一所不住



<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


鈍色の空朝露に地の揺らぎ

19日、早めの昼ごはんを食べ始めた矢先、足下からズンと突き上げられ、続けて小さな横揺れがあった。
数年前から「近い将来」と聞かされてきたのが、いよいよ現実になったのかぁと思っているうちに、連れ合いが「とにかく外へ出よう」と飛び出したので後を追った。

庭で緊張して次の揺れを待ったが何事もなく、まずは情報やとテレビをつけパソコンを立ち上げた。震源地は和歌山県南部、地震の規模はM5.4、最大震度4(ここら辺は3)で、大した被害はなく収まった。

各地で頻発する地震を知らされるにつけ、南海、東南海地震も近づいているとの危機意識が強くなる。津波がやってきたらひとたまりもない町である。
やれやれと安心していたところ22日朝、福島県沖でM7.4、最大震度5弱の地震があった。気象庁は、2011年東北大震災の余震との見解だが、今日も揺れているそうだ。

20日、日曜日に「文化の秋、美術鑑賞ツアー」と名付け(今、思いついて名付けたばかりやけど)、県庁所在地にある近代美術館へ出かけた。
お目当ては『動き出す!絵画 ペール北山の夢 モネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たち』という長いタイトルの美術展。

マネやセザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、ルノワールなど、当時先駆的な西洋画を雑誌で紹介し、その影響を受けた若き画家たちの展覧会をプロデュースしたのが、和歌山市出身の元祖アニメクリエイター北山清太郎だった。
好きな画家は勿論、名前を知らなかった画家との出会いもあってそれなりに楽しんだはずやったのに、そのあとにあった信じ難い出来事でせっかくの印象が霞んでしまった。

美術館併設のカフェへ立寄ったところ、ここへいちいち書き出しても「そんなことありえへんやろ」と、まともに聞いてもらえないようなことが立て続けに起きたのだ。
そのショックは、夢にまで現れたほどである。しばらくは近代美術館へ行かないようにしよう、カフェへは絶対に入らないようにしよう、と心に誓った。

[PR]
by rurou-no | 2016-11-25 11:04 | 地域

団塊の山高きこそ険し谷

昨夜風呂上がりに「ふぅー、ばったりいた(疲れた)」と口に出したら、連れ合いが「団塊マジックやったんやね」と返してきた。「うまいこと言うなぁ」と禿頭爺。

このところ食事をするとエネルギーの補給より消耗が大きく「ばったりいた」で、寝ると疲れをとるどころか却って疲れが増して目覚めに「ばったりいた」、そして風呂はからだを癒すよりも「ばったりいた」である。何をしても疲れを感じる。

50代半ば過ぎくらいから徐々にからだの衰えを実感するようになり、溌剌と動き回っている団塊世代の先輩たちをみて、「還暦過ぎたら細胞が入れ替わって元気になるんやろ」と勝手な希望的観測をしていた。

そして「谷間の世代」の2人は、目出度く待ちに待った還暦を過ぎた。ところがどうや、何をしても「ばったりいた」を口癖のごとく繰り返す始末だ。
そこで冒頭の「団塊マジックやったんやね」になる。

「風が吹けば桶屋が儲かる」の道理で、戦争に負けて平和と自由と民主主義の世の中になれば子どもが増える。「ベビーブーマー」「団塊の世代」と括られた。この国の成長とともに成長した世代で、とにかく数が多く何事もこの世代を中心にして動いたし、消費経済をリードした。

常に主流にあった彼らが元気なのは当たり前なのだ。それに元気なのは一部の人であっても、数が多いからやたらと目立つ。その何倍もの元気のない老人が引きこもっているのが現実である。と、悔し紛れに分析した。

とにかくこのからだをなだめながら付き合っていくしかないんや。
ぼちぼち、ぼちぼちやっていこらい。

14日、68年ぶりという超特大「スーパームーン」は生憎の雨だったが、翌15日の「十六夜の月」を歩きながらありがたく愛でさせてもらった。

[PR]
by rurou-no | 2016-11-18 15:09

ヒラリーの砕けぬガラス隠し札

よもやトランプが勝てるはずはない、と高をくくっていたのは禿頭爺だけやないやろ。
8日にあったアメリカ大統領選で思わぬ結果が出た。
あの映画監督マイケル・ムーアが予言・警告したとおりになった。

長く権力の中枢で政治家としてのキャリアを積み(だからこそ嫌われた)、経験豊富なクリントンがここまで不人気だったのも意外だった。
もっとも獲得票数は、クリントンの方がトランプよりも200万票ほど多い。ところが各州に割り当てられた獲得代議員数はトランプの圧勝だ。ここら辺が選挙制度のいびつで面白いところ。いずれにせよ次期大統領は、ほんまにやれるのかトランプ、や。

トランプの主な支持者と目される白人中産階級以下の層は、そもそも富の独占をしている張本人がトランプ、そして国境を超えた経済活動が当たり前になっている現代において、時代遅れの内向き自国第一主義を唱えるとますます経済が疲弊していくおそれがある、ことを了解しての投票行動だったのだろうか。

きょうの表題は、想像以上に病んでいる大国アメリカの、女性大統領を望まない「ガラスの天井」と、事前調査に表れなかった「隠れトランプ」の存在を十七文字にした。

それにしても、これほど下品で露骨な差別主義者の大統領が誕生するなんて、と他人事にしてはいけない。この日本もあまり変わらないのだから。
たとえば明らかに差別的意図をもって発せられた言葉を追認、助長する大阪府知事や沖縄北方担当大臣は、その人間性を疑うばかりか即刻公職追放してしかるべきである。

どこもかしこもお寒い限りでやってられまへんなあ。
7日「二十四節気・立冬」、12日「七十二候・地始凍」。南の岬にも日一日と冬の気配を感じるようになってきた。
いかに南の地といえどこれからの季節は要注意、年寄りに冷えは禁物である。それに寒と貧は大敵、誇り高き素寒貧は陽の当たるところを探してウロウロするしかない。

[PR]
by rurou-no | 2016-11-11 14:42

すべからく非戦の誓い「文化の日」

日本国憲法は、1946年11月3日に公布された。
その三大原則とは、「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」である。
憲法公布を記念して設けられた祝日が「文化の日」。5月3日の施行日から逆算して公布日が決められたそうだ。以上は中学校で習ったおさらい。

この憲法が画期的だったのは、「戦争放棄」を宣言したこと。
占領軍が作ったから「押しつけられた憲法」だと、大いなる勘違いをしている輩が跋扈しているが、占領軍は日本政府の「憲法問題調査会」が不首尾で、民間の「憲法研究会」の案を参照して草案を起草した。それをもとに政府が制定作業を進め「改正要綱」が発表された、という流れで出来たものである。

何よりも70年もの長きにわたって、この国の根幹をなし大切に育んできたものを「押しつけ論」に矮小化するのは許せない。当時の人びとが新しい国づくりのため、議論を重ねて生み出したものへ敬意をはらうべきだ。

10月27日、国連軍縮委員会は「核兵器禁止条約」の交渉開始を決議した。
123ヵ国が賛成し、38ヵ国が反対、16ヵ国が棄権したそうだ。議論をリードすべき立場にある唯一の核被爆国日本は反対したという。どないなってんねんや。

宗主国アメリカへ義理立てする、属国日本の立場がこんなところで鮮明になるとは。
70年前、広島と長崎へ原爆を落としたのは、米軍機B-29やで。
忠犬アヘ公のポチぶりは、ここに極まった。「核の傘」なんてとうに閉じてるど。

地球温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」が、今日(4日)発効した。
94の国と地域が締結したというが、日本は出遅れて世界の流れから取り残された。
こんな大事なことを決められないなんて、政府の無策は甚だしい。いったい何やっとんのや。バカの一つ覚えの経済政策も、日銀はとうとう白旗を上げたというのに。

秋が深まり急に寒くなってきた。怒りを熱量に変換してからだの中から温められるやろか。「脱炭素社会」へ、ささやかながら協力したい。

[PR]
by rurou-no | 2016-11-04 16:24


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧