一所不住



マロンに導かれ

26日の日曜日、久しぶりに映画を観に出かけた。
成島出監督作品「八日目の蝉」。角田光代の同名小説が原作である。
ちなみに小生は話題作にもかかわらず、小説が新聞連載中も単行本発行時もテレビ放映も知らないで文庫本になって初めて読んだ、という世間の流れから取り残されていたことを白状する。

小説と違って映画は誘拐された赤ん坊(恵理菜=薫)の再生の物語として撮られていた。
連れ去られていた4年間の薫と成長した21年後の恵理菜をカットバックでつなぎ、空間を移動することで時間を遡るという複合的なロードムービーであった。同時に恵理菜=薫の心の揺れを丹念に追いかけて、それぞれがシンクロする複雑な重層構造を成していた。と、わけのわからんことを書いているが、ようするに映画の面白さを堪能させてもらった。

この日は遠出のドライブで映画やと舞い上がっていたのか、補聴器を忘れてしまい肝心の科白が聞き取れなかったが、小説を読んでいたから映像だけでも十分に楽しめた。むしろ音がなかった分、丁寧なカメラワークと役者さんの表情や身振りなどから伝わるものを強く感じとった。

雨の坂道、雪の坂道、自転車で疾走する坂道、そして夜空に輝く星、日の光に煌めく海、虫追い行事のシーンなど、映像で表現されたものの饒舌な語りを挙げていくといくらでも出てくる。

この映画では永作博美という女優さんの演技に特筆すべきものがあった。誘拐した子どもをいかに愛し慈しんだか、写真館のシーンに集約されていた。
もうひとり気になったのが、恵理菜=薫の道先案内としてともに道行きするマロン役の小池栄子。猫背の立ち姿や危うい歩き方、ぎこちないしぐさなどで役の性格を見事に表現していた。

原作ではどちらかというと誘拐犯の方に興味をもったが、映画は誘拐された子を中心にドラマが進行した。監督は若手女優を主人公にして映画を撮りたかったのだろう。それにしてもエンゼルホームを単なるカルト集団にしてしまったのはいただけない。小説の設定に合わせて描いた方がリアリティがあったと思うのに。本と映画は違うものだとしても残念だ。

と、つらつら感想を記してみようという気になったのは、小説を読んだあとなんやかやと話が盛り上がったうえ、角田光代の本を片っ端から読み出したわが家。映画のあともまた、あーだこーだと話ができたもんで。
[PR]
by rurou-no | 2011-06-29 16:13 | 映画
<< レジスタンス 基地の島 >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧