一所不住



力士の矜持はどこへ

相撲協会が存続の危機にある。
と、外野席からはそう見えるのだが、当事者らにはそれほど危機感があるのだろうか。
開催が危ぶまれた名古屋場所も無事に終了し、改革への話し合いは継続して行なっていくらしい。

今回問題とされた暴力団とのつながりや賭博行為については、協会のあり方を根本から問い直す議論をしないと、何がいけないのか曖昧なままになってしまうような気がする。「公益法人」返上の覚悟が求められていることを認識してもらいたい。

大鵬と柏戸の「柏鵬時代」に相撲の洗礼を受け、放課後の小学校でテレビ中継を見て育った大相撲ファンの一人として、ゴタゴタ騒動続きの相撲協会にはしっかりしてほしいと強く思う。

京都や大阪で仕事をしていた当時は、もっぱら民放で深夜に放送していた「大相撲ダイジェスト」を通して相撲を楽しんでいた。仕事から帰った時間くらいにやっていたので、頭を切り替えるのにちょうど良かった。日が変わるころの帰宅が多かったものの、うまくいけば幕内全取組が見られた。

ところで諸般の事情から夕方のNHKの相撲中継を見る機会があり気になっていたのが、このたび槍玉に挙げられている「維持員席」のお客さん。具体的にどこの席がそれに当たるのか、報道通りテレビに映っている席がそうだとすると、以前と比べ顔ぶれのレベルが変わってきていた。

砂被りはよっぽどの好角家が座る場所だと思っていたのに、角力(すもう)好きの顔をしていない人が目立つようになっていることだ。毎日同じ席で声援を送る御馴染みの贔屓筋とは明らかに違う、素人が増えてきているのだ。
接待は前からあったと思うが、近ごろはマナーをわきまえない下品な客が多くて見苦しい。

そして力士。相撲は興行ではあるが伝統的に神事の一面を備えている。土俵上での所作は決められた作法通りしなければならないのに、乱れが目に付きみっともない。美しい所作と激しいぶつかり合いが合わさったところに大相撲の醍醐味があるのだ。今こそ力士の矜持を見せてもらいたい。
[PR]
by rurou-no | 2010-08-01 13:53
<< 「平和展」わが町でも 夜行さんのひと盛り >>


一瞬を、永遠に
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧