一所不住



時刻表

近ごろの鉄道マニアたちは「てっちゃん」と呼ばれて、密かに注目を浴びているらしい。
「てっちゃん」といえばホルモンを連想するからマニアにはほど遠い私だが、時刻表を見るのは
昔から好きだった。

架空の旅を楽しめるのは勿論のこと、仕事でも遊びでも旅が多かったから、もっぱら実用として
時刻表を開いた。読者サービスで写真やイラストが載っているわけでなく、ただ数字が並んで
いるだけの雑誌にどうして夢中になれるのか、そこにはその数字の通りに列車が走っている
前提があって初めて、単なる数字が生き生きと踊り出すというものである。

よく周遊券というのを利用した。指定された地域内であればどこでも自由に乗り降りが出来る。
あらかじめ計画を立てるのでなく、行き当たりばったりの旅ばかりで各駅停車のローカル線に
乗るのを楽しみにしていたから、思いついたら何処ででもふらっと降りられるのが便利だった。
目的地まで、どれだけ遠回りして時間をかけて行けるかが楽しみでもあった。

もう一つ〈青春18キップ〉も重宝した。1日1枚で何処まで行っても構わない。一度、京都から
各駅停車を乗り継いで何処まで行けるのか試したことがあった。始発に乗って時刻表を片手に
1日中乗り続けた結果、山形駅まで行ってしまった。日にちが変わるギリギリに到着したのは
いいが深夜である。そのあとのことなんて考えていなかった。駅のホームで呆然とするばかり。

この地方に住むようになってからは、たまに大阪へ出る時は特急電車になる。だがやはり旅は
のんびり各駅停車でしたい。駅に止まるたび乗り降りする人の表情やしぐさ、言葉遣いなどが
少しずつ変わっていく。駅ごとに匂いが違っていたりもする。気に入ったところで降りて、歩いて
みる。これまでもそうしていたが、これからもそんな旅をしていきたい。
[PR]
by rurou-no | 2007-07-20 13:29 |
<< 歌麿 厩火事(うまやかじ) >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧