一所不住



三日月の淡き香運ぶ野天食

毎夜歩く道筋で必ず通るのが、本州最南端の(戦時中海軍施設があった)「望楼の芝」に隣接する周遊道路。約10万平方メートルといわれる大芝生が広がっている。
その一部がキャンプ場となっており、ゴールデンウイークや夏休みともなれば、芝生の半分位までテント群が占領する。(この時期は主にファミリーキャンプ)

例年なら連休が終われば、週末ごとに指定の場所へテントが何張か並ぶ寂しいキャンプ場だが、今年は少し異変があった。平日でもテントの数が減らないのだ。
時間に余裕があるのはわかる。経済方面はどうなんやろ?余裕があるから平日でも遊んでいられるのか、それともないから居続けているのか。直接聞くしかないけど、それほど深刻な疑問やないのでほっとこう。

グループで、あるいは単独で、銘々が夜の時間を楽しんでいるのを横目に歩く。キャンプ場で知らない者同士が集まって食事や団欒するのは旅の悦びである。また1人で夜の風に吹かれるのは何物にも代えがたい時間だ。

ひょっこり地元の爺さんが声をかけようものなら、大歓迎してくれるのは知っているが、生憎こちとらは耳に問題があって話が弾まないし、下戸のため酒の付き合いもできないから、そのまま通り過ぎるだけ。
見上げれば、三日月に薄く雲がかかって、風情あるキャンプ場を演出していた。

月曜日、今季限りで引退表明したゴルフの宮里藍さんの記者会見が気になったので、久しぶりにNHKニュースにチャンネルを合わせたところ、延々と北の国のとっちゃん坊やのおもちゃを紹介していた。ミサイルの名前や性能とともに何度も同じ打ち上げ映像を流していたのだ。坊やは、おもちゃ自慢ができて喜んでいるやろ。

もう一つ、たまたま町広報を開いたら、「内閣官房からのお知らせ」として「弾道ミサイル落下時の行動について」ー近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難するーーて、こんな田舎でどうせぇちゅうねん。

戦争前の雰囲気作りに躍起になっているようで、かなんなぁ。

[PR]
by rurou-no | 2017-05-31 10:26
<< くくるのは木で鼻やなく腹ちゃうの なし崩し数の暴力五月闇 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧