一所不住



<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


恥ずかしや若き日思う本読みて

妙に暑い日が続いて、年の瀬を忘れるほどの気候は、やっぱり変や。
さて、年末恒例(といっても2回やっただけ)の本で振り返る1年。
この1年は傾向として、ときどき新刊本を手にすることはあったものの、再読が多かった。

前半、8月まではとにかく 赤江瀑作品ばかり21冊を数えた。
その合間に 堀江敏幸『燃焼のための習作』や、西加奈子『通天閣』、佐藤泰志『海炭市叙景』など再読し、9月に読んだ新刊 崔実『ジニのパズル』は収穫だった。
10月の再読は、朱川湊人『かたみ歌』、荻原浩『千年樹』、沢木耕太郎『人の砂漠』、五木寛之『風の王国』、堀江敏幸『いつか王寺駅で』など。

11月は再読ばかりで、中道風迅洞『どどいつ入門』、春風亭栄枝『蜀山人狂歌ばなし』、山住昭文『江戸のこばなし』、高木護『辻潤 個に生きる』、一叩人『反戦川柳人 鶴彬』、秋山清『ニヒルとテロル』、高橋新吉『ダダと禅』、森鴎外『ヰタ・セクスアリス』、武者小路実篤『幸福者』。

12月になって、林芙美子『放浪記』、谷崎潤一郎『陰翳礼讃』、川端康成『雪国』、志賀直哉『暗夜行路』、そして今読んでいるのが、田山花袋『田舎教師』。
そうそう、須賀敦子全集から彼女が訳した ジャン・ジオノ『希望をうえて幸福をそだてた男』と、宮沢賢治『虔十公園林』を読み比べてみたことも。

だらだらと再読本ばかり並べてみたのは、読みながら、若いころの自分があまりにも世間知らずで、無鉄砲で、自意識が強かったのを思い出し、恥をかいてばかりの人生やったと感慨深いものがあったから。
特に明治から昭和にかけての文豪の小説は、10代から20代はじめにかけて読んだものだから、性格形成に大きな影響を与えた。中でも『幸福者』の「先生」の清廉な生き方を手本にしようとしたばっかりに、憧れとした無頼派にはなれなかった。

ともあれ、昔読んだ本を書き出すのは、わが身をさらけ出すに等しい感覚である。
まだまだ無知な田舎者の感性を揺さぶった文字列の山は、本棚に控えている。

[PR]
by rurou-no | 2016-12-27 10:58 | 言葉・本

「トモダチ」と「感謝すべき」のあいだには

金曜日の午前中はこの場へ入れてもらえず、午後になってやっと入れたものの、いつもより長文を書いて送ろうとしたら、またも門前払いの上にせっかくの名文(迷文)も消えてしまった。ええい、ブログなんてもうやめたるわ!と、電脳空間との別離を考えたが、思い直して。・・・今日は無事に入れた。

13日夜、沖縄県名護市の海岸へオスプレイが墜落し、大破した。もともと危ないと定評のあったオスプレイだが、配備4年目にして起きてはならない大事故が発生した。
同じ日の夜、もう一機のオスプレイも普天間飛行場で胴体着陸の事故を起こしている。

海岸の浅瀬へ墜ちた方は、民家から300mの所というから、上空からの認識では「民家の軒先」といっていい。ギリギリのところで大惨事にならなくてよかった。
ちなみに乗組員5人も救助されたそうだ。
そして昨日(19日)から、何事もなかったかのように、オスプレイの飛行が再開した。

この事故で改めて明らかになったことは、駐留米軍が日本政府の上にあるということ。
「日米地位協定」があるがため、重大事故にも拘わらず日本の警察も海上保安庁も事故機に近づけない。むしろ米軍を守るため住民を監視する始末だ。
日本政府も米軍の言いなりで、みっともないほど腰が引けている。政府は体面を保つため、沖縄を踏みつけにして恥じない。

事故について在沖米軍トップ、ニコルソン四軍調整官の「住民に被害を与えなかったから感謝すべき」といった趣旨の発言は占領軍意識丸出しで、少なくとも沖縄はマッカーサーの時代から何も変わっていないことを示す。
東日本大震災時の「トモダチ作戦」も米軍なら、「感謝すべき」と言い放つのも米軍であり、悲しいかな日本はその米軍が占領する植民地であるのが実態なのだ。

15日、ロシアのプーチンが来日。手ぶらでやってきた客を至れり尽くせりでもてなし(カモ料理尽くしで?)、手土産をいっぱい持たせて帰らせた。
北方四島の歯舞、色丹、国後、択捉は先住民アイヌの土地である。ロシア領でも日本領でもない。アイヌに返すべきだし、島民が自由に往来できるようにしなけりゃならん。

18日、サッカーのクラブW杯決勝、レアル・マドリード対鹿島アントラーズの試合は、アントラーズ大健闘で見応えがあった。

[PR]
by rurou-no | 2016-12-20 10:16

ベロ藍に画狂老人溌剌と

しりとりに加えて、ひょんなことから「十七文字で」という決め事をしてしまった言葉遊びだけに、本文と直接関連しない表題があっても気にしないように。

4日、テレビ「日曜美術館」で、谷川晃一さんが取り上げられていた。
一度しかお会いしていないが、評論やエッセイに親しみ、色や形が奔放に展開する絵のファンでもあったので、珍しく朝からテレビのスイッチを入れチャンネルを合わせる。

80歳近い年齢でありながら、伊豆高原のアトリエで旺盛な創作活動をしている日常を紹介していた。8年前に宮迫千鶴さんを亡くしてから、一人暮らしをしているそうだ。
森を歩き、自然の中から感性を得て、線をひき色をのせていく作業は興味深い。
写生をすると形に捉われるから写生をしない、というのもうなずける。

インタビューに応える声は(役立たずの耳のせいで)聞き取れないのは残念だけど、お元気な姿を見られただけでも良かった。色違いの同じデザインの眼鏡を洋服に合わせて使い分けたり、自分で料理をしたり、背筋がまっすぐに伸び、きちんと生活をしている。恬淡とした生き方は、その年齢を感じさせない。

そこで画狂老人北斎を連想して、表題となった。
若冲の時代にはプロシアの紺青=プロシャンブルー(ベルリンの藍=ベロ藍)は高価で貴重な色だったが、時代が下って北斎の時代になると安価で手に入れることが容易になったため、北斎『富嶽三十六景』や広重『東海道五十三次絵』など、浮世絵の傑作を彩ることとなった。

ともあれ、番組を一緒に見ていた連れ合いが「また描きたくなってきた」ともらすほど、心境の変化を促す効果はあった。
禿頭爺といえば、今週はずっと体調が悪くて、暇を見つけては寝てばかりなり。

[PR]
by rurou-no | 2016-12-09 11:00 | 美術

擬音ドレ探すミの音皿並べ

このところ三味線、ピアノ、ゴスペルと音楽三昧の連れ合いが、食事のあと2人のご飯茶碗を箸で叩いて、「ドとレの音になってる」と教えてくれた。
確かに「ド」と「レ」に聞こえる。次に「ミ」の音を見つけようと、皿を並べて探し出したのが表題になった。

ふと小さいころを思い出した。ご飯を待つ間、食卓に並ぶ茶碗や皿を叩いていたら、それぞれ違う音が聞こえてきた。面白くてそこら辺にある物を片っ端に叩いていて、行儀が悪いと叱られたことがある。
もちろん、音階などわかろうはずのないガキである。改めて思うに、この時「音楽」を発見した瞬間だったのかもしれない。少なくとも音の違いの面白さを知った。

ちょうどその頃、中米キューバでカストロとゲバラを中心とした「反バティスタ戦線」が、アメリカの傀儡であるバティスタ軍事独裁政権を倒し、革命政府の樹立に成功したことを知る由もない。
新政府の首相となり、その後国家元首の議長となった「反米帝国主義のカリスマ」フィデル・カストロが、25日(日本時間26日)90歳の長命を閉じたそうだ。

禿頭爺には、カストロよりもチェ・ゲバラがヒーローでありアイドルだった。
同世代であるなら、革命家ゲバラのポスターを部屋に貼っていた向きも多かろう。
ゲバラは禿頭爺中学生の時、南米ボリビアでゲリラ活動中に捕えられ殺されている。

キューバの情報は得にくい日本で、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の音楽と映画に出会えたことは、幸運だった。
経済的に貧しくても、大切なものを失わず豊かに生きる人びとの哲学を学んだ。
なんやかやいうても、カストロはんは偉大な爺さんやった。

それに引き換えわが国の政府は、とうに破綻した核燃料サイクルと高速増殖原型炉「もんじゅ」の代りに、新しく実証炉を建設するとかほざいている。
欲にからんで失敗の反省もない無責任さデタラメさに、禿頭が沸騰してきたやないか。

[PR]
by rurou-no | 2016-12-02 10:53


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧