一所不住



めかけ・てかけ・こなから

タイトルの三つの言葉は、どれもある立場の女性を指したもの。
米朝師匠が、「悋気の独楽」のマクラでしていた噺の聞きかじり。

船場辺りで商いをしていた檀那衆は、「別宅にお妾さんを囲って一人前」と
言われていたらしい。
この「おめかけさん」という言い方は、東京地方での使い方。
大阪では「おてかけはん」と言う。
「め」をかけるか、「て」をかけるかの違い。

そして、粋(すい)な言い方として、「こなからはん」があったそうだ。
一升の半分が、五合で半(なから)。そのまた半分が、二合半で小半(こなから)。
二号はん(おてかけはん)を指して、「こなからはん」。

米朝師匠の高座は、笑いに行くというより、勉強しに行くと云われる所以である。
本人も噺の合間に、「勉強になりまっしゃろ」と くすぐりを入れたりしている。

さて、『悋気の独楽』は 
夜になっても帰らない檀さんに悋気した御寮さんが、番頭や丁稚を問い詰めるも
誤魔化されてしまう。そこへ檀さんのお供をして出かけた定吉が1人で帰ってくる。
御寮さんに買収されて、定吉が苦し紛れに独楽占いをやって見せた結果は・・・。
[PR]
by rurou-no | 2007-01-08 15:34 |
<< 水辺に住む ゆりの山温泉 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧