一所不住



八百万神の戒め天に穴

近ごろの気象は、過剰な上に攻撃的で、凶暴さを増しているような気がしてならない。
気温が40度近くまで上がったかと思えば、落雷や竜巻を伴う集中豪雨が襲いかかり、時には雹が降ったりもする。山崩れによる土砂災害、河川の氾濫など、列島全体が「異常」という言葉に収まりきらない、人間の想像力を超えた天変地異とはかくや、と思わせる大いなる力に取り込まれてしまったかのようだ。

これは、東アジアの一地域だけに起こっていることではない。世界の各地で同時多発的に発生している現象である。やっぱり地球が壊れ始めたんやろな。ヒトという凶暴な生き物が暴れ回った結果ともいえる。
限界を知らぬ欲望が自らの首を絞めている。破滅するまで止められん中毒患者や。

日ごろは神さんなど特に意識することのないバチ当たりでも、そこは生まれたときから身に沁みついている習慣というか、身の回りに存在するあらゆるものを畏怖する気持ちが自然と備わっている。それを「八百万の神」に置き換えても良い。
度を過ぎた人間の活動を戒めてくれているのではないか、と思ったのが表題となった。

7日、国連本部は加盟193ヵ国中122ヵ国の賛成で「核兵器禁止条約」を採択した。
核保有国は参加しなかったものの、核なき世界への一歩を踏み出した意義は大きい。
一方、米国に同調して、この条約を批判する日本の態度は情けない。被爆国として果たすべき役割があるはずである。その国の民として恥ずかしいし、腹立たしい。

18日、民進党の蓮舫議員は、二重国籍批判をかわすため戸籍情報を開示した。
野党第一党の代表として、彼女の判断は受け入れがたい。何人もその出自によって不利益を受けてはならないはずやのに、こんな前例を作ってしまったらあかん。
むしろ二重国籍云々をいう連中の、差別を助長するような態度を改めさせるべきであり、それこそが今一番しなければならないことだ。蓮舫さん、がっかりや。

[PR]
by rurou-no | 2017-07-20 10:42
<< 生温き風捕まえて涼見立て 最早もう縁も切れるか禿頭爺 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧