一所不住



2017年 09月 07日 ( 1 )


急ぎ足追いつ追われつ秋の月

8月31日、サッカーワールドカップアジア予選で、日本代表はオーストラリアに2対0で勝利し、本大会出場を決めた。
得点者はサンフレッチェ広島時代から応援していた浅野選手と、ガンバ大阪で名手遠藤選手の後継者としてチームを率いる井手口選手。22歳と21歳の若手である。

この試合で目を引いたのは、元セレッソ大阪の乾選手の献身的なプレー。相手の攻撃の芽を摘む術に長ける現セレッソの山口選手や前出の2人とともに馴染みのある選手が躍動する姿は喜ばしい。とりわけ井手口選手の活躍は際立っていた。
5日のサウジアラビア戦は見なかったが、0対1で負けたそうだ。

スポーツのテレビ中継は映像だけ見ていればいいから、主屋で過ごす時間が増えるにつれ、チャンネルを合わせる機会が多くなった。
プロ野球はパ・リーグのソフトバンクホークスとセ・リーグの広島カープが優勝マジック10で並んだ。我が家のそれぞれが応援しているチームなので、機嫌よろしく家庭内平和が保たれている。

8月29日朝6時ごろ、北朝鮮が事前通告なしにミサイルを発射し、北海道上空を通過して襟裳岬東方沖約1,180キロの太平洋上に落下したという。
このとき、全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動して、12道県にサイレンが鳴り響き、携帯電話に緊急速報が配信されたそうだ。

首相は「発射直後から動きは完全に把握していた」と言うが、ならば何故これほど大袈裟に騒ぎ立てるのか。「国民の保護」を言うなら、やり方があるだろう。
鉄道は止まり、テレビは緊急番組に切り替わったとか。早朝に大騒ぎをして、何を狙っているのやら。

サイレンや携帯のアラーム音に驚いて、実際に交通事故が起こったそうだ。
それにもし落ちてくる可能性があったとしても、逃げ場所なんてないのが現実だ。サイレンが鳴ろうが、ミサイルにはひとたまりもないぞ。竹槍ではあかんで。
どうもこの国の政府は、戦争の準備を着々と進めているように思えて仕方がない。

と、ここまで書いて、まだ表題を思いつかないままや。どないしょ。

[PR]
by rurou-no | 2017-09-07 10:44


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧