一所不住



<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


永久平和のために

カントの名著は 『永遠平和のために』 とするのが一般的だが、今回参考にした小牧治 『カント』 (清水書院・昭和46年3月1日第7刷発行)に倣って「永久平和のために」とタイトルした。

29日、昨年9月に強行採決で成立した、集団的自衛権を行使できるようにする、安保関連法が施行された。政府は殊更に他国の脅威を煽るが、実際は「戦争中毒国」アメリカの軍隊の指揮下へ自衛隊が入ることを意味する。つまり、いつでもどこでも戦争できる法や。
人を殺し殺される世界への通行許可証を手に入れたようなものだ。

それは、ゲーム感覚で大っぴらに破壊や殺戮が許される、権力者にとって魅惑に満ちた甘美な麻薬世界である。人の命を虫けら同様に扱える喜びは、敵を抹殺することはもとより、味方が殺されていく快感は、常に安全圏にいる権力者ならではのものだ。
ついこのあいだまで指しゃぶりが止められなかった、この国の権力者は力ずくで鍵を壊して窓を開けてしまった。その勢いでドアをも壊そうとたくらんでいる。至高の快楽を手に入れるために。

先日の報道番組で、ドイツのワイマール憲法についてレポートしていた(残念ながらレポートを聞き取れないので画面を見ていただけ)。その中で「あなたは知っていた」という文字が大写しになった。そう、いつの間にか知らない内に、戦争が始まったわけではない。

かつて、大政翼賛会が戦争一色へと国民を洗脳していった過程にも、段階があったはずだ。
メディアが政府の広報機関と成り下がって、国民の意識操作に協力した戦争前夜。まさに今や。
その愚を繰り返そうとしている、この国の姿を知らないとは言わせない。目を背けてはいけない。

スタッフにナチス信奉者がいるのか、忠犬アヘ公は頻りにヒトラーの言葉をなぞっている。ドイツ国民が扇動され喝采を送ったように、この国の国民もそうなると計算してのことだろう。米大統領選の共和党候補がいい例であり、元大阪府知事・大阪市長もそうだった。そして日本首相も。
物事を単純化し、敵を設定して差別的に攻撃するスタイルは、独裁者ヒトラーと重なる。

18世紀の哲学者カントはいう、「人を殺したり、人に殺されたりすることは、人間をたんなる道具や機械とし、人格としての人間の権利にそむくものである」と。
「平和か戦争かの決定権は人民の手にある。そして、戦争の悲惨な犠牲とならなくてはならぬ人民は、容易に戦争をはじめたり、それを永続せしめたりするようなことは、しないからである」
カントの永久平和論は、世紀を超えて現実に即したメッセージである。

         ♪♪ デカンショ デカンショで半年暮す よいよい 
           あとの半年や ねて暮す よーいよーい デッカンショ!♪♪ 
デカンショ節の「デカンショ」は、デカルト・カント・ショーペンハウエルのこととは、この歌を流行らせた西洋哲学かぶれした大正時代の旧制高生によるこじつけらしい。ええやないか。
[PR]
by rurou-no | 2016-03-31 12:10

浮世の苦楽は壁一重

「浮世は廻る水車」 「禍福は糾える縄の如し」 「人生山あり谷あり」 うーん、頭が働かない。
今年は例年以上に花粉症の症状がひどく、鬱々として常に鈍い頭痛、目はしょぼしょぼ、鼻はズルズル、くしゃみは5~6回連発しないと止らないし、夜中に目が覚めたらなかなか眠れず、よって昼間は朦朧としたまま過ごす羽目になる。パソコンを開いても言葉が出てこない。

苦し紛れで、面白いたとえ話でも載ってないかと、前にも引用したことがある 『ことわざ故事金言小事典』 を手にとってみたら、ちゃんとあるある。

「浮世の苦楽は壁一重」・・・人生の苦楽は常に変転してきわまりないたとえ。
八さんと熊さんとは、同じ長屋の壁一つへだてた仲、ところが八さん、富くじがあたって以来、何かにつけて柄にもない成金風を吹かす。狭いわが家に芸者をよびいれ、ドンチャン騒ぎをしたり、金貸しぶったり。これに腹を立てた熊さん、いささか頭が痛くなった。その時、八さんからフグ料理のご招待。熊さんもちろん断ると、一人いい気で食っていた八さんは、毒にあたってコロリ死んじまった。おかげで熊さん命拾いをしたという。浮世の禍福はわからんもんです。

20日「春分の日」に高校の同窓会があった(愚生は不参加)。世話役をした連れ合いから参加者の集合写真を見せてもらい、還暦を過ぎた同級生たち一人ひとりを確かめた。
40数年を経て、顔や体形の変化の中に高校時代の面影を探す。記憶が甦ってくる。
顔の皺や表情に表れるその人それぞれが生きてきた時間、人生のあれこれを思い馳せた。

禍福を乗り越えて集った面々の写真を前にして、自分だったらどんな風に写っていたやろと考えると、一人ひとりが愛おしくなり、それぞれの40数年を聞いてみたい思いに捉われた。
もっとも、これからも同窓会へ参加することはないやろし、集合写真などは禿頭がハレーションを起して写真屋さん泣かせになるから、みんなに迷惑をかけない賢明な選択である。

ともあれ、その日は2次会、3次会と連れ回され午前様となった連れ合いは、次の日も久しぶりに会った友だちと遠方へドライブに出かけたりして楽しかったみたいで、メデタシメデタシ。
[PR]
by rurou-no | 2016-03-24 11:45

択言択行

「択言択行」・・・善悪を区別して選び抜かれるべき言葉と行いのこと。(goo辞書)
大津地裁(山本善彦裁判長)が9日、再稼動した関電高浜原発3、4号機の運転差し止め仮処分決定を出したことにより10日、稼働中の原発が止った。
福島原発事故の原因が解明されないまま新規制基準を定めた規制委の姿勢に不安を覚える、地震・津波への対策や避難計画に疑問が残る、住民らの人格権が侵害されるおそれが高い、と極めて道理にかなった判断を下している。

新聞連載記事『プロメテウスの罠』の中で、若松丈太郎さんの名前が出ていた。「原発事故を予言した詩人」として知られるが、若松さんは「私は予言者ではまったくない。ただ観察して現実を読み解こうとしただけ」と冷静に話す。影響を受けた詩人に金子光晴の名をあげた。
金子光晴 『おっとせい』 (部分抜粋) 
   みわたすかぎり頭をそろえて、拝礼している奴らの群衆のなかで、侮蔑しきったそぶりで、
   ただひとり、反対をむいてすましているやつ、おいら。おっとせいのきらいなおっとせい。

若松丈太郎 『神隠しされた街』 (抜粋)
   四万五千の人びとが二時間のあいだに消えた
   サッカーゲームが終わって競技場から立ち去ったのではない
   人びとの暮らしがひとつの都市からそっくり消えたのだ
  (略)
   鬼ごっこする子どもたちの歓声が/隣人との垣根ごしのあいさつが
   郵便配達夫の自転車のベル音が/ボルシチを煮るにおいが/家々の窓の夜のあかりが
   人びとの暮らしが/地図のうえからプリピャチ市が消えた
  (略)
   原子力発電所中心半径三〇kmゾーンは危険地帯とされ/(略)
   半径三〇kmゾーンといえば/東京電力福島原子力発電所を中心に据えると
   双葉町 大熊町/富岡町 楢葉町/浪江町 広野町/川内村 都路村 葛尾村
   小高町 いわき市北部/そして私の住む原町市がふくまれる/(略)
   私たちが消えるべき先はどこか/私たちはどこに姿を消せばいいのか
  (略)
   ツバメが飛んでいる/ハトが胸をふくらませている/チョウが草花に羽をやすめている
ハエがおちつきなく動いている/蚊柱が回転している/街路樹の葉が風に身をゆだねている
   それなのに/人声のしない都市/人の歩いていない都市
   四万五千の人びとがかくれんぼしている都市/鬼の私は捜しまわる
   
   幼稚園のホールに投げ捨てられた玩具/台所のこんろにかけられたシチュー鍋
   オフィスの机上にひろげたままの書類/ついさっきまで人がいた気配はどこにもあるのに
   日がもう暮れる/鬼の私はとほうに暮れる
   友だちがみんな神隠しにあってしまって/私は広場にひとり立ちつくす
  (略)
   雑草に踏み入れる/雑草に付着していた核種が舞いあがったにちがいない
   肺は核種のまじった空気をとりこんだにちがいない
   神隠しの街は地上にいっそうふえるにちがいない

   私たちの神隠しはきょうかもしれない
   うしろで子どもの声がした気がする/ふりむいてもだれもいない
   なにかが背筋をぞくっと襲う/広場にひとり立ちつくす      (1994年8月)  

[PR]
by rurou-no | 2016-03-17 10:56 | 言葉・本

「御熊野」やのうて「三熊野」やった

この地方にひらがな表記の「みくまの農協」と「みくまの支援学校」がある。この「みくまの」は「御熊野」のことだと勝手に思い込んでいた。正しくは熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の「三熊野」からきてるんやね。確かめていないけど。

紀伊半島の南部は一帯を「熊野」と表して、西側は「口熊野」で、東側を「奥熊野」と呼ぶ。
熊野の真ん中にあるのが前記の熊野三山。そこで禿頭ジジイの思い違いは、この熊野三山周辺域を敬称付きで「御熊野(みくまの)」とするのだと思ってたが、そのまま「三熊野」なんや。
「御熊野」は素直に「おんくまの」でよろし。古文書の「御」の読み方はややこしのでかなん。

連れ合いが図書館から借りてきた 『熊野の廃校』 は和歌山大学の中島敦司、湯崎真梨子両教授による熊野地方の廃校を調査したもので、廃墟マニアにはたまらん内容となっている。
本のタイトルから「みくまの」の勘違いを思い出して、今回のタイトルとなった。

まえがきによると筆者らは、「防災拠点としての活用方法を探る」動機で廃校調査を始めたところ、「魅了したのは廃校と密接に関わる土地の風土、集落の盛衰、地域社会のありようだった」そのため、「明治の創設期に至るまで、立地場所の変遷を追跡し辿るという膨大な作業に向かうことになった」。熊野地方の廃校跡をあまねく訪ね歩き、地域社会の変遷史にまで踏み込んだ貴重な資料集である。

お上の御達しとはいえ、明治期に子どもの教育のため地域社会が出資して学校を設立した。
いつの時代でも地域とともにあり、人の移動による開校、閉校もまた地域の事情に左右された。
熊野の山中を歩いていると、子どもがいなくなった山間地に、廃屋同然で放置されたままの廃校を目にすることも少なくない。

一方で筆者らは、作られた田舎のイメージとノスタルジアによる、補助金頼みの安易な廃校利用へ警鐘を鳴らす。本の帯に「村から人が消え、学び舎は廃校になった。だが、どんな辺境でも、地域が活き活きと存続した事実は永久に刻印される。」とあった。そのとおりや。

もっともこの禿頭ジジイの場合は、廃村や廃校跡に立って、人びとが暮した痕跡や子どもたちの(聞こえていたはずの)声などから、想像をたくましくするのが好きな変人にすぎない。
[PR]
by rurou-no | 2016-03-10 13:18 | 地域

ポセイドンは海の神

アレルギーとカレンダーは関係あるのやろか?カレンダーが2月1日になるのに合せて、自覚症状を覚えるようになり、徐々に静かに潜行する感じで「その時」を待っていた。そして1枚めくった3月1日、ついに堤防決壊。今年も憂鬱な季節の到来である。

しりとりなんて後先考えずに言葉を発するから面白いのだけど、ときに困ったことになる。
前回「ぽ」で終わるやなんて、とボヤいても自分のせい。そこで先月読んだ書名を拝借して 『ポセイドン変幻』 とするつもりが、「ん」では具合悪い。こうなったらと大風呂敷を広げ、ギリシア神話からタイトルに。ポセイドンは海洋の支配者であると同時に地震を司る神でもある。

2月のある日ふと、赤江瀑を再読してみようと本棚の文庫本を手にとったら止められなくなって、次々と読む羽目になってしまった。
『花酔い』 『オイディプスの刃』 『ニジンスキーの手』 『遠臣たちの翼』 『海峡』 、月が替わって 『妖精たちの回廊』 を読み、続いて 『青帝の鉾』 を読み始めたところだ。

赤江作品に夢中だったのは、主に30代の日々。
「清冽なリリシズム」(ポセイドン)、「妖美華麗なロマンの世界」(オイディプス)、「妖美華麗な蠱惑の作品集」(ニジンスキー)、「妖しいまでの美意識に充ちた」(遠臣)、「妖美の世界に耽溺する魅惑の」(妖精)など、本のカバーに記されたまま、馥郁とした香り、玲瓏たる響き、豊潤なるイメージに満ちた、作家の耽美、絢爛の美意識に心を奪われた。

世阿弥の『花伝書』『花鏡』、歌舞伎役者、ダンサー、石工、漁師、画家、刀剣、鯉、書、刺青、陶、花、など主題となるのは「美」をとことん追求する主人公とその周辺の人びと。異形の者たち。同性愛を思わせるほどの濃密な人間関係。エロスとタナトス。美と死は近縁にあった。
猛毒のジギタリス(花酔い)に、やられてしまったのだと思う。

いつか読み返そうと置いていたのが今になった。30年ぶり、値段は300円台が中心、内容を鮮明に覚えていたのもあれば、すっかり忘れていたのも。まだようけあるけどどないしょ。
音楽も10代、20代のころ耳に馴染んでいたのを聴くことが多くなってきている。
老眼と難聴なにするものぞ、と意気軒昂の老爺か、それとも店じまいの支度か?
[PR]
by rurou-no | 2016-03-03 11:42 | 言葉・本


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧