一所不住



<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


くうねるところにすむところ

      寿限無 寿限無 五却の擦り切れ
      海砂利水魚の 水行末 雲来末 風来末
      食う寝る処に住む処 やぶら小路の藪小路
      パイポパイポ パイポのシューリンガン
      シューリンガンのグーリンダイ
      グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの
      長久命の長助  


お馴染み「寿限無」の一節。まだ小学生のころ、テレビで落語中継を見たのが最初だったと思う。  
東京オリンピックがあった年に、家へテレビがやってきた。
当時は演芸番組も盛んに放映されていて、落語番組は江戸落語が多かった。

生まれた子にめでたい名前をつけようと、相談した和尚さんから教えてもらった縁起がいい名前を、どれにしようかと迷ったあげく全部付けてしまった、という長寿を願う親心のばかばかしい噺。 
早口言葉にして言うテンポが子どもにも面白く、いつの間にか覚えてしまった。 

「食う寝る処に住む処」は食べることや住むところに困らないようにとの願いが込められている。
果たしておよそ45年間、呪文のごとく唱えていた効果はあったのか?

食に関しては、いただき物が多いので恵まれている方だろう。問題は住だ。
Uターンで田舎暮らしを始めてから5年半が過ぎた今、4ヶ所目の住居へ引越しの真っ最中である。
少しずつ生まれ育ったところに近づいていたが、また離れることになった。

今度こそ寿限無のご利益に与かれるよう、改めて念じておこう。
もっとも「寿限無、寿限無・・・と言っている間に働け!この甲斐性なし!」と尻を叩かれそうやね。
[PR]
by rurou-no | 2010-09-30 14:05

転宅

観測以来もっとも暑い夏となり、熱中症による死者が続出した。
と、記録されるであろう今年の夏。9月中旬になっても気温は30度を超えている。
ここまで暑いと物事を考える力も失せて、ブログ更新どころではない。

南の国の人たちは精を出して働くことをせず、のんびりと遊んでばかりいるイメージがあるのもうなずける。こう暑くてはやってられない。みんな一緒に日陰で昼寝をしていればいいのだ。
問題はお金がないと何も始まらない、経済の論理が支配する社会に属していること。その社会から大きく弾き飛ばされた上、お呼びがなくなった我が身が不甲斐ない。まだ現役のつもりなのに、茶を挽いてばかりではおまんまの食い上げである。

「転宅」は上方落語から。
心斎橋を東へ行った鰻谷にある長屋。ここに住む浄瑠璃のお師匠さん、実は船場の大店の旦那のおてかけさん(お妾さん)の家へ押し入ったアホな泥棒が、機転を利かせたおてかけさんの口車に乗せられ自分の財布を渡して帰ってしまう。泥棒は約束した翌日訪ねたところすでに転宅した後だった。このおてかけさんは浄瑠璃の三味線弾きで、サゲは「それでうまいこと調子合わしよったんや」と粋(すい)にまとめる。

ビンボー所帯の我が家は、いつまでも腰を落ち着けることなく引越し貧乏の見本のようなものだ。2年前に借りた古い家はいきなり水道管の水漏れと雨漏りの洗礼を受け修繕するも、今年再び水道管が破れた。そして今度はトイレの床に張ったコンクリートがひび割れてきた。汲み取り式だから万が一床が落ちたら、想像するのも憚れるほど悲惨なことになる。危険この上ない状態を回避するには逃げるしかない、とまたまた引越しが決まった。

当然、引越しはすべて自分でやらなければならない。荷物をまとめたり運んだり手間のかかる作業はわずらわしくて2度としたくないと思いながら、性懲りもなく繰り返している。
こんなトホホな人生を選んだつもりはないのになぁ。世間様と合わんかったんやろね多分。
[PR]
by rurou-no | 2010-09-13 13:21


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧