一所不住



打ち水は逆効果

新聞で面白い記事を見つけた。
「真昼の打ち水、実は逆効果」との見出しは、以前から抱いていた疑問をすっきりさせてくれるものだった。やっぱり、そやと思ってたんや。

夏に「地球温暖化対策」とか「ヒートアイランド現象対策」とかいう名目で、子どもたちを動員して「打ち水イベント」なるものが流行っているらしいが、なんか違うような気がしていた。
みんなでいいことしようパフォーマンスは気持ち悪くて、どうしても色眼鏡で見てしまう癖がある。

「気化熱で涼しくなる」ともっともらしく喧伝するが、土の上ならともかく、真夏のアスファルト路面に水を撒いたところで(記事中の言葉をそのまま使うと)「焼け石に水」なのは、素人考えでもわかる。

打ち水は、蒸し暑さを助長することになりかねないから節電効果も得られないのだ。
夏の節電にはエアコンを止めるのが一番。甲子園の高校野球をやめればいい。どこの家でもエアコンとテレビが点きっぱなしになって、電気の消費量は半端じゃないと思う。

科学的な検証もないまま、気分で物事を進めるのは良くないという例だ。
では、これは?桐生市議会の庭山由紀議員が24日、ツイッターで「献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」とつぶやいて、抗議が殺到しているそうだ。

発言は直截だが、被曝した血液は輸血しても大丈夫なのか、という問題提起である。
ここでは、放射能汚染地域住民への差別であるとか傷つけるとかの批判は当たらない。
それに対して赤十字の見解は「献血は通常通り受け付けています」だった。答えるべき内容は医学的にどうか?ということなのに、それには触れていない。

感情論に流されるのは危険だ。当局は誰にでも分かりやすいデータを示して説明をする義務がある。不安を解消するにはそれしかない。それとも隠したい理由があるのか?
ますます疑心暗鬼になってしまうやないか。
[PR]
by rurou-no | 2012-05-28 12:12
<< 快適快感のジャズ 理にかなう >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧