一所不住



<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


レジェンド

「外来語」という言い方は今でもあるのかどうか、外国の言葉がカタカナの日本語として定着する過程において、その言葉が大安売りされ、本来の意味から離れてしまうことがままある。
「レジェンド」も日本語になってきたあたりから、レジェンドの値打ちが下がってきたように思う。
言葉の安売りは慎まないと、賛辞が賛辞でなくなりかねないから注意していただきたい。

26日千秋楽を迎えた大相撲7月場所を最後に、角界のレジェンド2人が現役を引退する。
最年長37歳で幕内優勝した旭天鵬(40)と、関脇在位17場所を誇る若の里(39)である。
92年3月場所に初土俵を踏んだ同期として23年もの間、第一線で活躍した2人は好角家の記憶の中で長く語り伝えられるだろう。若の里は地元青森巡業が引退の花道となるそうだ。

24日付の新聞でその死を知らされた、哲学者で評論家の鶴見俊輔さんも「レジェンド」と称えられるべき人だった。市民運動の現場で、ある時は全面に立ち、ある時は後ろに控え、またある時は下から支え、とさまざまな局面において力となってくれた。「ツルシュンがついてくれている」という思いが、どれだけ励みになったことか。リベラル思想の巨星だった。享年93歳。

盛り上がりを見せる若い人たちのデモに、鶴見俊輔のDNAがしっかり受け継がれていると感じる。また、その系譜の継承者たる「京大有志の会」が声明書を発表した。長くなるが引用する。

   戦争は、防衛を名目に始まる。
   戦争は、兵器産業に富をもたらす。
   戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

   戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
   戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
   戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

   精神は、操作の対象物ではない。
   生命は、誰かの持ち駒ではない。

   海は、基地に押しつぶされてはならない。
   空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

   血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
   知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

   学問は、戦争の武器ではない。
   学問は、商売の道具ではない。
   学問は、権力の下僕ではない。

   生きる場所と考える自由を守り、創るために、
   私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。
                             自由と平和のための京大有志の会


[PR]
by rurou-no | 2015-07-30 14:21

チャンネルのズレ

しりとり遊びも、時として続きが出てこないことがある。パソコンを開いて、さて次は?で固まったまま呆然とすることも。今日はそんな日で「ちゃ」かぁ、「茶番劇」で国会ネタという手もあるが、ぼやいてばかりでみっともないし、と気が進まない。そこでひねり出したのが「チャンネルのズレ」。

今朝の5時半、目覚ましを止めた連れ合いがいきなり本の話を始めた。まだ頭がぼーっとしたままで、読んだ小説の感想を語り合うじいさんばあさんもどうかと思うが、柴崎友香の 『パノララ』 はそんな本だった。どうやら、じじばばの頭のチャンネルもズレているんやな、と。

気弱で自己表現がうまくできない主人公の真紀子は、貰ったカメラでパノラマ写真の撮影にはまる。そこに生じる時間のズレや空間の歪みがこの小説全体の基盤となっている。
柴崎さんはなんでもない日常の風景を淡々と描写するだけで、住宅地の路地さえも特別なものに変えてしまう筆力がある。そして登場人物の設定に人間観察の鋭さを思わせる。

過干渉の母親から逃げている真紀子。彼女が間借りする木村家は裸族の父将春と女優の母みすず、料理上手の文、ラーメン好きのイチロー、女子大生の絵波という構成で、増築を重ねた家はいびつな構造になり、いくつもある階段がそれぞれの部屋をつないでいる。
一見風変わりな家族だが、読み進めていくうちに個性が際立ってそれぞれが勝手にやっているこの家族がまともに見えてくる。

対比としてカリスマ映像作家吉永が主宰する映画サークルと彼を信奉する若者たち、そして吉永の妻・繭子らの擬似ファミリー的な集団。そのワークショップへ参加する真紀子と絵波。
価値観を共有する閉じられた世界にあって、カリスマを妄信する若者たちの危うさ。
真紀子は同じ日を繰り返す体験をする。文は新しい地へ出発する。

この小説は何度も立ち止まって、自分の来し方を振り返った。社会という大きなシステムの中で常に違和感を抱えて生きてきた。「常識」や「当たり前」のことに馴染めず困惑してばかりいた。それはちょうどパノラマ写真の歪みの部分であったような気がしないでもない。周りの人と少しばかりズレていて、うまく合わせられないままこの歳までやってきた。

もしかしたら誰もがそんな違和を感じながらも、なんとか取り繕っているだけかもしれない。
そんなことをふと考えてみる。折り合いをつけていかなあかんのやな。
[PR]
by rurou-no | 2015-07-23 15:04 | 言葉・本

えらいこっちゃ

昨日の衆院特別委で「戦争法案」が強行可決されてしまった。
敗戦の反省から二度と戦争は起こしてはならない、と定めた平和憲法がないがしろにされた。
戦後70年、営々と築き上げてきた不戦への信頼、諸外国から尊敬の念さえ抱かれていたこの国の美点がいとも簡単に覆されるとは、暗澹たる思いだ。

敗戦を認めたくない、反省しないと駄々こねていないで、ちゃんと勉強せんかいっ。
動かしようのない事実があり、悲惨な実態を知れば、また戦争なんて出来るはずもない。
「戦後(平和)体制からの脱却」と、戦前の全体主義国家への回帰を公言していた「バカのアベ」は得意満面であろう。こんなんに権力を持たせたツケは、これからどんどんやってくるぞ。

主権在民という憲法の根幹を壊し、異論の尊重と相互理解が肝である民主主義を、数の多少へと矮小化してしまった。異論を封じ込め、テメエらだけの言論の自由を主張する滑稽さを見よ。
質問に応えようとせず誤魔化しや言い逃れに終始した「丁寧な説明」。一見多弁ではあるが、空疎な言葉の羅列で何も語っていないのは、ニュースの字幕を読めば一目瞭然だ。

「不良に殴られそうなアソウくん」のたとえ話には、開いた口が塞がらなかった。火事場の話はたとえにもなっていない頭の悪さだけが目に付いた。どっちもレベルが低すぎて情けない。
こんな連中の尻拭いをするのは、いったい誰やと思ってんねや。
米軍基地の沖縄、原発の福島、犠牲になるのはいつもそこに住む人びとである。

私欲と自己愛だけの権力者は、一刻も早く辞めさせなければならない。
なにか有効な手立てはないものか、と自らの不甲斐なさがやりきれない。

外は台風11号の影響で大荒れだ。大粒の雨が横に降っている。
この1週間は急に真夏がやってきた。月曜日、庭木の剪定中に油断していて、強い日差しに焼かれた腕が火傷状になってエライ目にあった。南の地では夏に外で作業をする時、長袖は必需品であるという常識を忘れて恥ずかしい限りなり。
[PR]
by rurou-no | 2015-07-16 14:26

相撲節会(すまいのせちえ)

こんなに長い梅雨は知らない。お日さんが仕事を忘れたとしか思えないくらい、雨雲の長逗留で鬱陶しい日が続く。例年なら暑さをぼやいている時季に寒さをぼやくなんて、ほんまに7月かいなと文句の一つも出ようというもの。地球の生態系が壊れてしまったんやろな。

各地の集中豪雨は、半端やない雨量を記録している。台風が3つも同時発生なんて、これまで聞かなかったことが起きている。地震に火山の噴火と、この列島は沈没寸前なのか。
今日やっと雨が上がり、厚い雲の隙間から懐かしい青空がちょっとだけ見えた。

さて「相撲節会」とは、奈良・平安時代、7月7日七夕に宮中で行われていた年中行事である。
贔屓力士だった豊真将関が大河ドラマへ出たのは、これやったんやね。
いよいよ、新大関照ノ富が話題を集める名古屋場所が、12日に初日を迎える。

スポーツつながりで、この1ヶ月楽しませてくれたサッカー女子ワールドカップのことを少し。
試合開始時間がこちらの早朝だったおかげで、日本代表チームの全試合をテレビ観戦できた。
老人は早朝に強いからね。それに主のいない母屋のテレビを勝手に見れるし。

グループリーグは試合内容も低調で、それほど強くないのがバレた日本代表、というよりも他のチームがレベルアップして力の差が少なくなってきたのだと思う。それでも決勝トーナメントでは試合巧者ぶりを発揮し、負ける気がしないまま順調にアメリカとの優勝戦まで勝ち上がった。

結果は準優勝。ランキング4位という現実。独・米・仏上位3国との実力差は歴然としていた。
組み合わせに恵まれたとはいえ、W杯準優勝はすごいことだ。チームワーク、献身的なプレー、美しいパスサッカー、等々印象に残るシーンはいくつも挙げられる。鉄壁のセンターバック、安心して見ていられた舵取り役のボランチ、攻守に活躍したサイドバック、それぞれが出し惜しみしない働きをした。彼女らへ手厚いサポート体制を、もっと考えてもらいたい。

突出して膨大な予算となる新国立競技場建設が強行されようとしている。競技場は競技者のためにあるべきなのに、建築家のデザイン優先はそもそも本末転倒であるし、決定に至るまでの過程も不可解なまま明快な説明がない。建設費用も、本来なら地域スポーツの環境整備と充実のための分まで取り崩して、スポーツ文化向上の足を引っ張る。いったいだれを喜ばせたいんや、デタラメがまかり通っているのだ。バカの首に鈴をつけて止める手立てはないのかい。
[PR]
by rurou-no | 2015-07-09 12:07

泥中の蓮

先月は月初めに中上健次を読んだばかりに、その小説世界の大きさに圧倒されて、他の作家を読めなくなってしまった。本を開きはすれど、なんともつまらないのだ。中上だけ読んでいれば事足りると思ってしまうほど、はやりの言い方を借りると「中上ロス」に陥ってしまった。

そんな時に読んだのが、早川義男の 『たましいの場所』 。おかげでなんとか元に戻れたようだ。
続けて、中島京子の 『長いお別れ』 と 『かたづの!』 の2冊。彼女の小説は行間を読むのが大変面白い。 『イトウの恋』 『FUTON』 『ココ・マッカリーナの机』 『均ちゃんの失踪』 『平成大家族』 の順番だったか、著作のほとんどを読んでいるが、どれもニヤリとさせ外れることはない。

今回のタイトルは 『かたづの!』 の主人公である清心尼から連想した。江戸時代に実在した女大名をモデルとして民話や伝説など織り交ぜたファンタジー色溢れる内容だった。
戦で死ぬことこそ武士の誇り、とばかりに血気盛んな配下の者を理知で説得し、争いを避ける女城主。最悪を回避するため理不尽なことさえも受け入れて、領地の民とともに生きようとする。

『小さいおうち』 と併せて、この時代のこの国の状況に対する著者の強いメッセージを感じる。
といっても大っぴらに主張するわけでなく、あくまでも豊穣な内容の小説なのだ。
清心尼が「戦だ、戦だ」といきり立つ手下を抑えたあと、一人になってから「莫迦、愚か者、間抜け」など(手元に本がないので正確でない)罵詈雑言を言い放つ様が痛快である。

問題が起きたとき、戦いで決着をつけようとすれば多くの命が奪われる。知恵を駆使し話し合いで相手を納得させ解決を探る姿勢は、そのまま現代社会でも通用する普遍的な命題だ。
知性なき権力者は戦いを好む。そこには血を流し命を奪われる人びとへの想像力はなく、常に安全圏にいて権力欲を満たす自分のことしかない。

清心尼の爪の垢を煎じて飲ませたい、阿呆のなんと多いことよ。
せめて 『かたづの!』 が広く読まれるよう願う。
[PR]
by rurou-no | 2015-07-02 14:49 | 言葉・本


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧