一所不住



<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


久島海

2年ぶりに開催された大相撲春場所は、横綱白鵬の優勝で幕を閉じた。
今場所の主役は関脇鶴竜、優勝決定戦に敗れたものの、凄みを増した基本に忠実な取り口が最後まで場所を盛り上げ、念願の大関昇進を果たした。

贔屓の豊真将は9日目以降に7連勝して11勝4敗と好成績。来場所は小結返り咲きか。
ご当地大阪出身の新鋭、勢は5勝10敗。細いからだで懸命の土俵を務めるチェコ・プラハ出身の隆の山は4勝11敗で残念ながら十両陥落となろう。

「久島海」は今年2月13日に急逝した田子ノ浦親方(本名・久嶋啓太)の現役時代の四股名。
新宮市出身でアマ横綱から角界入りし、将来は大関間違いなしの大器と期待されたがけがで伸び悩んだ。体調は万全でなくとも八百長に手を染めず、真面目な土俵姿を記憶している。

親方として幕内3場所目の碧山を育て、あとに続く弟子にも恵まれて順風満帆だったのに惜しい。
田子ノ浦部屋に在籍していた力士は、幕下で海龍が、三段目で碧の正が、序二段で碧己真がそれぞれ7戦全勝で優勝した。碧山も8勝7敗と勝ち越した。

1年前は不祥事で場所を開くことすら出来なかった相撲協会だが、改革に大鉈を振るった放駒理事長が定年となり、組織の改革が頓挫しないかと心配である。
単なるプロ・スポーツに収まらない、神事としての伝統も併せ持つからには土俵上の所作など様式美も大事にしてもらいたいと願う一ファンとしては、協会の現体制は心許ない。

ともあれ無事に終わった春場所。
高校生で史上初のアマチュア横綱、日大時代は3年連続の学生横綱と華々しい活躍をした。
46歳の若さだった。郷土が誇った相撲取りだった親方の冥福を祈りたい。
[PR]
by rurou-no | 2012-03-27 21:01 | 地域

道ありて故にわれ行く

マニアの諸兄には及ぶべくもないが、道が好きである。
道を歩くのが好きである。
道は地道がいい。何かの痕跡が残っていればなおいい。

というわけで、道があればその先へ行きたい衝動に駆られる。
このたびうまい具合に道を歩く仕事をすることになった。
串本、すさみ、古座川の3町にある県道をくまなく歩く願ってもない仕事だが、近ごろの道は何処も彼処も舗装が施されていて面白味に欠ける。日当を貰えるのだから文句は言うまい。

1876(明治9)年6月8日、太政官布告によって全国の道路が国道、県道、里道に分けられた。
一応、それぞれ基準を設けての指定だったが、役人の習性はいつの世でも変わらないもので、道路の状態を確かめることなしに主な街道だから、という理由で定められたのが多かったようだ。

おかげで、観光地として本来の目的とは違う形で有名な、青森県の竜飛岬近くにある「階段国道」(国道339号)などが出現することになった。「これがほんまに国道?」と思うような道がある。
国道ですらそんな按配だから、トンデモ県道なんて押して知るべしだ。

山の途中で行き止まりになりあるはずの道がない、なんてことになっても驚くまい。
人がやっと歩ける踏み分け道を辿っていくと、峠を越えて山向こうの里とつながっていた道(これも県道)だったりすると道好きにはたまらない。

道には人の営みがある。里と里をつなぎ、暮らしを支えていたのが道だ。古い道を歩くと、その道を通った昔人の記憶を感じるときがある。時代を越えて、かつてそこで生きていた人とつながれたような気がしてうれしい。

雨ニモマケズ、風ニモマケズ、スギ花粉ニモマケズ、丈夫ナカラダヲモチ、イツモゲンキニアルイテイル、サウイフモノニワタシハナリタイ
[PR]
by rurou-no | 2012-03-20 13:33

たとえば君

          たとえば君 ガサッと落葉すくふやうに
            私をさらって行ってはくれぬか


2010年8月にがんで亡くなった歌人、河野裕子さんの代表作だと紹介されていた。
紛れもない相聞歌である。
こんな風に歌われたら、返歌を用意してさらいに行くしかないやろな、と思う。

彼女が亡くなる直前、病床で詠んだ歌がすごい。

         八月に私は死ぬのか朝夕のわかちもわかぬ蝉の声降る

         手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が


新聞の同じ囲み記事に、夫の永田和宏さんの歌もあった。
 
          歌は遺り歌に私は泣くだらういつか来る日のいつかを怖る

          君に届きし最後の声となりしことこののち長くわれを救はむ


あらかじめ告知された、生を終える時を待つ気持ちはどのようなものか。最後まで歌人として冷静に歌を紡いだ。そのことに敬服する。時を経てそれは物語となるだろう。

一方である日突然、生を断ち切られる瞬間を受け入れざるを得なかった多くの死がある。
明日で1年目を迎える3月11日。
残された時間を疑いもしなかったはずだ。その人を知る大勢の人を含めて、一人ひとりに物語があったに違いない。無念やるかたなしであろう。
[PR]
by rurou-no | 2012-03-10 15:35 | 言葉・本

しゃれやのうなってきた

前回の投稿で、花粉のシャワーを浴びたからだの反応を観察する、なんてバカなことを書いているうちはまだ余裕があった。
あのあとすぐ、てきめんに影響が現れた。「しゃれやないでぇ、ほんま」というのが実感である。

長い付き合いで対処の仕方もそこそこ身につけてきたし、ここ数年は漢方系の飲み薬のおかげで症状も幾分かマシになってきていた。
そろそろ腐れ縁を断ち切る、のは無理でもなんとかうまく付き合っていくことができるかもしれないと、淡い期待すら抱くようになっていた矢先だったのに。

世の中ままならぬ。長い人生、思うようにならないことのほうが多い。
というわけで今、悲惨な状態に置かれている。

目が痒い、開けてられない、涙が出てくる、できるなら目玉を取り出してゴシゴシ洗ってみたい。
鼻水はところかまわず、突然やってくる。寝ていても、だからおちおち眠れない。
くしゃみは平均5~6回連発で、腰に響き腰痛持ちの小生にはつらいものがある。それに全身を使ってするので相当なストレスとなる。

ここのところ眠れない日が続いている。
首から上が常にボーとしている。集中力がなくなるし、本を開いても同じところを行ったり来たりしてなかなか先へ読み進めない。もちろん内容は頭に入るべくもない。

とまぁ、情けないことばかりつらつら書き連ねるのは、こんな年もあったと残しておきたいから。
3月下旬まで山行きは避けられないため、まだまだしっかりと花粉を浴びるだろう。
「より酷い」のを経験することで「少し酷い」のが楽になれるのなら、この試練も乗り越えることができる。とは、ちょっと大仰な物言いになり過ぎた。
まぁ、しばらく悪戦苦闘で無駄な抵抗をしてまっさ。
[PR]
by rurou-no | 2012-03-05 09:58 | 病気


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧