つだけ、今や時の人となっている日本一有名な中学生のことは、書き残さずにはいられない。

将棋の公式戦最多連勝記録を30年ぶりに塗り替える、初登場以来29連勝を成し遂げたのが、藤井聡太四段14歳である。
昨日、大相撲名古屋場所の観戦に彼が現れたとき、土俵上で取り組みが行われているにもかかわらず、観客が彼の姿を見ようと騒然となったそうだ。

その名古屋場所は、御嶽海、正代、北勝富士、そして宇良など、同世代の若手が番付上位でしのぎを削って面白くなってきた。35歳の嘉風も相変わらず元気だ。
こうしている間にも、九州北部の豪雨災害は深刻な状況だし、中国地方や東北地方の豪雨は予断を許さない。そして地震も各地で頻発している。

ここまで書けた。今日だめなら、やめようと思っていたけど、なんとかいけそうや。

[PR]
by rurou-no | 2017-07-13 10:15

微力でもハチの一刺しなれるやも

・・・・・・・・・・
[PR]
by rurou-no | 2017-07-06 08:59


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧