一所不住



ペシャワール

まだ行ったことがない、パキスタンのペシャワール。
ハイバル峠の麓、アフガニスタンとの国境にある町。

   この街の朝は祈りで始まる   朝日に向かってじいさんが立つ
   この街の朝はチャイで始まる   ヤギのミルク沸かすにおいがする
   昔この国へ攻めてきた時   仏像の首を切り取った人の 
   血が流れてるとは思えない   やわらかいパキスタニが歩いてくる
   花の都ペシャワール   荒野に咲く街
   生き急ぐことはない   死に急ぐこともない
   やわらかいパキスタニが歩いてくる
                          豊田勇造 「花の都ペシャワール」 より


国境の町の常として幾度も戦渦に巻き込まれて、そのつど帰属する国が変わったりした。
そうした町だからこそ交易が盛んとなって、バザールができ人々が行き交うようになる。
様々な民族や宗教が入り乱れて、活気のある町が作られていった。

前々から行きたいと思っていた ペシャワール。ガンダーラの中心都市として栄えた。
あのタリバンを養成した神学校がある町。この学校はもともと、アフガニスタン難民の
子どもたちへの教育の機会を保障する 宗教的喜捨の精神から始められたものという。

行ってみたいところは、まだまだいっぱいある。中央アジアもそのひとつ。
ペシャワールからは 〈桃源郷〉フンザも そう遠くはない。けど、フンザは観光客が多い
というから イメージの世界だけの方がいいのかも知れぬ。
[PR]
by rurou-no | 2007-01-22 11:40 |
<< どですかでん ポルトガル >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧