一所不住



賢明を圧して牽強のさばりぬ

明日は彼岸の入りやというのに何が名残惜しいのか、まだ冬がこの辺りをうろついている。こちとら何の未練もないから、早く何処へでも行ってくれっ。
からだが冷える上に体調が頗る悪くて、この面を埋める指先の仕事もままならない。
そうこうしているうちに、パソコンまでフリーズしてしまった。どないしょ。
と、一旦消して初めからやり直した。うん、今度は大丈夫みたいやけど?

今週気になったのは、3.11政府主催追悼行事の首相式辞で「原発事故」の文言が消えたというニュース。わざとその言葉を避け、事故はなかったことにしようとする魂胆が露骨である。事故被害者を貶める、なんたる非道なやり方か。

事故は6年前の出来事でなく、6年間ずっと現在進行形で続いているのだ。
「収束」などするはずもなく、原子炉内部がどうなっているかすらわからない状態で、廃炉作業の先行きは見通しが立たないのが現実である。
それなのに「避難指示区域の解除」てか。何をかいわんやだ。

責任ある立場の者があの事故をちゃんと反省しないで、原発の再稼働や電気代の値上げで責任転嫁しているから、放射能を出した方は責められず、浴びた子どもたちがいじめにあうことになる。こんな理不尽が罷り通る社会ってあかんのと違うか。

理不尽さは、敗戦後72年にわたって日本の安全保障のための犠牲となっている、沖縄の現状にも通じる。その仕打ちたるやひどいものだ。心の底から腹が立つ。
電気は足りている。原発は危険やし高くつく。勘定に合わんでぇ。欲ったれどもが!

もう一つ。このところ「教育勅語」を認める風潮が大手を振るようになった。「危急の事態には公に奉仕し皇室を助けろ」という勅(天皇の言葉)をだ。
「父母に孝行、兄弟仲良く、夫婦仲睦まじく、友だちとは信じ合い、行動は慎み深く、他人に博愛の手を差し伸べ・・・」云々とも。

勅語を肯定しようとする連中は、敗戦の歴史を学習しないで、自分の都合のいいように正当化したいのだ。第二次世界大戦で国土を焦土化し300万人の同胞を亡くし(世界中で8000万人の犠牲者が出たともいわれる)、そしてアジアの人々を殺した反省をしてないからや。懲りずに国のため命を捧げろと言うのか、まことに嘆かわしい。

送信しようとしたら、えらそうにタイトルを入れろと指示しやがる。
う~ん、こまった。表題の十七文字を思いつかないど。

[PR]
by rurou-no | 2017-03-16 11:15
<< 濡れ衣を晴らすすべなく封じられ でんでんとデタラメばかり地金透け >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧