一所不住



是非もなく凍る列島ぼける脳

昨日は二十四節気の「大雪」。このところ列島全体が強烈な寒気に包まれて、12月初旬だというのに本格的な冬が到来したようだ。例年より早く雪が降り出した地方もあれば、この時季は雪のない地方でも降雪の観測が伝えられている。北海道の最低気温はマイナス20度前後を推移してるって、どんだけ寒いんやろ。

厚着をし背を丸め身を固くして、二言目には「ひやくい、ひやくい」と呪文のように唱える冷え症の禿頭爺は、人間を長くやっている割にいつまでたっても寒さは慣れないままだ。かと言って暖房器具を多用するには、エネルギーの無駄遣いは慎むべしと抵抗があり、というよりも貧乏性が抜けきれないだけやないか。若い頃の伊達の薄着と年中素足に下駄、の反動がきているのかもしれない。勝手に震えていろ。

もっとも「常春の地」で寒いなんて、ほんとに寒い所の人に申し訳ないと恐縮する。
体感の暑さ寒さは個人差があるだけに、勘弁してもらおう。
今日は冷たい雨が降っているが、こんな日でも元気な爺さん婆さんらは、グランドゴルフだかゲートボールだかの大会を開いて雨の中でプレーをしていた。
畏るべし団塊世代や。

2日、サッカーJリーグ最終節は鹿嶋と磐田が引き分けたため、大宮に勝った川崎と鹿島が勝ち点72で並び、得失点差で川崎が逆転優勝するという劇的な結果となった。
翌3日J2、プレーオフ決勝戦で名古屋と福岡が引き分けて、湘南、長崎とともに名古屋が来シーズンJ1昇格となった。
今シーズン不調の広島は、降格圏ギリギリセーフの15位に終わった。

7日、沖縄の米軍普天間飛行場近くにある保育園の屋根に、米軍機からの落下物があったという。これまでも同じような落下物事故が度々あったそうだが、由々しき問題である。園児たちに怪我がなかったものの、「人の命と基地のどっちが大事か」と、園長の怒りはもっともだ。

米のトランプがまたやらかした。今度はエルサレムをイスラエルの首都と公式に認める宣言を出した。せっかく長い時間をかけて、和平への道を少しずつ進めてきた努力を、無にする、あまりにも愚かな決定である。

日本政府から差別的いじめにあっている沖縄と、アメリカとイスラエルから酷い仕打ちを受けるパレスチナ、それぞれ状況は違っても理不尽という意味で重なってみえる。
日米似た者同士、視野の狭さと考えの浅い男に権力を持たせた結果がこれだ。

[PR]
by rurou-no | 2017-12-08 15:11
<< 浮き草のように六十余年かな 時雨たる心ほぐせよ過ぐる風 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧