一所不住



無いもん買い

「おい、何してんねん?」「えっ?」「何してんねん?」「わい?わい、あのー、立ってんねん」「立ってんねんは見たらわかってるがな。立って何してんねん?ちゅうてんねん」「立って・・・立ってんねん」「んなおかしなものの言ぃ方すんねやあれへんがな、どや、おもろいことして遊ぼか?」

上方落語 『無いもん買い』 の入り、喜六と清八のやりとりは前にも引いたと思うが、「何してんねん?」と聞かれて「立ってんねん」「立って、立ってんねん」と、間の抜けた応え方がつぼにはまって、いきなり笑いの世界へ引き込まれてしまう。たしか桂坊枝さんで聞いた。

噺は 「おもろいことなぁ・・・わい、銭が無いがな」「銭があって遊ぶんやったら誰でも遊ぶがな、今日は銭なしで遊ぼか、ちゅうてんねん」 と続いて2人は「無いもん買い」に出かける。
金物屋で「鞘付きのノコギリ」「蓋付き、引き出し付きのカナダライ」、古着屋では「半袖半ズボンのモーニング」「裾模様のあるパッチ」「三角形の座布団」「綿入りの蚊帳」と、店にないもんばかり注文して亭主をなぶる清八、それを見て喜六が真似ようとするが失敗する、お馴染みのパターンで、ほかに饅頭屋や魚屋も冷やかしていく。

上方落語らしい、バカバカしさだけの噺である。
「ないものはない」宣言で全国的に注目を集めているのは、島根半島沖合い約60キロに浮かぶ離島、海士町だ。キーワードには2つの意味(①ないことを強調する②なんでもある)が含まれるが、つまり大事なものしかない(ないのはいらないもの)、と捉えていいだろう。

現町長がまず手を付けたのは自らの給与削減、次に役場職員の給与削減、これで2億円の財源を引き出したという(わが町では逆に町長が最初にやったのは自分の給与を上げることだった)。そこから、役場は「住民総合サービス会社」だとして、次々とアイデアを実行していく。海の幸の商品化や隠岐牛のブランド化、さらに統廃合寸前だった島の高校へ全国から生徒を呼んだ。 Iターン、Uターン住民が増えているそうだ。

わが町の議員先生方も数年前この町へ視察に行ったはずだが、なに見てきたんない?
国会と同じく町長派が大半の町議会では、町の活性化は望むべくもない。
衆院選を前に、失政を誤魔化すため嘘八百を並べ立てて饒舌になっている権力者はみっともないぞ。隠したいことがある者ほど饒舌になるのは人の習い。例のばーさんと一緒やで。
[PR]
by rurou-no | 2014-11-29 14:44
<< 粋な男たち 白く咲いたか百合の花 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧