一所不住



カテゴリ:未分類( 309 )


食うものにからだとこころ整われ

先週水曜日から今週月曜日にかけて「最強の寒波」がやってきて、列島は大混乱だった。とりわけ、記録的な大雪に右往左往させられたところが多かったようだ。
本州最南端では雪こそ降らないまでも、冷え込みの厳しさは寒さに慣れない体を竦ませる。ここにきて春の陽気に、やっと体がほどけてきたところである。
来週は「強烈な寒波」だという。う~ん、困ったもんやで。

16日、たまたまこの週末に読んだ、門井慶喜『銀河鉄道の父』が直木賞を受賞した。
宮沢賢治の父、政次郎の視点から賢治を描いた小説で、読み始めてすぐ「おっ、これは面白い」と思わせられる、韻律のある文章に取り込まれてしまった。
この感覚は、中島京子『イトウの恋』を思い出した。まったく関連はないけど。

賢治に振り回されながら、親として子を捨置けない政次郎。本になった賢治の詩を、夜っぴて何度も何度も繰り返し読む政次郎。あらためて、詩はこんな風に読むものなんや、と政次郎の思いの深さに感じ入った。

次に読んだのは、秋山龍三『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』という長いタイトルの本。身を縮めて炬燵に潜り込んでいたとき、たまたま手近にあった本を開いたら、最後まで読んでしまった。自然食養学を提唱する著者の、体験に基づく自然食への誘い。サブタイトルは『ふるさと村のからだを整える「食養術」』。

禿頭爺も若いころ、自然食の勉強をして少しだけ実践もしてみたことがあったので、どれもこれも納得の内容だ。献立は食指をそそるものばかりで、結局は原体験としてある田舎の食生活に近いおかずが並び、その美味しさを知っているからやろな。
あの頃(昭和30年代)は玄米は食べてなかったが、副菜は手作りが当たり前でほとんど自給自足だったし、豊富に獲れた魚だけは(今考えると)超豪華な食卓だった。
本の中にあった「今食べるものが、20年後の体をつくる」から、今回の表題とした。

昨日17日は、23年目の1.17だった。毎日玄米を炊いていた圧力鍋があの地震で潰れてしまい、それから自然食実践の真似事もおざなりになってしまった。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-18 10:00

瓶の中海原ありて船の行く

日曜日の昼下がり、望楼の芝の近くにある夕日スポットを通りかかったら、一人の女性が海の方へスマホのカメラを向けていた。夕日までにはまだ少し時間があるのに、と思ってカメラの先を見ると、柵の杭の上にペットボトルが置いてあった。
あぁそうか、と頭の中でユーミンの『海を見ていた午後』の曲が流れる。♪ソーダ水の中を貨物船がとおる~♪ あれやな、と腑に落ちた。

その時のことを思い出して表題ができた。ペットボトル越しに見える海は貨物船の航路に当たっているみたいで、頻繁に大型船が行き交っている。かの女性はユーミンの歌の再現を試みたのかどうか、勝手に想像を膨らませるのは歩く者の自由である。

一緒に歩いていた連れ合いは貨物船の方を見ていたらしく、「船員さんらは正月も船の上やったんかな」ともらした。「そやろな」と応えた禿頭爺の頭の中は、ユーミンから昔見た映画『ポセイドン・アドベンチャー』に切り替わる。

豪華客船ポセイドン号が大晦日の夜、年越しのカウントダウン、新年となって『オールド・ラング・サイン』(『蛍の光』の原曲)の大合唱で祝っている最中、海底大地震による津波で船が転覆する。
映画のシーンが甦った。この映画のことは前にもこの欄で書いたから、ここまで。

貨物船にもどる。航海中の年越しは盛大に祝うのやろか、近ごろは日本籍の船でも外国人の船員が多いと聞くし、外国籍の船は猶更で、そうなると新年よりもクリスマスの方が盛り上がるのやろか、などとあれこれ考えながら歩く。
歩いているときは頭も活発になるので、余計な事ばかり考える癖がついてしまった。

この一週間は本棚にある本を3冊続けて読んだ。野崎六助『幻視するバリケード』、北方謙三『あれは幻の旗だったのか』、若一光司『漂う光に』。特に意識したわけでもないのに偶然3冊とも1984年刊だった。
「探している」初夢のあとも、芝居をしてる夢とか、古い劇場を歩き回っている夢を見た。あの時代は若さに任せて何事も夢中やった。かけがえのない時間やったんやろな。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-11 10:53

新年に古き二人も背筋伸び

また、新しい年が始まった。まだ生きている。
いただき物の出雲蕎麦で年越しをし、いただき物の美味しい御節で正月を迎えた。
頂き物ばかりやないか、と言うなかれ、わが家はお金は素通りして姿も見せないが、どういうわけか食べ物は集ってくる。おかげで、飢えることなく元気に暮らしている。

世間並みといえるかどうか、曲がりなりにも無事に正月を過ごした。と、言っても表題とは裏腹に、背中を丸めて炬燵に足を突っ込んでいた時間が長かったように思う。

三が日の禿頭爺は、駅伝中継のテレビ三昧だった。元日の実業団、2日、3日は箱根。
どちらも民放だから、やたらとCMが入って集中できない。こちらも負けじと中継中に初歩きをしたり、実家へ顔を出したりと、おざなりな視聴で対抗しつつも、実際はかなり真剣に見ていたかもしれない。

結果は、実業団は旭化成が2連覇、箱根は往路東洋大、復路青学大、総合で青学大4連覇となった。駅伝の面白さは、個人種目の陸上競技に団体戦を仕掛けたところだ。それぞれ100㎞を7人で、213.1㎞を2日かけて10人で襷をつないでいく。選手の適性や状態の良し悪しはもちろんのこと、走り出してからのアクシデントなどもあり、襷が次の選手へ渡るまで安心できない。だからつい感情移入して、どの選手も応援したくなる。

元旦恒例の天皇杯サッカー決勝は、延長戦の末、セレッソ大阪が2対1で横浜Fマリノスに勝った。セレッソの水沼選手の活躍が目を引いたが、彼の父親を知る世代としては、時間の流れをしみじみと感じた。

年頭に当たり、山積する社会の難題を深く考えることもなく、漠然とこれから生活どないしょと思うだけで、ぼんやりとスポーツ中継を眺める、呆けた老人がここにいる。
年々世間との接点が遠くなっていくのを実感しながらも、自らそれを求めている一面も否定しない。初夢は元日、2日とも「探している」夢だった。
そろそろ褌を締め直して、気合いを入れなけりゃならんのやけどなぁ。

[PR]
by rurou-no | 2018-01-04 10:08

理知なくば真と信とは形骸し

こんな風に「ことば」が意味を成さなくなるなんて、「考える葦」としての人間を放棄するに等しい。よもやこんな時代がやってくるとは、これほど人間が劣化していくものだとは思いもよらなかった。

具体的な裏付けのある事実よりも、感情に訴える都合の良い嘘の方が幅を利かすようになった。「正義」を声高に主張して、誰かを攻撃することに喜びを見出す浅ましさ。その品性の卑しさに気が付かないのか。
想像力のなさと頭の悪さをさらけ出し、傲慢で恥を知らぬ嘆かわしさよ。

「真摯」「丁寧」「愚直」「謙虚」など本来控え目な言葉が、実際の意味とは逆の意味で繰り返し使われる。言葉に対する侮辱以外の何物でもない。
わたしたち「一茎の葦」が考えることによって「人」となり、その思考を表現する手段として獲得した「言葉」を貶める行為は、「人」の尊厳を傷つける罪深きことである。

いささか理屈っぽくなってきたのは、年末にあたり今年一年を振り返ってみて、表題を十七文字にまとめてみようと、細くて折れかかった葦がちょっと考えたせい。
知性なき社会を反映して、出鱈目や欺瞞がメディアを席巻するようになった。それに疑問を抱くことなく受け入れる土壌が世間に出来上がってしまった。怖ろしいことだ。

田舎で巷の情報からも意識して距離を置く、その日暮らしの禿頭爺は、まだなんとか生き永らえている。恒例の?読書で振り返る一年。
1月から4月は、本棚から再読本を中心に(本屋がない、もしくは本を買う金がない)。この欄へ記した通り。ほかに、金子ふみ子『何が私をかうさせたか』は今再び読まれて然るべき本なり。澁澤龍彦『快楽主義の哲学』。堀江敏幸『音の糸』など。

5月は、芹澤光治良、米澤穂信、佐野洋子、中島たい子、森沢明夫、伊坂光太郎ほか。 6月は、荻原浩、森絵都、宮下奈都、絲山秋子、原田マハ、アリス・フェルネ、津村記久子、芦原伸ほか。 7月は、絲山秋子、大崎梢、姫野カオルコ、須賀敦子、村松友視、内田洋子ほか、連れ合いが図書館から借りてきた本を。

8月、9月は、レイチェル・カーソン『沈黙の春』。ソーロー『森の生活』など、本棚へ戻って。 10月、11月は、熊谷達也『希望の海ー仙河海叙景』『山背郷』『烈風のレクイエム』を続けて読んだ。ほか読んだ中では、栂嶺レイ『誰も知らない熊野の遺産』、佐藤正午『月の満ち欠け』などが印象に残った。

そして12月は図書館本、坂井希久子『ウィメンズマラソン』。佐藤多佳子『明るい夜に出かけて』。梨木香歩 師岡カリーマ・エルサムニー『私たちの星で』。松本侑子『みすゞと雅輔』。天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』。ほかに中島京子や北村薫なども。
本の中には、まだ信頼できる言葉が生きている。

[PR]
by rurou-no | 2017-12-28 11:24

なんとなす土俵の外で相撲取り

サッカー東アジア選手権決勝、15日女子は北朝鮮に0対2で、16日男子は韓国に1対4で惨敗した。男女とも相手に圧倒されて、見るべきところが少なかった。

昨日(20日)大相撲の横綱審議委員会と理事会が開かれ、日馬富士の貴ノ岩に対する暴行問題について調査報告と処分が発表された。
日馬富士は引退勧告、白鵬と鶴竜は減給、八角理事長は報酬返上、伊勢ケ浜親方は理事を辞任、貴乃花親方は本人の聴取が出来ていないので処分保留。

心配していた貴ノ岩は、新聞記事では入院中で快方に向かっているとしかわからない。
問題の発端は当初の予想通り、白鵬から始まっていたことが明らかになった。現場で日馬富士を止めることができたのも序列最上位の白鵬しかいなかった。つまり、白鵬の意のままでの暴行だった。白鵬が指示したと言い換えてもいい。

理事会の処分は白鵬に甘過ぎる。相撲協会の看板横綱だからと増長を許していたツケが角界の体質と相まって、今回の問題があったのではないか。
横審も、品格に欠ける行動を繰り返した横綱の振舞いを野放しにしていた。
理事長も指導力、統率力を発揮できず、腰が引けた体たらくだった。

模範となるべき横綱であるにもかかわらず、白鵬の土俵上の所作や相撲内容が酷くて見ていられないのだ。
礼をしない時があるし、塵手水は形を崩している。清めの力水も柄杓を片手で受け取ったりする行儀の悪さである。横綱土俵入は(何をしてもいいのだという意見を受け入れたとしても)美しくないので目を背けてしまう。

いくら最強といわれようが、立ち合いの張り手や顔面を狙った肘打ち(決して相撲技の「かち上げ」ではない)は見苦しい。勝負がついてからのダメ押しに至っては危険な行為である。ダメ押しは勿論、張り手と肘打ちは禁じ手にして負けを付けるべし。
相手が横綱に対してそうしたことができないのをわかったうえでやっているから、悪質なのだ。

相撲は単なる格闘技の勝負ではなく、(神事的な要素も含めて)締め込みに髷という前近代的な型を継承し、礼儀を重んじて勝者が敗者を敬うという精神を徹底して踏襲する、ある種の神聖さも残されているから面白いのである。
相撲協会も、これを機会にすべて洗い直して、再出発の覚悟を示してもらいたい。

[PR]
by rurou-no | 2017-12-21 11:03

浮き草のように六十余年かな

お題が「う」だったので、まず表題が頭に浮かんだ。指折り数えるとちょうど十七文字に収まった。今日はこれにておしまい、というわけにはいかない。

昨日(13日)、沖縄の米軍普天間飛行場に隣接する小学校の校庭に、米軍ヘリコプターの窓が枠ごと落ちてきたそうだ。子どもたちは体育の授業中だったという。
先週7日に保育園の屋根に落下物があったばかりで、米軍は何事もなかったかのように飛行訓練を繰り返している最中の事故である。

今回の事故はCH53E型ヘリで、今年10月東村高江の私有地に墜落炎上事故を起こしたのと同型ヘリである。この事故原因も明らかにしないまま飛行を再開していた。
こんな危険な状態を野放しにしている、日本政府の弱腰はどういうことだ。
基地周辺住民の生命に関わることなのに、米軍の言いなりなんて情けない。

これほど国民のことを考えない政府がかつていただろうか、そんなにトランプの靴が甘い味なのか、ポチもたいがいにしろ。
政府は今年度補正予算案の軍事費に1900億円も計上したのだと。全てアメリカから買うミサイルなどの兵器で、それぞれの値段は向こうの言い値である。セールスマントランプの口車に乗って、米の軍事産業に貢献するのだ。何をか言わんや、とはこのことだ。

10日、ノーベル平和賞の授賞式がノルウェーのオスロであり、NGO核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に贈られた。
国連の「核兵器禁止条約」に、被爆国日本は反対している。本来なら先頭に立って条約締結を求めなければならない立場なのに、だ。

ここではっきり言う、「核の傘」に守られているというのは間違いである。ありもしない幻想を刷り込まれているに過ぎない。原発の「安全神話」と同レベルの「神話」のようなものだ。そして、原発は何度も事故を起こしているし、「核の傘」なんてどれだけ大きく広げたところで、もともと何の実体もないことに気づくべし。

人と人はお互いの違いを認め合い考えを巡らせば、問題があっても解決方法は見い出せるものだ。そもそも人同士は最初から敵対しているわけでなく、権力者の支配欲によって敵対勢力の存在を植え付けられていく。悲しいかな思考までも操作されているのだ。
冷静に自分の頭で考え判断せよと声を大にしたい。

表題は極めて個人的な十七文字だったが、ボヤキのジジイも禿頭爺の一面だということで、しばらく抑えていた禿頭の沸騰で暖をとろう。それにしても寒い日が続く。

[PR]
by rurou-no | 2017-12-14 10:28

是非もなく凍る列島ぼける脳

昨日は二十四節気の「大雪」。このところ列島全体が強烈な寒気に包まれて、12月初旬だというのに本格的な冬が到来したようだ。例年より早く雪が降り出した地方もあれば、この時季は雪のない地方でも降雪の観測が伝えられている。北海道の最低気温はマイナス20度前後を推移してるって、どんだけ寒いんやろ。

厚着をし背を丸め身を固くして、二言目には「ひやくい、ひやくい」と呪文のように唱える冷え症の禿頭爺は、人間を長くやっている割にいつまでたっても寒さは慣れないままだ。かと言って暖房器具を多用するには、エネルギーの無駄遣いは慎むべしと抵抗があり、というよりも貧乏性が抜けきれないだけやないか。若い頃の伊達の薄着と年中素足に下駄、の反動がきているのかもしれない。勝手に震えていろ。

もっとも「常春の地」で寒いなんて、ほんとに寒い所の人に申し訳ないと恐縮する。
体感の暑さ寒さは個人差があるだけに、勘弁してもらおう。
今日は冷たい雨が降っているが、こんな日でも元気な爺さん婆さんらは、グランドゴルフだかゲートボールだかの大会を開いて雨の中でプレーをしていた。
畏るべし団塊世代や。

2日、サッカーJリーグ最終節は鹿嶋と磐田が引き分けたため、大宮に勝った川崎と鹿島が勝ち点72で並び、得失点差で川崎が逆転優勝するという劇的な結果となった。
翌3日J2、プレーオフ決勝戦で名古屋と福岡が引き分けて、湘南、長崎とともに名古屋が来シーズンJ1昇格となった。
今シーズン不調の広島は、降格圏ギリギリセーフの15位に終わった。

7日、沖縄の米軍普天間飛行場近くにある保育園の屋根に、米軍機からの落下物があったという。これまでも同じような落下物事故が度々あったそうだが、由々しき問題である。園児たちに怪我がなかったものの、「人の命と基地のどっちが大事か」と、園長の怒りはもっともだ。

米のトランプがまたやらかした。今度はエルサレムをイスラエルの首都と公式に認める宣言を出した。せっかく長い時間をかけて、和平への道を少しずつ進めてきた努力を、無にする、あまりにも愚かな決定である。

日本政府から差別的いじめにあっている沖縄と、アメリカとイスラエルから酷い仕打ちを受けるパレスチナ、それぞれ状況は違っても理不尽という意味で重なってみえる。
日米似た者同士、視野の狭さと考えの浅い男に権力を持たせた結果がこれだ。

[PR]
by rurou-no | 2017-12-08 15:11

時雨たる心ほぐせよ過ぐる風

昨29日、横綱日馬富士が相撲協会へ引退届を提出し、記者会見を開いた。
引き金となった日馬富士による貴ノ岩への暴行は、当事者である貴ノ岩の親方貴乃花が異常ともとれる行動で、問題をこじらせ別の方向へ誘導しようとしているように見える。一件落着には遠い。

心配なのは宿舎へ閉じ籠って(閉じこめられて)姿を現さない、貴ノ岩の精神的・身体的ストレスだ。怪我の具合が悪ければ病院で治療を受けるべきだし、場所前の医師の診断の通り相撲を取れるのであれば、体力を持て余して却って体が悪くなりかねない。
その日にあったことを話す場を設けて、早く楽にさせてあげればいいのに。

ともあれ、立派な横綱(少なくとも今の4人の内では一番に)だと思っていた日馬富士は、晩節を汚した横綱として相撲界を去ることになった。実に残念である。
記者会見の表情からも忸怩たる思いが伝わってくる。
相撲界にとって大きな損失だが、その相撲界の体質が成した問題だった。

26日、映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』を観てきた。
タイトルに「ふたつの正義」とあるが、正義を振りかざすのは捕鯨を邪魔するグループで、その行動は悪質であり滑稽でもある。
資金調達のためのデモンストレーションの「絵になる」から、捕獲量が特に多いわけでもない小さな漁村に押しかけて騒ぎを引き起こす行為は、いじめの構造そのものだ。

漁民は先祖代々継承されてきた(記録で確認できるのは江戸時代初期から)鯨漁をしてるだけ。そこにあるのは「生活」で「正義」なんて言葉はない。
漁民は400年以上も前から鯨とともに暮らしを営み、鯨の命をいただいて生きてきた。
暮らしの中で培ってきた文化をおろそかにしてはならぬ。

映画を見終えて帰ろうとしたら、駐車場に止めてあった車が当て逃げされていた。真っすぐ止めていた車が斜めになっていて、後ろのドアがへこんで足元にプラスチック片が落ちていた。当てた犯人はすでに逃げてしまっているので、泣き寝入りするしかないのが腹が立つ。

[PR]
by rurou-no | 2017-11-30 10:36

よこしまな有象無象が掻き回し

早々と冬がやってきた。先週の冷え込みは一時的なものでまた晩秋の季節にもどる、と高を括っていたけど見通しがあまかった。もっとも天気が良ければ、昼間は小春日和の陽気で助かる。冷えに弱い体ゆえ、温かくしてくれるお日さんあればこそだ。

大相撲九州場所がたけなわだが、土俵の上より場所前にあった暴行事件問題の方が、世間の関心を集めている。事は先月26日未明、鳥取巡業を控えた夜の酒席で起こったそうだ。それが表面化したのは、場所が始まった今月14日のスポーツ新聞だった。

横綱日馬富士が平幕貴ノ岩を殴った。連日情報戦でその場に居合わせてない者が、それぞれを擁護する立場である事ない事を喋り、メディアは憶測で報道するものだから真相は混乱してわからなくなってきた。

翌日、巡業の会場で双方が和解して握手を交わした(白鵬の証言)。被害者の貴ノ岩は何事もなかったかのように土俵に上がっている。
29日、貴ノ岩は診断書を添えて貴乃花親方とともに鳥取県警へ被害届を提出。
今月2日、県警からの問い合わせで八角理事長が事件を知る。
同日、貴ノ岩は田川市長を表敬訪問し、場所への意気込みを語っている。
3日、鏡山危機管理部長が伊勢ケ浜、貴乃花両親方へ事情聴取。2人とも「よくわからない」と答えたという。

貴ノ岩が5日から9日にかけて福岡市内の病院に入院。医師の診断書「全治2週間」。これは9日に全治したという意味だと医師の証言。「症状は安定しており相撲を取ることに支障がない。現状は問題はない」とも。
10日、貴ノ岩の休場が発表された。13日、相撲協会へ診断書が出される。

時系列に整理してみるとこうなる。不可解なのは貴乃花親方の行動だ。巡業部長として報告と説明をするべき立場であるのに、逃げ回っているようにしか見えない。場所中なのに仕事を放棄しているし、問題を大きくすることだけが目的なのか。
貴ノ岩は全治しているにもかかわらず休場して姿を見せない。

警察の捜査が進めば事件の概要が明らかになってくる。そして日馬富士への処分も下されるだろう。ただ、今回の件はそれだけですっきりしないかもしれない。
現時点の疑念として、貴乃花が弟子と横綱を利用して自らの野心のために動いた、という印象が強くなるばかりだから。

ともあれ本場所の土俵は、相変わらず白鵬の強さが群を抜いているが、日馬富士より横綱の品格に欠ける見苦しい振舞いも変わらないままだ。
一方、その相撲が好きで応援している北勝富士が好調を維持しているのはうれしい。

[PR]
by rurou-no | 2017-11-24 11:10

さりとても思い離れし己が身よ

今朝は少し冷え込んだ。といっても部屋の温度計は17.1℃だから、寒いなんて叱られそうな気温やけど。温暖な土地に馴染んだ体には、これでも血圧が上昇するレベルの冷えで、頭がふわふわと落着かない。

先月下旬からの腰痛が長引き、月が替わって歯痛にも悩まされている。腰痛は若い頃からの持病で自分なりに改善方法はあるものの、歯痛はどうにもならない。行きつけの歯科医院は暫く行ってない間に、予約が取りにくいと評判が立つほど患者が増えたみたいで、やっと2週間後を予約できた(まだあと1週間の辛抱だ)。

思えば「谷間の世代」と名付けられ、前を行く「団塊の世代」という大きな山を追いかけるばかりの人生だった。越すに越されぬ団塊山は常に中心で聳え立っており、とうとう近付けないまま今に至っている。

50代のころは60代の元気な彼らを見て、還暦を過ぎたら体の細胞が入れ替わってあんな風になれる、と思い込んでいた。その60代になった自分の体は、50代よりも経年劣化が目立つばかりで、ちっとも団塊っぽくないやないか。気持ちと体のズレが広がり、思うに任せられない体を持て余してしまう。ところが70代のなんと元気なことよ。

冷静に考えれば、歳のとり方は個人差が甚だしく人それぞれである。活動的な団塊世代が気になるのも、単純に人数が多いから目に付くだけなのだ。それはわかっていても、堂々と本流を行く彼らを超えられないのが悔しい。
さりとても思いと裏腹に、体は勝手に離れていくのがままならない。

12日夜(日本時間13日未明)、イラン・イラク国境付近でM7.3の大地震があったそうだ。映画などで知るこの地域は、日干しレンガを積み上げた建物が多いので、地震などには弱くて簡単に倒壊してしまいそうだから、その被害が心配である。

千葉県市原市田淵の養老川沿いにある地層が、約77万年前に地球の磁極が逆転した痕跡が確認できることから、地質学で地質年代の境界を代表する「チバニアン」と呼ばれる可能性が高まったという。
こんな面白いニュースにもっと接したいが、世の中の出来事を伝えるニュースは、そもそもつまらないことの方が幅を利かせているものかもしれない。人の不幸は蜜の味というし。

[PR]
by rurou-no | 2017-11-16 10:14


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧