一所不住



<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


お上意識

先日、「役場庁舎より町民の命を守るが第一」と題された議員団広報紙が配布された。
議員個人の議会報告や議会全体の広報誌はたまに見かけることはあったが、議員団として発行するのは某政党のほかになかったように思う。それだけ大きな問題として捉えているのだろう。
発行者に名前を連ねている議員6人は、日ごろから問題意識を持っていると一定の評価をしてきた議員たちだったから、思わず身を乗り出してしまった。

6月議会で、役場庁舎を建設するために「建設検討委員会」を立ち上げる予算を町長が提案したことに対し、役場庁舎より先に地震・津波防災対策を優先すべきである、との考えから、「役場庁舎建設検討委員会」を「地震・津波防災検討委員会」として設置すべきとの修正を求めたが、町長提案の条例設置に賛成11人、反対6人で役場庁舎建設計画がスタートした、というもの。
庁舎建設工程表によると、合併特例債の付く期限内の平成27年度中に完成、となっている。

6議員の意見は、町の使命の第一は町民の生命を守ること。防災対策の見直しと避難路の整備を先に。高台への移転は学校や福祉施設を優先して。などが主なところ。
要は限られた財源の中で施策の優先順位をどうするか、だ。全体の要旨には賛同する。

地震と津波の被災地を視察した町長が、役場庁舎の高台移転を真っ先に思いつくなんて、お上意識丸出しの単細胞思考は笑える。もしかしたら、このたびの大震災は庁舎建設のチャンスだと土建業者と話し合ったのかもしれない。
とっくに破綻したはずの「箱モノ行政」が本州最南端の田舎町ではまだ健在だ。

驚くのは「検討委員会」メンバー15人(女性3人)の顔ぶれである。年齢は発表されていないが60代、70代、平均すると60代後半になるだろう。いったい10年後、何人が生きていることやら(この人たちの半分くらいは会えば挨拶を交わす程度に知るので他意はない。失礼は容赦されたい)。
予定通り5年後に新庁舎ができたとして、70歳を超えている彼らは頻繁に利用できるだろうか? 利用しない人に検討させてどうするつもりだ。もっとも最初から追認のための委員会、という役割しか想定されていないのを受ける方もどうかと思うけどね。少しは若い人に譲りなさいよ。
利用する人、つまり庁舎建設費の借金を払うことになる人をメンバーにするのが筋やろうが。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-27 13:51

やりきった笑顔

20日付の新聞に、笑顔の写真が2枚並んで印象的だった。
1枚は23年の力士生活へ終止符を打って、前日に現役引退届けを出した大相撲の魁皇関。
もう1枚は17日にワールドカップ・ドイツ大会で優勝、帰国した女子サッカー代表チーム。

近ごろは不祥事続きで、存続が危ぶまれるほど危機的状況に陥っていた大相撲は、その前近代的で閉鎖的な体質は批判されてしかるべきだが、元来持っていた神事的な部分を伝統として残しながら、興行とスポーツ(今風に言えばスポーツ・マネジメント)を両立させていくという特殊性は、ほかに類を見ない形態のものである。

「巨人、大鵬、玉子焼き」の時代に相撲を知り、阪神と柏戸を応援した子どものころから今に至るまでずっと、相撲ファンを自認している。テレビのプロ野球中継を見ることはなくても、深夜に放送していた「大相撲ダイジェスト」は楽しんで見ていた。

そして、20年来の魁皇ファンである。横綱になると信じていた。11年も大関を務めるとは予想外だった。姿、形が美しく、気は優しくて力持ち、数々の記録はともかく、名大関であったと思う。出場回数と通算勝ち星の1位は、お見事としか言いようがない。

写真の笑顔からは、思い残すことがないほどやりきった充実感が伝わってくる。
そしてもう1枚の笑顔は、世界の頂点に立った自信と喜びにあふれ、写真に納まりきらない。

強豪ドイツやアメリカを下し、世界を驚かした日本代表「なでしこジャパン」はどうして、「オシムジャパン」や「岡田ジャパン」のように「佐々木ジャパン」でないのか? そのほうが、代表メンバーの名前と重なって分かりやすいはずなのに。

それにしても、アメリカのサッカーファンは「サワホマレまだやっていたんかいな」と悔しかったやろ。
彼女も代表メンバー18年、よくやっている。誰もが納得のMVPだ。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-23 14:41

みかん屋

「こんにちわ」
「あぁ、誰や思たら、おまはんかいな。今、うちのやつ、おまはんとこへ使いにやったとこやが、言付け聞いてくれたかいな」
「へえ、先ほどうちのやつ来てくれましてですね、言付け言うもんでっさかい、すぐ、こぉして出てきましたんですねやが、もう、うちのやつ帰ってますかいなぁ」
「おまはんまで、うちのやつ言うたら、どっちの嫁はんか分からへんがな。まぁとにかく、こっち上がんなはれ」


お馴染み、上方落語の「みかん屋」は、こんな風に始まる。
勘定にうとく少しばかりボーとしている主人公は、にわかみかん屋となって仕入れ値のまま、みかんを売ってしまう。
仕入れ元から、利ざやを勘定して掛け値で売らなあかん、と商売の仕方を教えてもらったみかん屋は、教えてもらった通りに再現してみかんを売ろうとする。仕入れ値まで言ってしまう正直さに、長屋のおかみさん連中はみかんを買ってくれた。最後に年はいくつかと聞かれ、掛け値を付けた年を言って「掛け値付けんと女房、子どもを養えまへんので」で、下げとなる。

実家の小商いを手伝う連れ合いは、このみかん屋とどっこいどっこいの勘定なしで商売をしている。消費税をサービスした上で端数切捨てで売るのはいつものこと。安売りセールの品をさらに値引きして売ったりもする。思わず「仕入れ値より安ぅなってるやないか」と突っ込みを入れたくなる。それでもポイントは2倍、3倍と大盤振る舞いだ。
こんなんでは商売にならんやろ、と心配になるが、やっぱり赤字続きであるようだ。

売り上げが1万円に届かない日もあるささやかな商売を近くで見るにつけ、維持管理費用が1日に5500万円、という高速増殖原型炉「もんじゅ」の無駄遣いは、あきれるほかない。
技術的に難しく極めて危険でありコストが高いため、諸外国ではとっくに撤退した核燃料サイクル計画を止めようとしないのは、いかなる理由によるものか。

とっくに実用化してるはずの「もんじゅ」は、初めから事故続きで動かすことすらできないままだ。
これまで1兆円近く投じた結果、放射能汚染の危険が高まっただけである。誰も責任を取らない。
1日5500万円、いったいどこからどこへ消えているのか? たとえば3.11の被災者へ回せれば、どれだけの人が助かることか、と思う。
なんか、おかしくないか。金銭感覚が麻痺して思考停止になってるがな。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-18 15:41 |

塗炭の苦しみ

「塗炭の苦しみ」に遭っているのは、言うまでもなく地震、津波、原発事故の三重苦を強いられている、東北地方の人びとである。
こんな時のためにと、日ごろからせっせと税金を納めていたのに、なかなか援助の手を差し伸べてくれない行政の体たらくは、傷口に塩を塗り込むかのような仕打ちだ。

それでも生きていかねばならない、と気力を振り絞って再建のために立ち上がり動き出した人がいる一方、まだ絶望から抜けきれない人も。
それぞれさまざまな事情や条件があって被災者の中でも温度差ができるのは無理もない。

問題は、それまで生活していた所へ戻るに戻れない人たちだ。
①警戒区域=福島第一原発から半径20㌔圏内。原則立ち入り禁止。対象人口約7万5千人。
②緊急時避難準備区域=20~30㌔圏内。屋内退避や避難の準備。対象人口約5万9千人。
③計画的避難区域=警戒区域外で年間積算放射線量が20㍉シーベルト超。対象人口約1万人。

①の市町村に住んでいた人は、ある日突然時間を止められて、何もかもを奪われてしまった。
もう二度とその地へ帰ることができないかもしれない。
町や村は4ヵ月前と同じまま、そこにあるのに人の姿だけが見えない。
死んだ町、失われた町、あるのにない町になってしまった。

30数年前、紀伊半島にも原発建設計画があったそうだ。
田舎を出ていたから詳しいことはわからないが、漁民らの反対で計画を撤回させたという。
調べてみると建設候補地から半径10㌔線上に生まれ育った樫野が位置する。
ここ潮岬は半径20㌔圏内、警戒区域に該当している。
もし、原発が出来ていて事故を起こしたとしたら、どんな気持ちでいられるだろう。

10万人を超える人びとが放射能災厄から避難した。先の見えない逃避行だ。
福島県の浜通り付近は子どもが住めなくなってしまった。
この異常な事態は、「節電」がどうのこうのとキャンペーンで誤魔化してるレベルやないぞ。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-13 13:51

ストレステスト

事故後、当然すべての原発を対象に実施しているものと思っていたのに、今ごろになってストレステスト(耐性検査)で揉めているなんて、その危機管理の欠如さに開いた口が塞がらない。

放射能汚染という見えない恐怖を前にすると人間はあまりにも無力だ。それまでの生活を丸ごと捨てて逃げるしかない。
こんな悲惨な事態を招いた事故について「想定外」の津波より前に、地震の揺れで冷却機能が停止していた可能性が明らかになっている。つまり、地震列島に原発は作るべきでないのだ。

そこで、産業界のパシリとして、「安全」だから玄海原発を再稼動させるよう九電に要請した経産相と、それを受け入れた地元自治体首長の動きには疑問と失望しかなかった。
そもそも「安全」を保障した原子力安全・保安院は、無能だったか仕事をしていなかったかで事故を引き起こした張本人である。大事故の責任をとって即刻解散すべきとこが認める根拠のない「安全」なんて「危険」と同義語ではないか。

電力会社の「原発を動かさないと電気が足りない」との恫喝は信用できない。なぜなら肝心の情報を公開していないからだ。実は原発がなくても十分に賄えるのではないかと疑っている。
それに事故後も経産省は原発推進から抜け出せず、自然エネルギーへのシフトが進まないのは腑に落ちない。そして再生可能エネルギー案を口に出した首相へのバッシングがひどくなった。

そもそも、エネルギーは命を担保にするほどのものか。
安全で安上がりな代替方法があるにも拘らず、危険でコスト高のエネルギーを選ぶのはばかげている。原発のコストは安くないぞ。情報を公開しないのにはそれなりの理由があるのだ。
使用済み核燃料の再処理費用や高レベル放射性廃棄物処理費用など数万年単位の事業だ。それに事故ばかり起こして役立たずの高速増殖炉の維持に莫大な費用を注ぎ込んでいる。

器量の乏しさで信用をなくした首相は早晩、辞めることになる。せめてエネルギー政策の転換への道筋だけはつけてからにしてほしい。それが原発事故時の最高責任者たる者のあり方だ。
と、またこぶしを振り上げてしまった。とにかく、たのんまっせ。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-09 14:13

レジスタンス

「レジスタンス」なんていつの言葉や、と突っ込まれそうだが現代に生きる語である。
レジスタンス=抵抗運動、地下活動。主に第二次世界大戦中、大戦後、ヨーロッパを中心とした国々で盛んに行なわれた。もちろん現在も世界各国でレジスタンスが行なわれている。

例えば、隣国の中国では資本主義大国となった今でも市民生活に自由が制限され、民主化運動は命がけの地下活動となる。またチベット自治区や新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区における民族独立運動も烈しさを増している。
今年になって北アフリカや中近東であった民衆革命は、独裁者への抵抗運動の勝利といえよう。

「レジスタンス」で真っ先に思い浮かべるのは、ポーランド映画「地下水道」(1956年)と「灰とダイヤモンド」(58年)で、自身も反ナチ・レジスタンスの闘士であったアンジェイ・ワイダ監督の作品だ。
ポーランドは東欧と西欧に挟まれた中欧の位置にあり、第二次大戦中はナチス・ドイツとソ連に侵略された。2本の映画はこうした歴史におけるレジスタンスをテーマとしている。

さて、近代文明社会が崩壊寸前にあるわが国で、レジスタンスなる言葉は死語だろうか。
東京と大阪でファシスト体質の知事が権力を玩具のようにもてあそび、それを多数の都民や府民が支持している。大丈夫かい、北朝鮮を笑えないぞ。

政府は、東電福島第一原発の事故がいまだに進行中で、収束の見通しすら立っていないにもかかわらず、停止中の九電玄海原発を再稼動させようとしている。
垂れ流す放射能を止めることすらできないのに、何が「安全」なのか。
人命より経済を優先する発想と加害者意識の希薄さは絶望的だ。

「ただちに影響はない」放射線被害も5年経ち10年経ったころ、被害者は爆発的に増えるかもしれない。それも国内に留まらず、世界中へ深刻な影響をもたらす可能性がある。
外国の人からみたら私たち一人ひとりが加害者となるのだ。そこで加害者責任として最初にしなければならないのは、国内にあるすべての原発を止めることではないか。そして原発のない社会を一から築き直すことだ。それが最低限の責任やろが。
[PR]
by rurou-no | 2011-07-04 14:18


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧