一所不住



<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


木遣り

あれぇ、また「き」へ戻ってしまっている。と、ここを開いて気が付いた。タイトルを考えるときは次のことなんて考えていないから仕方がない。とにかく「き」からだ。

明日で終わってしまうが、9月になると思い出すのが「片貝まつり」の奉納花火。
友人たちと毎年、尺玉花火「銀山錦」を奉納して揚げてもらっていた。
今年も9日と10日、無事に打ち揚げたと思う。この「片貝まつり」については前にも書いた。
「木遣り」のことも書いたような気がするが確認できなかったので、まぁええやろ。

片貝には、花火打ち揚げのときにお立ち台で唄う「奉納木遣り」と、花火玉を引き回しのときに各家の前で唄う「道中木遣り」がある。よそ者(浅原神社の氏子でない)である私たちは玉の引き回しはおろか、お立ち台へ上がることも叶わぬから桟敷席に陣取る。
そこで少しでも地元の人に近づきたいと覚えたのが「奉納木遣り」だった。

     本町ニ丁目の (やぁなぁ なぁはよぅ なぁはよぅ よいせぇぇ)
     本町二丁目の (や) 糸屋の娘 (は) (やれこのせぇ)
     酌に出たそじゃ あの娘は良い子
     年はいくつと 謎して問えば  姉は三七 妹はニ八
     姉にゃ少しも望みはないが 妹ほしさに御立願かけた
     お伊勢七度 熊野へ三度  芝の愛宕さんに そして月参り
     かけた御立願 叶わぬときは ・・・・・

と延々と十ヶ所の願掛けが続いて   そして最後に  
     あまり長いは 手子の衆の大儀  
     まずはここらで ちょいと切りしゃんせ

で、締める。

この「糸屋の娘」をモチーフにした木遣りは、各地で形を変えて唄い継がれているようだ。
おそらく江戸時代の俗謡  京都三条の糸屋の娘  姉は十八妹は十五  諸国大名は弓矢で殺す  糸屋の娘は眼で殺す  が元になっているのでは(これもさまざまなバージョンがある)ないか。都々逸なんかで聞くとなかなか粋なもんである。 
[PR]
by rurou-no | 2012-09-29 11:04 | まつり

上弦の月

昨夜ひとりで外に出たら、南西の空で上弦の月が穏やかな表情の光を発し、くつろいでいた。
来週の日曜日は中秋の名月である。
昨日から急に季節が秋へ移り、空気がひんやりとしてきた。虫たちも夜長を元気に鳴き出した。
なんやかや言いながらも自然の営みは、忘れず休まず次のステージへ向かっている。

夜に歩き始めて1年半、月や星を見上げることが暮らしの中の習慣として身に付いてきた。そうすると、それらを隠そうとする夜の雲までも愛でられるようになった。「月にむら雲」である。
これから気温が下がるにつれ、天体ショーも鮮やかさを増してくるのだが、惜しむらくは視力の衰えはどうにもならず、遠く宇宙の輝きに焦点を合わせられない。

といっても、このところ歩くのは休みがちだ。小生は風が痛い弱点があり、連れ合いは多忙と体調不良が交互にやってくる。まぁ、先は長いか短いか分からないけど、無理をしないで頑張らないで、ぼちぼちやっていくのがよい。

突然、どこからか、河島英五の 生きてりゃいいさ  生きてりゃいいさ そうさ生きてりゃいいのさ のフレーズが聞こえてきて、リフレインする。
そうや、生きてるだけでええんや。いつ死んでもええようにその瞬間までちゃんと生きてりゃええ。

「原発ゼロ」方針を閣議決定できなかったのは米国の要求であったというし、岩国基地へ移送された危険な軍用機オスプレイは堂々と飛行訓練を繰り返している。来月中には有無を言わさず沖縄の普天間基地へ配備される。何事もアメリカ様の意のままに、自立できないこの国である。

怒りが絶望に覆われてしまいかねない日々にあって、間違ったことはやっぱりあかんのや、と言い続けられる強い気持ちを失わないでいたい。

田舎の夜道を歩いていると、月明かりってこんなにも明るいのかと気付かされる。
          月も水底に旅空がある   山頭火
[PR]
by rurou-no | 2012-09-24 11:04

基地の町の少女

岩瀬成子さんの『ピース・ヴィレッジ』を読んだら、しばらく他の小説を読む気がなくなってしまった。
というのも、こんなに平易な言葉で深い内容の世界を表現している本に出合ってしまうと、回りくどい言い回しや複雑な構成と難解な言葉を駆使した小説ってどうなんや、と考えてしまう。

『ピース・ヴィレッジ』は基地の町岩国に住む少女、楓が主人公である。
岩瀬さんが世に出た『朝はだんだん見えてくる』から、数十年経った町が舞台となっている。
小学生の楓は大の仲良しだった紀里ちゃんが中学生になってから変わっていくのにとまどう。
楓の父親は米軍兵相手のスナックを営んでいる。紀里ちゃんの父親は何十年もの間、街角で「核兵器反対、戦争反対」と書いたビラを配っている。

楓は喫茶店のピース・ヴィレッジに出入りし、森野さんを通じていろんな人と友だちになる。
ここら辺は岩瀬さんも出入りしていたという「ほびっと」を思い出させる。
飛行訓練を繰り返す爆撃機の騒音。戦場へ行くのかもしれない友だちになった米兵。すぐそばに戦争がある現実。アメリカはずっと戦争をしているのだ。

花絵おばさんから「人はだれとも同じになることはできない。ひとりなんだ」といわれ、自分で考え行動していこうとする楓は12歳にしてはずいぶん大人びている。
ともあれ、周りの大人と関わりながら世界の大きさを知っていく少女の成長物語は爽やかだ。

子どものころにどんな本と出合うかで、その人の一生が決まる場合もある。
児童文学とされるこの本はハードルが低いから、ぜひ大勢の子どもたちに読んでもらいたい。
ちなみに小生は『コンチキ号』でいまだ漂流中である。と、本のせいにしてはいけない。

実はこの本は連れ合いが県立図書館から取り寄せて借りてきたもの。驚くべきことにこの町の図書館には、岩瀬成子の本は一冊も置いていないそうだ。
このあいだは堀江敏幸の本も県立図書館から取り寄せていた。いったい選書の基準はどこにあるのか、図書館の役割を何と心得ているのか、摩訶不思議である。
[PR]
by rurou-no | 2012-09-18 14:17 | 言葉・本

皿屋敷

『皿屋敷』といえば、お菊さんが皿を「いちま~い、にま~い」と数える怪談物の定番である。
有名なところでは江戸の『番町皿屋敷』と姫路の『播州皿屋敷』があり、講釈や浄瑠璃、歌舞伎などの題材として脚色され上演されてきた。どうやら各地に似たような話があるとか。

小生が最初に知ったのは子どものころ見た映画だった。地区の集会所の役目も果たしていた青年会館(地元では「かいど」と呼ぶ)が臨時の映画館として、主に東映の時代劇映画を上映していた。
当時は町内に常設映画館が2館あったのに、今は車で1時間の新宮(地元では「しんぐう」でなく「しんぐ」)まで行かないとない。時代が新しくなるほど生活が不便になる。

マクラが長くなった。今日の『皿屋敷』は大人になってから聴いた上方落語でおつきあいを。
伊勢参りから帰った松っつぁんが、道中で播州の姫路からやと話したら「あの『皿屋敷』のあるところでんな」と聞かれ、知らずに恥をかいた。物知りの六兵衛さんに尋ねたところ、「それは『車屋敷』のことや」と教えてくれた。さらに今でも井戸から幽霊が出てくるとも。そんならとホンマもんの幽霊みたさに屋敷跡へ出かけようとするが、お菊さんが皿の数を「くま~い」まで数えるのを聞いたら死んでしまうから、「ひちま~い」くらいで逃げて帰ってくるよう念を押される。

その日の夜、遊び仲間揃って車屋敷へ行って皿の数七枚のところでうまく逃げ帰ったが、お菊さんがあまりに別嬪だったものだから次の日も出かけることになった。評判のお菊さん見たさに近郷近在から人が押し寄せるようになり、人がいっぱいで逃げように逃げられなくなったある晩、お菊さんが十八枚まで数えるのを聞いてしまった。「皿が九枚しかないから殺されて恨めしいと出てくるのに、十八枚やてどういうことやねん」と文句いうたら「風邪引いたから2日分よんどいて明日の晩休みまんねん」でサゲとなる。

こうやってあらすじを文字にすると無粋でつまらんが、これが高座にかかればめっぽう面白くなる。なんといっても怪談譚を爆笑のネタにしてしまう噺家さんの芸には恐れ入った。
近ごろ自分の無知を棚に上げて、伝統芸能を経済の論理で語ろうとする無恥な首長がいるが、取り巻きにも六兵衛さんのような、まともな物知りはおらんのかいな。
[PR]
by rurou-no | 2012-09-15 12:33 |

みっともなさ

あまりのみっともなさに開いた口が塞がらない。呆れてものが言えない。これが現実だと思うと恐怖が倍増する。こんな奴等に命を預けたくない。こんなんに任せていたなんて情けなくなってくる。
そのみっともない姿は、私たちが生きている社会そのものを表しているのだろう。

残暑厳しい折、ジジイの禿頭もいきなり沸騰気味である。
ここは熱さましにと、夕べ連れ合いが熱心に読んでいた新明解さんを開いてみた。
《*みっともな・い⑤(形)〔「見たくも無い」が変化した「見たうも無い」の変化〕体裁が悪くて、人には見せられない。》

東電が福島第一原発事故時のテレビ会議を録画した映像を公開したがらないのは、テメエらの破廉恥なほどにみっともない姿を見せられなかったのだということが、一部分だけ公開された映像でよく分かった。
そこには重大事故が進行中なのに、オロオロうろたえて何ら的確な指示も与えられない経営陣の間抜け面が並んでいた。低レベルでとても技術者集団を率いる態度ではなかった。

刻々と状況が悪化しているにも拘らず、手をこまねいているだけで何もできない愚かな連中は「幸運に助けられ」核の暴走から逃れられた。テメエらは逃げようとしていたけど。
広大な土地が放射能に汚染された。まだ事故は現在進行形のため被曝者の数は計り知れない。
いったい誰がどのような形で責任をとれるのか。失われたものと被ったものは大きすぎる。

原発がある限り、最前線で働く者は被曝し続ける。事故始末中の作業員の被爆隠しが問題になっているが、何十年も前からある現実だ。彼らは常に被曝と仕事の選択を求められてきた。
そして使い捨てにされ、病に苦しめられ殺されてきた。

また、原発から出る放射性廃棄物は行き場がないまま放置されているのも現実である。
福島第一原発でも汚染水は溜まる一方だが、水で冷やすしか手がない。

取り返しのつかない事故を起こし、これまで散々ついてきた嘘がばれたのに、関電は性懲りも無く危険を顧みず大飯原発を動かした。百万年先の子々孫々にまで放射能で被曝させるために。
[PR]
by rurou-no | 2012-09-12 10:52

手紙

本来なら「絵手紙」となるところだが、しりとりは「て」からなのでそのまま「手紙」となった。
2日の日曜日、健さんの映画『あなたへ』を観に連れ合いと新宮まで出かけた。
亡き妻が遺した2通の手紙。1通には「故郷の海へ散骨してほしい」とあり、もう1通はその地の郵便局で受け取ってほしいとの言づてがあった。

富山県から長崎県まで、亡妻と一緒にドライブするはずだった手作りのキャンピングカーを運転して、約9000キロを旅するロードムービー。
大スター、高倉健のための映画だった。監督は降旗康男。

てっきり森沢明夫の原作小説を映画化したものだと思っていたから、観終わったあと「原作に沿って映画を撮ると、どうしても原作の方が面白いな」と感想を口にした。
ところが小説を再読していた連れ合いが、「映画の脚本を元に小説を書いたんだって」と、文庫本を開いてその記述部分を見せてくれた。

小説を読みながら、主人公が健さんのイメージと重なるので「よっぽど健さんのファンなんやなぁ」と思ってたのは勘違いで、先に映画があったのだ。となると、映画の小説化は成功したということか。

「やっぱり健さんってカッコイイ」と思いたくて見に行ったのに、少し違和感があったのは年齢設定だ。実際に会うとそのオーラで分からなくなるのかもしれないが、客観的にみて健さんは70歳くらいに見える(それでも実年齢より10歳若い)。映画での設定もそれくらいにすればよかった。

回想シーンはカメラを健さんの目線に置いて、妻役の田中裕子だけを登場させる方法もあったと思う。彼女の清らかな笑顔はこの映画を説得力あるものにしていた。
脇役でいい味出してたのは濱崎食堂のおかみさん、余貴美子。『上海バンスキング』以来のファンがここにいますよぅ。そして、大滝秀治の存在感。どちらも舞台出身で芝居がうまい。

それにしても、ロビーのエアコンが寒すぎて、待ち時間は外へ逃げた。客席はロビーよりましだったが、映画を観ている間にからだが冷えてしまい具合が悪くなった。節電の余地はまだある。
[PR]
by rurou-no | 2012-09-05 11:29 | 映画

歌声につつまれて

わが家の年中行事となっている8月の京都行き、今年も先週の土曜日(25日)に敢行した。
決して自虐的性格でも我慢大会参加でもないのに、わざわざ海辺の田舎町から暑い、熱い、どうしようもなくアツクルシイてヤカマシイ都会へ出かけるなんぞ、正気の沙汰やない。

前後の見境なくそうした行動に走らす麻薬の誘いが、この夏にも届いたから仕方がない。それでも小生は多少なりとも冷静さを保っていられたものの、魔物に取り憑かれた連れ合いはうわごとを繰り返すようになり、気持ちは早々と魔の街京都へ飛んでしまった。

「唖撫駆版洛中洛外図五の段『月下のカンナ』」
今回の会場は、重要文化財1906年竣工の旧日銀京都支店(現京都文化博物館別館)。
圧倒的な空間が持つ力に後押しされて、身体面のトラブル続きで開催が危ぶまれたことなど微塵も感じさせない、アイデアにあふれたパワフルなステージだった。

打ち上げで「音楽が良かった」という感想が大半を占めたと聞くまでもなく、音楽が饒舌だった。特に女性の歌声が踊り手を包み込むように何度も流れた。

感想に「良かったのは音楽だけかい」とボヤいたというU氏は、ヴィム・ヴェンダース監督『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツと同じように背中へ天使の羽を付けていた。本人には『愛の嵐』がイメージにあったと又聞きした。こちらはリリアーナ・カヴァーニ監督の作品で戦中、戦後のウィーンが舞台。シャーロット・ランプリングが裸の上半身にサスペンダーだけを身に付け、ナチスの帽子を被って踊るシーンを思い出す。

音楽の構成の中心に置かれていたのは、小生も大好きなマドレデウス。20年ほど前、どこのCDショップのどの棚で見つけたのか、歌姫テレーザ・サルケイロとの出会いを鮮明に覚えているほどだ。彼らはヴィム・ヴェンダースの『リスボン物語』にも出演して清冽な演奏を聞かせてくれた。

1週間前のことを記録しておこうと、とりとめもなく思いつくまま書いてみた。こうして記憶の扉が開いていくのは、どうかすると日々ボケていってる頭に刺激をもらったんやろな。
[PR]
by rurou-no | 2012-09-01 15:30


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧