一所不住



<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ろくなもんやない

しもた! 書こうと思って開いてみたら「く」と「ろ」を繰り返してるやないか。
タイトルを決めるときは、しりとりで思いついた言葉を考えもなしに書き込むため、こんなアホなことになってしまう。

昨日はろくなもんやない散々な1日だった。
近ごろは毎日、車で約1時間の新宮市へ仕事をしに行っている。
たまたま昨日初めて利用した駐車場は、広い敷地内の真ん中あたりに低いポールが立っていた。
朝、「こんなとこにポールを立てるなんて危ないなぁ」と思いながらポールのそばに駐車した。仕事を終えて帰るときにはそんなことをすっかり忘れていた。

このところ、急に寒くなってからいささか体調が悪かった。
土日が休みになるのでキリのいいところまでやってしまおうと、かなり無理をした。
いつもなら帰りは車を走らせる前にお茶を口に含んで一呼吸入れるが、昨日はたまたまお茶が切れていて朦朧とした意識のままアクセルを踏んだ。
後から振り返ると悪い条件が重なっていた。

というわけでバックギアを入れてハンドルを切った途端、ガリガリといやな音が。
落ち込んでしまった。
帰宅したら給与の明細が届いていた。「禄」は思ってたより少ない金額だった。ろくなもんやない。

夜は夜で、目の前で人が燃えているいやな夢を見て夜中に目が覚めてから眠れず、深夜に布団から抜け出し本を読んだ。
こんな日があったこともちゃんと書いておこう、と日記帳みたいや。
[PR]
by rurou-no | 2010-11-27 15:51

クマの冬ごもりはどないなったんやろ

これまでもあったが、今年ほど頻繁にニュースで聞いたのはあまりなかったように思う。
冬ごもりに備えて食料を確保するためにクマが人里へ現れ、人と出会って襲ってしまう事故が多くなった。
今さら言うまでもないが、山の荒廃によって山で得られる食料が少なくなったこと、クマと人を分ける役割を担っていた里山の消失など、人間の活動による環境破壊がもたらしたものが主な要因だろう。

ふと、北海道へバイクツーリングしたときのことを思い出した。
かれこれ四半世紀も前になるが、知床の羅臼キャンプ場でテントを張ろうとしたら「去年、そこでテントを張っていた兄ちゃんがクマに襲われて大怪我をしたから気をつけてな」と声をかけられた。こっちはそんなこといきなり言われても、日が暮れて来てるし早く温泉にでも入って冷えた体を温めたいと思っていた矢先で、今さら場所を移動する選択肢はなかった。
「ほんまにやってきたらどないしょ」と怖れを抱きながらも、クマの生活圏へ入ったんやと感慨深いものがあったことを覚えている。

今日はクマの話じゃなくて冬ごもりの方だった。
貸家を転々としている田舎の生活も、Uターン後4ヵ所目の住まいになった。
まもなく2ヶ月になろうとしているこの家は、築年数すら定かでなかったこれまでの古~い家と違い、比較的新しくて築20年ぐらい。日当たりも風通しも良く、使い勝手はまあまあ良いのではないか。天気のいい休みの日は窓という窓を全開にして家の中に風を入れている。

東側と北側が藪になっているせいか虫が多く住み着いている。蜘蛛は家の周囲に巣を張り巡らして、どこから入ってくるのか夜になると家の中でくつろいでいる。大変なのはアルゼンチンアリという外来種のアリが大きな顔でのさばっていることだ。「地球の反対側からわざわざやってきたんやから好きにさせてもらうけんね」といわんばかりに堂々としたものである。

虫の話でもなかった。冬ごもりだ。
引っ越し4ヵ所目にしてやっと冬ごもりに相応しい家と出合ったということ。
ますますぐうたらになりそうでやばい。
[PR]
by rurou-no | 2010-11-23 13:51

路地の一番奥

7週間もかかってしまった。
インターネットのプロバイザーはコストを考えて(数年前のUターン当時はほかに選択肢はなかった)ケーブルテレビ会社のを利用している。
先月4日に引越してから待たされること7週間、今日やっとケーブルが我が家に引かれてインターネットとつながった。

テレビ電波のデジタル化へ向けて、ケーブルテレビ会社はここが商機とばかりに、大キャンペーンで契約者を増やしているあおりを食ったのだろう。きっと後回しにされたんだと思う。
あまりな扱いについつい担当者へ大きな声を出してしまった。こんなことになるのもデジタル化がいけないのだ。

坊主憎けりゃのついでに言ってしまうと、今ごろになってケーブル引きに大忙しなのは合併前の旧町時代、近隣市町がインターネットの環境整備に取り組んだ時、この町だけは手を上げなかった。
おかげでケーブルテレビを利用しようと思ったら、ケーブル架設工事など多額の個人負担を強いられることになった。
行政がアホやから、何年も経つのにまだ迷惑をこうむる羽目になる。

久しぶりの投稿なのに相変わらずボヤキから始まって鬱陶しいジジイや。
「ろ」からということで、引越し先について。路地といっても車が入れるから昔ながらの「路地」とは違うが、とにかく貸家が並ぶ一番奥に建つ。
これまでの家は路地の途中にあったものだから、人の行き交いや話し声など生活音が絶えず聞こえていたが、ここにはそれがない。ただ近所の犬(連れ合いがポチと名付けた)がしょっちゅう吠えている。

風呂とトイレは一旦外に出なくても行けるのはうれしい。それにトイレは水洗やでぇ。
やっと近代化の仲間入りだ。文明は快適である。
テレビとおさらばした。アナログ派の小生としてはデジタル化を機にと思っていたが、来年の夏を待つまでもない。

これは個人的なメモみたいなものやから、今日はまた書けるようになったということで。
島を離れて、本州最南端から再スタート。
[PR]
by rurou-no | 2010-11-20 20:56


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧