一所不住



喉元を過ぎても熱さ忘れまじ

この時代に最低最悪の政権が、この国に存在していたことは絶対に忘れないし、また忘れてはならない。
議員の質の劣化は目を覆うばかりで、立法府の体を成していないやないか。
三権分立も知らない連中が、憲法をいじろうとする。憲法を守らなあかん立場やのに、ないがしろにしている奴らに憲法を語る資格はあらへんで。

最高権力者は、なんでもかんでもアメ様に忠犬アヘ公として仕えることしか頭になく、国民を平気で人質に差し出す。
特定秘密保護法しかり、集団的自衛権を含む安保法制しかり、そして共謀罪、どれも御主人様からの指図を忠実に実行してきた。

秘密保護法では権力者の秘密は守られたが、一市民の秘密は守られない。
集団的自衛権でこの国も戦争当事国の仲間入りだ。自衛隊員の命が脅かされるようになった。外国で活動するNGOもしかり。命の危険が増した。
どの法案も説明責任を放棄して強行採決した。おぞましき共謀罪もそうなるのかぁ?

こうしている間にも、辺野古の海の工事は進んでいるし、原発は再稼働している。
沖縄の人たちへの仕打ちは忘れてなるものぞ。福島の人たちへの仕打ちも忘れない。

人間として最低のことを臆面もなくやってのける一団(共謀罪に該当)がいる。
嘘をつく。嘘がバレても認めない。言い逃れやごまかしに終始する。仲間を裏切る。仲間を悪しざまに罵る。聞かれたことに応えない。決まり事を守らない。等々。
これらは、もりそばを食べる時に書き出していたが、かけそばも似たようなもん。

ボキャ貧首相(少し前までは「レッテル貼り」、近ごろは「印象操作」、おまけに意味を間違えて使こうてる)と、そのオトモダチの典型的な類型だ。
学校で子どもたちへ、こんな人間になってはいけません、と教える好例としてわかりやすいのではないか。

6月中旬やというのに寒くて体調が悪い。使用期限も残り少ない脳みそゆえ、あまり働かなくて、戯れ文といえどもうまくまとめられへん。

[PR]
by rurou-no | 2017-06-14 14:17
<< 自販機の光ならべて鄙の道 くくるのは木で鼻やなく腹ちゃうの >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧