一所不住



歴史成す浪速の春に稀勢魅せり

26日千穐楽だった大相撲春場所は、新横綱稀勢の里が相撲史に残る逆転優勝を成した。後々「奇跡の二番」として好角家の記憶に刻まれ、何かにつけて引き合いに出されるだろう。あり得ないことが現実に起こる、相撲の醍醐味を堪能した。

初日から12連勝していた稀勢の里は、13日め日馬富士との取り組みで左上腕筋断裂という重症を負った。休場止む無しと思われたが、14日めも出場し鶴竜に簡単に寄り切られてしまう。力が入らない相撲は見ていて痛々しかった。

大関照ノ富士はこの日、大関復帰を懸ける琴奨菊との取り組みで立ち合いに変化し、優勝争いの先頭に立つ。琴奨菊はこの一番で、大関返り咲きの夢は断たれた。ここは正面からぶつかり合い、力の差を見せつけて引導を渡す場面だった。
先輩大関への敬意の感じられない注文相撲にはがっかりした。

千穐楽。傷を負った横綱と古傷を悪化させた大関、手負いの者同士が対戦した。「事実は小説より奇なり」、得意の左が使えない横綱が本割と決定戦で2連勝して優勝する、と誰が予想できただろうか。右からの突き落としと小手投げは見事に決まった。

禿頭爺はテレビ画面の中の出来事に、驚きよりも、貴乃花の二の舞にならないように、という心配が先に立った。巡業へ出なくていいから暫く治療に専念してほしい。
理想の横綱を体現するのは勿論だが、横綱の責任もほどほどにすべし、だ。

いつ政権を投げ出すのかと待っていたのに、なかなか真相の解明が進まない8億円値引きで国有地を払い下げたアヘ友学園問題。
やましいことがなければ、詳らかに説明してすぐに終わっていたはず。官僚が記録を隠すのは、それだけの理由があるから、というのは政治的な常識。
証人喚問における国会議員の稚拙さと程度の低さは、胡散臭いオッサンがまともで正直な人物に見えてきた役割を果たしただけ。

寄付金の100万円は、官房機密費から出ているのはほぼ間違いない。億単位の金がいつでも領収書なしに使い放題だから、こればっかりは藪の中、突き止めるのは無理だ。
断定していい、この問題の本丸は首相と官房長官である。平成の疑獄事件なり。

[PR]
by rurou-no | 2017-03-30 10:19
<< 林道に花粉飛び交い散る桜花 濡れ衣を晴らすすべなく封じられ >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧