一所不住



濡れ衣を晴らすすべなく封じられ

あれれ、もう1週間経ったんかいな。このところ続く体調不良は、日一日をやり過ごすのが精一杯で、気持ちに余裕がなくなっている。
1週間前から、首から背中にかけて鉄板を張り付けたような強い凝りと痛みを背負い込み、(借金はないのに)首が回らない。と前にもここに書いたのを思い出した。
この症状は忘れた頃にやってくる、招かざる客のようなものやな。

振り返ってもあっという間の7日間で、何があったんやろ。そうそう18日、「ロックンロールの創始者の一人」といわれている伝説のギタリスト、『ジョニー・B・グッド』のチャック・ベリーが、ミズーリ州セントチャールズの自宅で亡くなったそうだ。90歳。多くのミュージシャンへ影響を与えた偉大なる存在だった。

22日、「共謀罪」法案が閣議決定された。「オリンピック」やら「テロ対策」やら持ち出して誤魔化そうとしているが、その本質は、一般市民をいつでもどこでも意図的に犯罪者へ仕立てあげることができる極めて危険な法案である。検察と警察が恣意的な判断でなんでもできるのだ。つまりそれらを動かす権力の思うがままだということ。

個人の思想や信条が処罰の対象となってしまう。芸術活動や宗教なども例外ではない。戦前の国家総動員体制が進められ、管理と監視がより強固となる。
隣国の中国や北朝鮮を見れば、今の政府がやろうとしていることが重なってくる。
これは、連中の「教育勅語」礼賛にも通じるのだ。「個を捨て国家に奉仕し、天皇のために命を捧げろ」と。あほぬかせ!

前回わざと「勅語」の道徳的な部分を抜き書きしたのは、こんなことは上から押し付けられなくても、それぞれの関係や生活の中で学び育んでいけるものだからだ。
ちゃんちゃらおかしいわ。
強制された「勅語」によって、国民こぞって「戦時体制」へ右へならえした結果どうなったか、忘れてはならない。戦争に反対したばかりに犯罪者とされ、獄中で酷い拷問を受けた、数少ない勇気ある人のことを忘れてはいけない。

取り返しがつかない大きな犠牲と引き換えに手に入れた、主権在民、自由と民主主義を、亡国の徒である学習能力のない幼稚な国家主義者どもへ、簡単に渡したらあかんで。

[PR]
by rurou-no | 2017-03-23 10:14
<< 歴史成す浪速の春に稀勢魅せり 賢明を圧して牽強のさばりぬ >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧