一所不住



<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


けんげしゃ茶屋

前回告知どおり冬になった。この週末からまた夏になるそうだ。「三寒四温」「花冷え」なんて季節を表す言葉も、傍若無人の気象に追い払われて居場所を失ったのかもしれない。

上方落語の、というよりも上方芸能を象徴する存在であった桂米朝さんが、19日に亡くなったそうだ。89歳だった。今日、告別式が行われているはずである。

上方落語を愛好し、一時期は米朝一門が出演する落語会へ頻繁に出かけていた禿頭ジジイとして、ここはやはり落語の葬儀ネタ?で追悼したい。
2回続けて葬儀ネタやなんて縁起でもない、と思われるのはごもっとも。
ところが米朝噺の一席は、茶屋遊びに飽きた旦那が趣向を変えて楽しもうと、正月に馴染みの茶屋で葬礼のいたずらを仕掛けるというもの。

「けんげしゃ」とはゲンをかつぐ人のこと。マクラで語句の解説があってからネタに入る。
旦那がけんげしゃの茶屋へ出かけ新年のお祝いを聞く間もなく、茶屋の母娘が死んだ夢を見たと話し出す。そしてことごとくをゲンの悪いほうへもっていこうとする。

屠蘇を土葬、おせちの黒豆は苦労豆、数の子は貧乏の子沢山、昆布巻きは棺巻き、「棺巻きてなんでんねん」「棺桶を布で巻くやろ、中から死人(しにん)が顔を出してる」「ニシンでんがな、嫌やわぁ」・・・
「初詣で天満の天神さんへ行きたいなぁて」「菅原道真公、あの人は無実の罪を着て大宰府へ流されて1人寂しゅぅ死んだ」「木津の大黒さんへ行きまひょか」「大黒さんは大きに黒ぅ(くろう)すると書くなぁ」「戎っさんにするわ」「戎っさんは耳が遠ぉて目が近い」

そこへ前日の打ち合わせどおり葬礼の行列がやってくる。「冥土から死人(めぇどからしぶと)が迎えに来ました」「京都の御影堂(めぇど)に住む渋谷藤兵衛、略して渋藤(しぶと)や」
ミナミの芸妓衆、一竜と芝竜へは「生霊と死霊かいな」、絹松と小伝は「死ぬ松に香典か?」

徹底して縁起の悪い言葉遊びに終始する一席である。
最後は幇間が「あー、めでたいっ」としくじって、サゲとなる。
米朝さんといえば 『地獄八景亡者戯』 。あの世でも亡者たちを笑わしてるやろな。
[PR]
by rurou-no | 2015-03-25 14:27 |

向う付け

1週間前は、この冬(もう春になっているけど)一番の冷え込みとなったが、昨日はまるで夏の陽気だった。今日も同じくらい暑い。来週はまた冬へ戻るとか、こう夏と冬を行ったり来たりでは体がもたない。春らしく穏やかな日であってほしいとの願いは、もはや叶わぬことなのか。

「温暖化の影響」という説明はわかりやすいが、簡単に納得しきれないもどかしさは残る。
地球全体の気象がおかしくなっているのだ。南太平洋のバヌアツでは過去最大級のサイクロンに直撃されて、甚大な被害が出ているらしい。島が孤立して情報もなかなか伝わらない。

今日は彼岸の入り、昨日は遠戚の葬儀があった、というわけで上方落語の葬儀ネタをタイトルにもらった。「向う付け」(「三人無筆」)は、葬儀参列者の名前を帳場(受付)の者が記していた時代に、無筆の(字が書けない)3人が帳場を任されたことから起きるドタバタの一席。

ここでの「向う付け」は、会席料理の「向付」とは違って、芳名録へ参列者がそれぞれ自分で名前を書く「銘々付け」のことを指す。
義務教育制度以前は無筆の人も珍しくなかった。しかし昔の人は無筆であっても、決して無学(ものを知らない)ではなかったと思う。人として生きる知恵はだれもが身に付けていた。

振り返って現代人はどうだろうか、誰でも字を書けるようになった(正しく書けるかどうかは別にして)。一方で「知」の領域は明らかに劣化している。常にスマホやパソコンが手元にあり簡単に答えが出せることに慣れてしまって、調べたり考えたりをしなくなった。思考停止状態に陥っているのである。「学問」や「生活の知恵」なんて言葉も死語になってしまったか。

あまつさえ、無知で単細胞脳のバカどもが権力を牛耳る社会にあってそれが標準化され、恥知らずで傲慢な知性なき集団が形成されるに至ってしまった。国会での「八紘一宇」発言を咎めることもできない、平常な感覚が麻痺してしまう恐怖の時代になった。
その責任の一端を担っていることは、まことに不本意であり次世代に面目ない。

日本原電敦賀1号、関西電力美浜1号、2号、中国電力島根1号、九州電力玄海1号、計5基の原発廃炉が決定した。算盤勘定が合わなくなったからだとさ。もともと原発はコストもリスクも高い厄介物。放射能に汚染された廃棄物の処理や使用済み核燃料の保管の問題など放置したままで、税金を注ぎ込んで稼動していたに過ぎない。これで無責任体制が露わになるぞ。
[PR]
by rurou-no | 2015-03-18 14:20

ロスタイム

立春も啓蟄もとうに過ぎたのに、今朝は今シーズン一番の冷え込みとなった。本来なら桜が開花してもいい時季に、なんちゅうザマや。北の地方は猛吹雪で怖ろしい事態になっている。

さて、先日連れ合いが追いついてきて、わが家は目出度く還暦家族となった。
互いに身体の衰えを自覚するたび、年齢にその因を求めて「しゃあないなぁ」となるのを常としているが、避けられない老化を面白がるくらいの気概は持っていたいと思う。

「あと10年くらいは生きたいな」「それは古来稀なる長生きや、充分楽しい人生やったからいつ死んでもええ」と会話を交わす、朝の時間(夜でも構わないが)こそ大切にしていきたい。
と、ここで「人生のロスタイムに入ったんやな」と唐突に思いが巡った。或いは延長戦か?

1トライ1ゴールで7点が追加されるラグビーでは、ロスタイムで劇的な逆転がしばしば起こるから、最後まで目が離せないし、観戦の醍醐味でもある。
7日に今季が始まったばかりのサッカーでも、テレビ観戦したガンバ大阪とFC東京の試合でロスタイム(アディショナルタイム=追加時間)に東京の武藤選手がシュートを決めて引き分けた。

もっとも人生のロスタイム又は延長戦で、こうした逆転劇はあまり期待できない。
日々失われていく体力と気力、赤瀬川原平さん曰く「老人力がついてくる」というのは、残された時間に足し算はなく引き算ばかり、と知ることかもしれない。

今日は4年目の「3.11」になる。新聞に「避難生活23万人」と出ていた。信じ難い数字である。
復興は「目に見える形」を優先するあまり、大型工事ばかりで住民は置き去りにされたままだ。
この国は、表面だけ取り繕った神戸での愚を東北でも繰り返そうとしている。

原発事故を起こした東電は、リスク管理を怠った責任を今に至るも問われないままで、相変わらず汚染水を流し続けている。政府の態度は事故はなかったことにしたいのが透けて見える。
「死の町」となってしまった所に住んでいた人びとは、棄民に等しい扱いである。

ここへきて、タイトルを「ロストワールド」としてもよかったと気付いたが、余白が少なくなった。
失われていく世界は、もう取り戻せないのか。光明は見出せない。
[PR]
by rurou-no | 2015-03-11 13:12

高校生のころ

目は口ほどにものを言う、耳は目ほどにものを覚える。
前者の格言を、個人的な実感で勝手に言い換えた。

何年かぶりで会った人の顔を見ても思い出せなかった名前が、声を聞いたとたんに思い出す。何十年かぶりにかかってきた電話の声で、それまで思い出したこともなかった人とその時代にタイムスリップする。どちらも経験があって、耳の記憶のよさに恐れ入ったのを覚えている。

耳が仕事を怠けだしてから、前ほど音楽を聴かなくなった。もちろん年齢的に音楽への欲求が少なくなったのもあるけど、所有するCDの音が(再生機器の違いを別にしても)微妙に違って聞こえるのが要因の一つでもある。聞き取れる音と聞き取れない音にバラツキがあるのだ。

そんな不揃いな聞こえの耳でも許容できる楽しみを最近見つけた。パソコンの蜘蛛の巣の中で巣くうYouTubeというやつだ。ここで古い音楽(生まれる前を中心に)をよく聴いている。
もとより録音がよいとは言えないし、パソコンのスピーカーで聞く環境だから、音質には目をつぶるのが前提である。近ごろ、これにすっかりはまっている。

そこで数日前、一世を風靡した「学園ソング」に行き当たった。『高校三年生』『修学旅行』『学園広場』『仲間たち』『君たちがいて僕がいた』など、一緒に歌えるほどよく覚えていた。当時はまだ小学生だったが、高校生になると歌のような世界が待っていると信じて憧れたものだ。

そして高校生になってどうだったのか、実はよく覚えていない。今や同級生からあんなことがあった、こんなことがあった、と言われてやっと思い出す有様で、中には思い出せないこともある。
良くも悪くも現実の時間を生きたのやし、ええことだけ覚えてればええんや、と今やから言える。

懐かしい高校生時代も遠くなり、還暦の同窓会を開く年齢になってしまった。
連れ合いは世話役を引き受けて忙しくなりそうだ。禿頭ジジイはパソコンの前で甘美な思い出(なかったとしても)に浸っているとしよう。
[PR]
by rurou-no | 2015-03-04 11:49


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧