一所不住



移ろうて猫の逢引闇に声

金曜(17日)、日曜(20日)、そして今日(23日)と、3日ごとに春の嵐が吹く。
金曜のが「春一番」やと思ってたら日曜のがそれやったらしい。今日はさしずめ「春二番」となろうか。昨夜からの風は陋居を揺らして、おちおち寝てられないほどである。
気温も「三寒四温」ならぬ「二寒一温」に。季節が移ろう時期になった。

と、ここで表題を思いついた。昨夜、部屋の明かりがぼんやりもれる庭に、黒い猫がやってきたので、また糞をしにきたのかと思い追っ払ったら、植木の陰に隠れてしまった。しばらくして春の夜に盛んになる例の声が(禿頭爺は聞こえないけど連れ合いが教えてくれた)。そうか、ここで待ち合わせしてたのか。
そういえば数日前も歩いている途中、暗がりの道の真ん中で猫二匹が重なっていたのを見かけた。なにも往来でしなくてもいいのに、邪魔したな。

今週のニュースは「正男」暗殺でもちきり。おかげで問題山積の国内ニュースは霞んでしまった。「テロ等準備罪」は、「共謀罪」をテロ対策ならしゃーないと思わせるための姑息な言い換えに過ぎない。

前回の続き。一般に「大逆事件」というと1910年の「幸徳秋水事件」になる。
後に明治政府による捏造であることが明らかになったこの事件は、日露戦争と朝鮮侵略に反対する全国の社会主義者と無政府主義者が一斉に逮捕され、十分な証拠調べもないまま24人に死刑判決(内12人は無期懲役に減刑)が出た。

地元紀州新宮では、大石誠之助と成石平四郎が死刑、高木顕明、峯尾節堂、崎久保誓一、成石勘三郎の4人が無期懲役と、権力によるでっち上げの犠牲になった。
6人とも無実の罪を着せられた。恣意的に犯罪者を作り上げるのは権力の常套手段である。「嘘から出た真」(大石)は、いつの世もついて回る。

訃報(23日朝日)。【「けんかえれじい」「ツィゴイネルワイゼン」など個性的な美学に貫かれた作品で知られる映画監督の鈴木清順(すずき・せいじゅん、本名鈴木清太郎<すずき・せいたろう>)さんが13日午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため、東京都内の病院で死去した。93歳だった。】

[PR]
by rurou-no | 2017-02-23 10:50
<< 冤罪をまた増やすのか悪法で 流布したるウソとマコトがせめぎ合う >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧