一所不住



<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


ふたり揃って

この白い板の上は、もともと個人的な記録を旨として(時にジジイのボヤキの声が大きくなることはあっても)始めたので、特別な出来事は書いておかねばなるまい。
というわけで昨日、じいさんばあさんはふたり揃って町の開業医に出かけ、待合の長椅子に並んで腰掛ける仲の良さを発揮した。

年1回ある全町民対象の健康診断を何年も受診しないまま過ごしてきた、というよりもそこで病気を見つけられるのがいやで避けてきたのが本心である。
そんな横着な態度はいつまでも続けられるわけがない。わかっていたし、自覚症状もあった。
薬を服用しながらの長生きより、ぽっくり早く逝く方がいいとも思っていたが、ともに暮す相方がいる限り自分勝手はあかんと自省し、考え方を少し改めた次第。なんとか間に合った。

26日、1986年にあった旧ソ連のチェルノブイリ原発事故から30年が経った。アメリカのスリーマイル原発事故は1979年3月28日、日本の福島原発事故は2011年3月11日だ。
30年経とうが放射能は容赦なく、人が住めなくなった町は森にのみこまれていく。
世代が替り、町の記憶が失われることで町そのものも消滅する。
まだ5年にしかならないのに、福島は意図的に忘れられようとされている。

月1回の朝日論壇時評は、今月から小熊英二氏。【「うさぎ跳び」から卒業を】と題して「見当違いの努力」をテーマにしていた。この中で8番目に取り上げられていた論文、高山佳奈子「政治家によるメディアへの圧力は犯罪とならないのか」は、禿頭ジジイも前から思っていたこと。

権力者であることを勘違いしているバカな総務大臣が、いまだに罷免されていないのがどういうことなのか。どう考えても憲法を逸脱し、職権乱用した重大な犯罪だ。
それが問題にならないどころか、マスコミが萎縮しはじめた。民主主義指標23位の「欠点のある民主主義」はこういうところにも出ている。ちなみに「報道の自由度」では72位。5年前、民主党政権時代は11位だったのに、この急落は由々しき事態である。
[PR]
by rurou-no | 2016-04-28 11:38

連なる活断層と南海トラフ

1週間前の14日から始まった熊本地震は、なかなか収まりそうにない。
震度7が2回、6強2回、6弱3回、5強3回、5弱7回など、都合700回を超える余震が続き、その範囲も東へ西へと広がる兆候をみせている。

死者48人、不明者2人、避難者は10万人に近い。避難中に亡くなった人は11人になった。
数字はあまりにも無機質なもので、食べて、糞して、寝るという日常を奪われ、ままならないまま、ストレスを積み重ねている人びとを思うと、心が痛む。

現地では今日は大雨になるそうだ。もう、降り出しているかもしれない。
冷えたからだを温める、こわばったからだをほぐす、疲れた気持ちを楽にしてくれる風呂にも入れないまま、先が見えない避難生活を強いられるしんどさは、想像に難くない。

熊本で起きている事は、この日本列島に住んでいる限り、明日はわが身になるのだ。
この地震を引き起こした活断層は、列島全体にくまなく連なっており、いつどこであっても不思議でない。それに地の下ではそれぞれが影響し合い、次の揺れを誘発する。

「近い将来」の確率の高さが喧伝される南海トラフ大地震は、いよいよ現実味を帯びてきた。
個人的には、津波に浚われて太平洋の藻屑となってしまったほうが世話ないと思っているが、そう簡単にはことは進まないやろ。せいぜい家の下敷きになるのが関の山か。まあ、事が起これば思いもよらなかった事態に直面するはず、と心の準備だけは怠らないようにしなければ。
南米エクアドルでは16日夜に大地震があり、死者は500人を超えたそうだ。

このたびの活断層は西側に再稼動した川内原発があり、東側には7月にも再稼動しようとしている伊方原発がある。2つの原発を結んだ線上にある地面が裂け、断層がずれ、山が崩れた。にもかかわらず原発は何事もなく、どこ吹く風にみえるのは、かえって不気味で怖ろしい。
あろうことか、運転開始から40年を超える高浜原発まで再稼動しようと手続きが進んでいる。
いったい、福島の事故はなんやったんやろ。
[PR]
by rurou-no | 2016-04-21 09:51

利害得失

自分の人生には殆ど関わりのない四字熟語のタイトルは、漢字そのままの意味。
こうした言葉に縁がないというか、近付かない道を選んできた。いわば「ローリスク・ローリターン」で、経済活動にできるだけ与しない立場をとっている。

そんな遠い言葉を引き寄せたのは、12日に告示した衆院京都3区補選の費用が概算で2億6千万円もかかる、という記事を目にしたから。不祥事を起して辞職した議員のせいで、これだけの税金が投入されるのだ。こんなもの当の議員に支払わせるべき、とは誰しも思うところである。さもなくば、次の選挙まで空席にしておいていいのではないか。
2億6千万円あれば実現できる、切実に必要とされている施策は、いくらでもあるだろう。

1996年4月12日、沖縄の米軍普天間基地の返還で日米両政府が合意した。あれから20年になる。5~7年で返還されるはずだった「世界一危険な飛行場」は、今もそのまま手付かずだ。
2004年8月、基地に隣接する沖縄国際大学構内に、米軍ヘリが墜落する事故がおきている。

ここでは一方的に利益を得る日本政府(および本土国民)と米政府、損害を蒙る沖縄県民という構図が成り立つ。日米両政府は、さらに辺野古へ米軍の新基地建設を進めている。
常に日本から犠牲を強いられてきた、沖縄の歴史を思うと理不尽極まりない。

租税を回避して姑息な手段で蓄財に励む世界の要人一族を暴露した、調査報道「パナマ文書」が世界を揺るがしている。口先では偉そうなことをほざいていても、所詮私利私欲しかない連中だ。日本人の名も400件含まれているという。

そんな折、清貧を生きるホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領が来日した。インタビューに答える。
「みんな誤解しているね。私が思う『貧しい人』とは、限りない欲を持ち、いくらあっても満足しない人のことだ。でも私は少しのモノで満足して生きている。質素なだけで、貧しくはない」
「モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。でも違うんだ。そのカネを稼ぐために働いた、人生という時間で買っているんだよ。(中略)簡素に生きていれば人は自由なんだよ」
[PR]
by rurou-no | 2016-04-14 11:01

人間到る処青山あり

世の中は広く、骨をうずめる場所はどこにでもあるから、故郷を出て大いに力を発揮すべし。
前回に書き残していたことを考えていたら、ちょっと大袈裟なタイトルとなってしまった。
地味ながら考えるスポーツとして割と好きなカーリングで、LS北見がカナダで行われた世界選手権において準優勝するという快挙を成し遂げた。

LS北見は本橋麻里選手が当時最強だったチーム青森を離れて、故郷北見に作ったチームである。その看板選手が産休に入り、司令塔であるスキップを託したのが日本選手権4連覇の実力派、藤澤五月選手。彼女も所属していた中部電力を退部し、出身地の北見へ帰って来た。
サードの吉田知那美選手もまたオリンピック後、北海道銀行を抜けLS北見へ合流している。

それぞれに事情や気持ちの揺れなどあったと思うが、カーリング競技を続けるために故郷を出、そして故郷へ帰ってきたメンバーが世界の舞台で大活躍した。常呂町という小さな町が産んだ選手たちが、世界の頂点へ近付いたのだ。
メディアの扱いは小さいけど、もっと誉められてしかるべきである。

年寄りには彼女らの美しい姿は、とてもまぶしい。そろそろ青山(=墳墓)が近い現実となってきた身には、たとえば知那美さんの笑顔や悔し涙は、見ているだけでええもんや。
老人家庭では、自分が死んだら、という話が当たり前のように話題になるからね。
葬儀はしなくていい、戒名はいらない、焼いたあとの骨は適当に処理して、などと。

【訃報欄】日本近世史・近代史、宗教思想史の研究に大きな足跡を残した一橋大名誉教授の安丸良夫(やすまる・よしお)さんが4日午前、東京都内の病院で死去した。81歳だった。(中略)中世史の網野善彦氏や西洋史の阿部謹也氏らと並び、戦後の日本の歴史学界をリードした研究者の一人で、幕末の世直し一揆や自由民権運動など検討し、斬新な民衆運動論を展開した。表層下の民衆意識を把握すべく取り組んだ大本教などの新宗教の研究や近代日本の形成論、歴史学の研究史の再検討など、広範な業績を残し、宗教学や社会学にも影響を与えた。(朝日)
[PR]
by rurou-no | 2016-04-07 10:42


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧