一所不住



つつがなき日々は戦争なきがゆえ

なんやかやゆうても72年もの間、戦争しないできたのは立派だと思う。
憲法で「戦争放棄」を謳った、賢明な先人がいたからこそであり、おかげで経済的繁栄を享受できた(個人的には享受できないままだったけど)。
この歳になるまで、人同士の殺し合いに巻き込まれないでこれたのは、あの愚かな戦争を二度と繰り返さない、という強い気持ちを憲法に表明してくれたからである。

戦争を体験した人が少なくなり、戦争の悲惨な実態を知ろうとしないバカな政治家が、戦争できる国にしようと目論んでいる。単細胞脳の連中は「相手が攻めてきたらどうするのだ、戦わないのか」と、わかりやすい仮定の話をしたがるが、そうならないようにするのが政治の仕事だということに考えが及ばないらしい。考える力の足りない権力者の、我欲と面子が起こす戦争のなんと多いことか。

少なくとも、人と人は最初から憎しみ合うわけではない。憎悪の感情は概ね間違った情報によって操作される。お互い解り合えば、人種や宗教、言葉の壁を乗り越えて誰とでも友人になれる可能性がある。これは、わずかながらも外国での滞在で確信した。そして、日本人に好感を抱いてくれている人が多いことも知った。

この夏、北朝鮮とアメリカの緊張状態が高まっている。あまり賢くない指導者同士だから、こんな不様なことになってしまうのだ。
挑発しあうことに何の意味があるんや。そんな子供じみたことしてないで、頭を使って考えろ、と言いたい。

アメリカ南部バージニア州で白人至上主義者(KKK)やネオナチグループが12日に集会を開き、それに抗議する反レイシズム団体と激しく衝突し、抗議行動する集団に突っ込んできた車によって32歳の女性が犠牲になった。この件を受けて差別主義者のトランプ大統領は、白人至上主義グループをかばうような態度を示した。

バラク・オバマ元大統領は、直接の言及はなかったものの、ネルソン・マンデラ元大統領の言葉をツイッターで引用したそうだ。
「肌の色や出自や信仰の違う他人を、憎むように生まれついた人間などいない。人は憎むことを学ぶのだ。そして、憎むことを学べるのならば、愛することも学べるだろう。愛は憎しみよりももっと自然に、人の心に根付くはずだ」 (マンデラ『自由への長い道』)


[PR]
by rurou-no | 2017-08-17 10:52
<< 遠雷の闇の向かうを見てをりぬ 累代の人人つなぐ墓の列 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧