一所不住



<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


頭寒足熱

真冬でも素足に下駄履きだったころの反動か、すっかり冷え性のからだになってしまった。
気温が下がるにつれ足元、手先、背中、首筋、腰と、冷えは容赦なくじわじわと押し寄せてくる。
近ごろは、子どものころ親から教えてもらった「頭寒足熱」を呪文のごとく我が身へ言い聞かせて、寒さに備える日々である。年齢とともに耐性が弱ってきているのを自覚せざるを得ない。

例年より寒さが厳しい(友人が住む北見市は、な、なんとマイナス17度!やて)年末となり、貧乏人にはつらい状況だ。
エネルギー問題もさることながら、家計節約のため十分な暖房もできないまま着膨れした姿を笑いあうじいさんばあさんは、毎日風呂でからだを温められるありがたさを噛み締めている。

今年は伯父、従姉、従兄の奥方など身内に不幸が続いた。一方で、孫が2人誕生している。こうして順番に交代しながら人間社会が築かれ、人類の誕生から現在まで途切れることなくやってこれたのやなぁ、と思わず感慨に耽ってしまう。

今、地球という星に生きている私たちは、このかけがえのない環境を未来へと渡す責任がある。
私利私欲のため、すべてが有機的につながっている生態系を壊してはならない。

なのにどうして、民は間違った選択をするのか。正論はいつも隅へ追いやられる。
原発事故から避難した人たちの存在は忘れられ、事故原因の究明や被害者の補償はおろか「脱原発依存」は白紙に戻された。新設の検討に至っては何をかいわんやである。
「日米同盟強化」という名目で、沖縄の米軍基地問題もアメリカの言いなりだ。普天間飛行場移転どころか、危険なオスプレイの市街地での訓練も既成事実となってしまっている。

秋から暮れに掛けて日韓中3国は政治権力の世襲を許してしまった。北朝鮮を批判できないどっこいどっこいの体制であるのがこの国の現実だ。肝に銘じよ。
世間の風がますます冷たくなってきた。おまけに懐具合もやけど、これは別の問題か。
なにはともあれ、タイトルの「しりとり」もなんとか無事に年を越せそうだ。
[PR]
by rurou-no | 2012-12-29 11:22

うだつは上がらず

この時季になると毎年のことながら、代わり映えのしない身の回りを眺めて、何事も成さぬまま日を過ごした一年という時間の速さにうろたえてしまう。相も変わらず、うだつが上がらぬままのわが身を振り返ると、情けなくなってくる。悲しきかな、これが己の器なんや。トホホ。

「うだつ」は歴史的な街並が保存されている町屋など、今でも少ないながら残っている。もともと隣家との防火壁として作られたそうだが、江戸時代以降は財力を誇示する華美な装飾性を競うようになり、富裕の象徴と化した一面もあったようだ。
つまり、うだつを上げることで社会的な評価を得たと考えてよい。

若いころの不摂生な生活から、50歳くらいまでしか生きられないやろと思っていたのに、そろそろ還暦も視野に入る年齢となってきた。「うだつ」の「う」の字もない、こんな体たらくでええんやろか。
もっとも干支の一巡を迎えられるかどうか、災厄は突然やってくるから呆けてばかりいられない。

今日の新聞を見ると、政府の地震調査研究推進本部が公表したという「今後30年以内に震度6弱以上の揺れに襲われる確率」が載っていた。
ちなみに串本町は2年前の86.5%から、今回は88.6%へ地震発生確率が上がっている。
南海トラフの巨大地震に伴う高さ10メートル(最大18メートル)の津波到達時間が4分の町である。
88.6%という数字は、ほぼ間違いなく地震が起こると考えていい。
あとは運次第だが、命の保障は心許ない。どうなろうと、あるがまま受け入れるだけだ。

昨日は「冬至」だったので、陰が極まって陽が生じる「一陽来復」、今日から昼が長くなる。
折りしも、古代マヤ暦では21日に一つの時代が終わり、新しい時代が始まった。
リセットではなく、継続していくための区切りである。透明な心を思い出す、仕切り直しとしたい。
吉田拓郎の『今日までそして明日から』の心境だ。
            わたしは今日まで生きてみました (中略)
                そして今わたしは思っています
                    明日からもこうして生きていくだろうと

[PR]
by rurou-no | 2012-12-22 14:11

洒脱な芸風

訃報が続く。10日、小沢昭一さんが前立腺がんで亡くなった。83歳だった。
敬愛する川島雄三監督の映画に必ず顔を出し、脇役として光彩を放っていた。曲者揃いで個性の強い常連メンバーの中にあって、一見して平凡なサラリーマンのような風貌であったが軽妙で飄々とした芝居は、どこか常識から逸脱した変な人(ネジがだいぶゆるんでいそうな感じ)といった印象で、気になって目を離せない存在だった。

「小沢昭一イチ押し!」なんていうのも憚れるほど地味な位置にありながら、なんとも形容しがたいいい味を出していた。ほんとに芝居が巧かったんだと思う。

よく知られているように、日本の伝統芸能史の研究者でもあった。それも、放浪芸や見世物など「地べたの芸能」に造詣が深かった。
このあたりは小生の興味と重なっていたので、『私は河原乞食・考』や『日本の放浪芸』などの著作を読んで勉強させてもらった。また、ラジオ番組『小沢昭一的こころ』もときどき聴いていた。

会ったこともなく舞台を見たこともない、ラジオから聞こえる声とスクリーンを通してしか知らない人ではあるが、こんな洒脱な芸風と研究者の顔をもった先人がいたことは、しっかり覚えておきたい。

「洒脱」「飄逸」というものにずっと憧れていた。そういう人柄になりたいとどれだけ願ったことか。実際はそんな境地の欠片も得られない俗物であることを受け入れるばかりなり。このあかんたれめ。
ここでも、ちっとは気の利いたことを書きたいと思ってはみても、不器用でそれができない。

そんな「洒脱」とは対極にあるのが、今やかましい生臭くて私利私欲剥き出しの争いである。
下品で低レベルな有象無象から究極の選択をせよ、と一般人も巻き込まれる羽目になっている。
事前調査では、「みんな正気か?」と疑わざるを得ない結果が出そうだ。こんなろくでもない社会にしてしまった奴等にまた権力を握らせてほんまにええのんか?お先真っ暗やで。
情けないけど、否が応でもこんな社会に関わっていかなあかんのや。
[PR]
by rurou-no | 2012-12-15 13:51

練達の役者

歌舞伎役者の中村勘三郎が、5日に亡くなった。
伝統芸能の世界のみならず、演劇界全体にとって大きな損失であることは、彼を知る人ほど強く感じていることだろう。同世代のトップランナーのひとりだった。

「中村屋の若旦那」の業績は、田舎者の禿頭がわざわざ取り上げるまでもなく、数々のメディアが「追悼」という形でその役を果たしてくれるはずだ。
ある一時期、歌舞伎芝居の裏方として何度もその舞台を見る機会を得た立場から、舞台上の艶姿、舞台袖、そして楽屋で見かけた素顔を思い出し、「悼む人」の真似事でもしてみたい。

一番印象にあるのは、『春興鏡獅子』で大奥の小姓から獅子の精へ早替りの場面、化粧前に貼った祖父である6代目尾上菊五郎の写真を手本に早業で化粧をし直していた姿だ。化粧をしながらも付き人へ次々と指示を出し、段取りの確認をするなど、常に舞台全体に気を配っていた。

歌舞伎は座頭が演出家を兼ね、また役者が代々家に伝わっている「型」によって自らを演出する。
彼は芝居が進行中であっても、舞台袖へ引っ込むと共演者へ「あそこはもうちょっとこうした方がいいよ」と、科白の言い回しや所作を教えたり、「あそこの間合い良かったよ。あの間を忘れないで」と、褒めてその気にさせるなど、とにかくじっとしていないし気を抜かない。

きっぷのよさと面倒見のよさはイメージ通りだし、八面六臂の活躍は、いつ休んでいるんやろと心配になるほどパワフルだった。
華がある舞台を眩しく見ながら、この役者は間違いなく歌舞伎界を背負って立つ大立者になる、「6代目」といえば6代目菊五郎、「9代目」といえば9代目団十郎、というように「18代目」と呼ばれ歴史に残る存在になる、そんな役者をリアルタイムで見ているんや、と思っていた。

「突発性難聴」に続いて「食道がん」に侵され、とうとう舞台復帰は叶わなかった。
歴史に語り継がれるべき役者が、生き急いだ伝説の役者になってしまった。
ここはひとつ「中村屋!」「18代目!」と大向こうを掛けて悼むことにしよう。
[PR]
by rurou-no | 2012-12-08 15:22 |

ニイタカヤマノボレ

衆議院が解散して、目立ちたがりの欲ッタレどもがはしゃぎ出し、みっともなくて鬱陶しい。
特にマスメディアが右翼やら極右のバカな連中をもてはやし、そのお先棒担ぎに躍起になっているから厄介である。このきな臭さは、戦争前の不穏な空気と似てきているのでは(といっても70年前の出来事は記録でしか知らないけど)と警戒を怠れない。

「ニイタカヤマノボレ」は、ハワイの真珠湾奇襲攻撃を決行する際に使った暗号文として知られる。
1941年12月8日(現地時間は7日)、この電文によって日本は負けることになるアメリカとの戦争に突入した。ちなみに「新高山」は当時占領していた台湾にあった山の名前で、富士山より高い。

国力の差が歴然としていた対米開戦に踏み切った要因の一つに、エネルギーとなる石油の問題があった。同様に次の衆院選も、エネルギーの電気をどうするかが、主要な政策課題として俎上にあがる選挙だ。取り返しのつかない大きな事故を起こしてなお、原子力発電を止められないこの国のあり方が問われる。選挙用の付け焼き刃でなく、本気で原発をなくそうとしているのは誰か、見極めなければならない。

美しい思いやりに溢れた日本の国民は、敗戦の責任を深く追及しないまま今日に至った。
そうした作法は現代も綿々と受け継がれ、大事故で放射能を撒き散らした電力会社の責任をつまびらかにするどころか、経営を守るため電気代の値上げさえ受け入れるお人好しぶりだ。

戦争責任が曖昧になったツケは、ここにきて極右勢力の台頭を許し、戦時体制を構築しようとする恥知らずをのさばらしている。テメエは安全圏にいてえらそうなことをいう連中を信用するな。
いつまでもマスメディアの情報操作に踊らされていないで、そろそろ冷静にならないとエライことになるで。

戦争に反対するのが、非国民でも腰抜けでもええやないか。戦わない、相手を傷つけない、殺さない。ミサイルより人と人の関係や文化的交流の方が大きな力になると確信している。
今さら経済成長なんて望まない、電気は再生可能エネルギーだけにして足りなくなれば工夫すればええ。足るを知って、身の丈に合った生き方を考えていこうやないか。
と、「12.8」を前にして、つらつら思いつくまま講釈を垂れてみた。
[PR]
by rurou-no | 2012-12-01 14:22


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧